治療院の時間外予約でLINE@を利用する際の注意点

HP集客などにおいて、普段電話予約ばかりを受け付けていると気付きにくいかも知れませんが・・・

メール予約のシステムなんかをちゃんと入れている院では、診療時間外でもメールで予約が入っていることが結構あります。

ということは、そういった仕組みはちゃんと需要があるということですね。

とはいえ最近の傾向からすると、メール予約よりも公式ラインアカウント(旧LINE@)なんかで予約を入れられるようにするほうが利用者側からしてもウケが良いように感じますが。汗

実際、僕のクライアントさんなんかでも、予約システムとしてLINE@なんかでも予約を受け付けられるようHPを対応させると、LINE@を利用して予約を入れてくれる患者さんが結構出てくるようになります!

まさに現状「やらない手はない」と言えるシステムだと言えます。

とはいえ、実際にLINE@なんかを予約システムとして利用していくのであれば、その成果を最大化するために2点ほど注意点があるのです!

続きを読む

売上を上げたいなら作曲家ではなく演奏家になる

あなたも経営者として、常に自分の院の売上をあげるためにいろいろと頑張っていると思います。

新しいアイデアを試してみては、失敗と成功の繰り返し。

そしてまた新しいアイデアを試してみては、失敗と成功を繰り返す。

そんな挑戦の毎日だと思います。

もちろん、新たなことにチャレンジすることは非常に重要ですし、結果的にそれは無駄にはなりません。

しかし、もしある程度早い段階で売上を伸ばしたり、成果を手に入れたいのであれば、、、

いっそアイデアを思い付くことを手放したほうが早いことも多いのですよ?というのも・・・

続きを読む

治療院においてリピート率を上げるために必須なルール

治療院経営において、安定した経営を目指すのであれば、ある程度高い水準でリピート率を出し続けることは「絶対」に求められる要素です。

これは保険診療だろうが、自費診療だろうが同じことです。

といっても、保険診療と自費診療で同じような対応をしているようでは、得られるリピート率に大きな差が出てしまうことも珍しくありませんけどね。汗

どんなに沢山の新患さんが毎月訪れても、新患さんがまったくリピートしてくれないようであれば、治療院の経営は確実に傾いてしまいます。

そこで今回はリピート率を上げるために「機械的に」できる鉄板のルールをお伝えします。

続きを読む

治療院の売上を上げるためのカルテ活用術

あなたは未だに「新患さえ来れば治療院の売上は成り立つ」なんてことを考えてはいないでしょうか

このブログでもたびたび口をすっぱくして言っていることですし、さすがにこのあたりは大丈夫だと信じていますが・・・笑

確かに、新患さんを安定して集客出来る仕組みを用意しておくことは非常に大切です。

しかし、それ以上に大切なことは1度来院した患者さんのリピート回数や利用頻度を増やし、LTVを最大化していくことなんですよ!

そのために非常に活用できるのが、あなたもいつも使っているであろう「カルテ」なのです。

「カルテ」を上手に利用すれば、患者さんのLTVを激増させることも可能になるのです。

続きを読む

パターンの深堀りこそ治療院集客成功へのステップ

治療院において集客(あるいは教育など)を行う際に、あともう少し頑張れば成果が出るのに!!!というところでやめてしまう、非常にもったいない先生をよく見かけます。

少しでも早く成果を得たい・・・という気持ちは確かにわかりますが、成果が出るまでの辛さが耐えられないのですね。汗

そんな時に、成果が出るために「あと一歩」だけ頑張れる、ある大事な法則をお伝えします。

実は努力と成果にはこんなイジワルな法則があるのです。

あなたにもそんな時が来たら、ぜひこの法則を思い出してください!

続きを読む

外出控えが続く期間はPPC広告を集客戦略の中心に置く

9月に入って、はや1週間くらいが経ちましたがぼちぼちクライアントさんの8月の結果が一通り集まってきました。

結論から言えば今年の8月は「例年の8月よりも良い結果」が出たクライアントさんが多かったです。

新型コロナなどの影響もあっただろうになんで??と思われるかも知れませんが、ある意味でいえばそういったコロナ禍と上手く付き合えた結果と言えるでしょう。

特に「集客数の増加」が目立った院が多かったのですが、そういった院は何を意識して動いていたのかというと・・・

続きを読む

治療院でチラシ集客の配布方法に正解はあるのか?

僕のクライアントはわりと多くの先生が3~4カ月に1回くらいはチラシを配布しています。

もちろん、多い先生となると毎月撒くという先生も居たりしますね。

何故そんなにチラシ集客を続けているのかと言えば、当然理由は単純に「成果」が出ているからです。

費用対効果が得られないなら、コストのかかるチラシ集客なんかやってられないですからね。汗

「チラシなんてもうダメだよ」なんて声も聞こえたりしますが、地域によっては未だに有効な選択肢であることは間違いないですし、何よりまだまだ資金的な余力のない1人治療院なんかではチラシに頼らなくてはならない場面なんて沢山あるんですよ!

そんなチラシ集客ですが、チラシ集客といっても沢山の配布方法があります。

では、それぞれの配布方法で一体どんな違いがあるのでしょうか?

続きを読む

治療院で患者さんをファン化させるための仕組みを作る

整骨院の経営において非常に重要な要素の1つとして、「新患で来た患者さんを既存客(もっと言えばファン)にする」という点があります。

というのも、現実問題としてどう考えても新患さんがグルグル回っているだけでは、整骨院の経営は成り立たないからですね。

このあたりのことはすでに先生も重々承知だと思います^^

そこで必要になってくるのは「院にずっと通ってくれる患者さん」だったり、あるいは「治れば来なくなるけど、痛みが出てくればまた必ず自分の整骨院に訪れてくれる」というような人をどんどん増やすことです。

では、実際にあなたの院では新患さんをファンにするための具体的なアクションをどれだけ意識して行えているでしょうか?

続きを読む

初回問診で視覚に訴えるツールを用意できているか?

治療院の売上の大部分を決定づけると言っても過言でないほど重要なのが「初回問診」によるリピートの獲得になります。

これだけは本当にどれだけ準備してもし足りない、と言えるほどです。

しっかりとした自身の「型」を固めておくのはもちろん、トークスクリプトの作成や、問診に使うツールなんかも当然用意しておかなければなりませんね!

しかし・・・

それほど重要な初回問診にも関わらず、多くの先生が当たり前のように事前にできる準備が足りていなかったりします。汗

では、あらかじめどんな準備をしておかなければならないのかと言うと・・・

続きを読む

整骨院や整体院はまずサンキューレターで患者との関係性を作る

継続した患者さんのリピートを獲得していくためには、患者さんとの関係性をある程度深めていくことはとても大切です。

もちろん、まるで友人のように近すぎる距離感は治療効果を下げてしまう恐れもあるので、あくまでも適度に・・・といったところですが。汗

それでも、やはりある程度患者さんとの距離感が近い院のほうが平均のリピート回数は高くなってくる傾向にあります。

院内での対応に関しては言うまでもなく大切ですが、それだけだと他の院も他の先生も誰でも意識してやっていることなので、大きな差別化には繋がりません。

他院との違いを少しでも感じてもらうために大切なのは、院内での対応による関係性構築ではなく、院外での仕組みによる関係性の構築なのですね!(とはいえ、院内での対応のクオリティが高いことは大前提ですよ!?)

そういった院外での関係性を作っていくために、まず最初に患者さんに取ってもらいたいアプローチはこれです。

続きを読む