1人治療院ではまずこれくらいのカルテ枚数を獲得できる戦略を軸にしよう

1人治療院で安定して200万から300万の売上を確保するために何が一番大事ですか?と聞かれたらなんて答えるでしょうか?

単価?リピート?離脱率?

答えはそれぞれあって、そのどれもが正解の一部を担っていると思いますが、僕であれば毎月の安定した売上達成を作る基礎となるものは月間のカルテ枚数だと考えます。

実際、1人治療院で200万を超え300万近くの売上を上げる先生たちが、毎月どれくらいのカルテ枚数で院の経営を行っているのかというと・・・

続きを読む

エキテンの影響が戻ってきてるけど、最近手を抜きっぱなしになってない?

以前にも少しお伝えしたのですが、治療院の集客媒体である「エキテン」の集客力が随分復活しつつあるので、改めて動画のほうにもまとめさせて頂きました^^

ホームメイトリサーチなんかもそうですが、治療院の集客においてポータルサイトは切っても切れない関係にありますからね。

有用なポータルサイトは積極的に利用を検討していってもらいたいと思っています。

今回は、エキテンが復活しつつある現状において、何故「今」できるだけ早くエキテンサイトの中であなたの院が戦えるように力を入れていったほうが良いのかについてお伝えしていきます。

続きを読む

マーケティングを魔法と勘違いすると痛い目を見るよ?

僕のブログでは毎回毎回「治療院でもマーケティングが重要」というお話をしています。

が、最近ではいろんな所で「マーケティングが重要」と言われているせいか「マーケティングだけやってればいいんだろ?」みたいな風潮というか、逆の勘違いをしている先生をたまに見かけます。

特に「マーケティングをやってベストな患者さんを掴めば、院内では勝手に回数券やプリカまで買ってくれる」ことまで期待してしまっている先生もいるようです。

確かに、限りなく「購入対象者」ではあるのでしょうが、そのことと本当に購入してくれるかどうかは別物なんですよ!!

ちゃんとマーケティングをしかけたって、〇〇〇〇が無ければ成約率は伸びていかないのです!

そこで今回は、「治療院経営でのマーケティングの限界」についてお話をしたいと思います。

続きを読む

「後でいいや」を無くすために治療院の集客は細かい部分まで気を配らなけれなならない

普段あなたは自分の院に患者さんを増やすための集客活動を行っているでしょうか?

PPC広告、チラシ、DMなどなど、いろいろな集客媒体を行っているかも知れませんね。

ちなみに・・・

そういった広告媒体って患者さんはどんな状態で見てくれてると思いますか?笑

残念ながら、多くの患者さんはほとんど集中していない状態で流し読みのごとく(もしくは流し読みさえされてないレベル)目を向けられている程度だったりするのです。汗

「いやいや。そんなことないでしょ。だってこっちは一生懸命作ってるのに」なんて思うかも知れませんがこれは事実です。

そんな状態で見られているということは・・・

こういった部分に気を付けておかないと、次々に患者さんを取りこぼしてしまうハメになってしまうかも知れないんですね!

続きを読む

整骨院や整体院の自然と予約が増えるホームページ構成

あなたには買う気が無かったのに、サイトを見てたら気づいたらついつい欲しくなって買ってしまった・・・という経験は無いでしょうか?

実は人には物が欲しくなるまでにたどる「心理パターン」というものが存在するのです。

それは潜在的な意識の動きなので、なかなか自分では避けることが出来ません。

では、その心理パターンに強制的に誘導するような整骨院や整体院のホームページを作成すれば・・・?

あなたの治療院には翌日からどんどん問合せの電話がなることになるでしょうね^^

グーグルアップデート以降、ホームページからの集客に悩んでいる先生は、是非見られてみてください!

続きを読む

治療院経営はリストマーケティングの概念を取り入れることで安定する

治療院経営というのはなかなか安定を感じることが少ない事業体系だと思います。

基本的には患者さんの通院期間も美容室みたいに長いってこともないですし、ソフトウェア会社みたいに毎月の使用料として月初で一気に目標売上入金!みたいなことも考えにくいですからね。汗

もちろん、既存患者さんは一定数いるでしょうからすぐに崩れるほどでもありませんが、回数券やプリカなどを導入して売上の大半を新患さんに頼っているような院では、なおのこと不安定さが目立つようにもなったりしますよね。汗

そんな「不安定さ」を少しでも緩和するためにも僕としては出来る限り治療院の経営には「リストマーケティング」の概念を取り入れるべきだと考えています。

これだけでも、やるとやらないとでは経営の安定感に大きな差が生まれてきますからね!

あなたの院では、しっかりと導入出来ているでしょうか??

続きを読む

治療院で患者さんをファン化させるための仕組みを作る

整骨院の経営において非常に重要な要素の1つとして、「新患で来た患者さんを既存客(もっと言えばファン)にする」という点があります。

というのも、現実問題としてどう考えても新患さんがグルグル回っているだけでは、整骨院の経営は成り立たないからですね。

そこで必要になってくるのは「院にずっと通ってくれる患者さん」だったり、あるいは「治れば来なくなるけど、痛みが出てくればまた必ず自分の整骨院に訪れてくれる」というような人を増やすことです。

では、実際にあなたの院では新患さんをファンにするための具体的なアクションをどれだけ意識して行えているでしょうか?

続きを読む

治療院の生産性を下げないようにアイデアは即実行を心がける

治療院経営における経営者のリソース(思考や体力、熱量などあらゆる資源)というのは最も貴重なものの一つと言えます。

基本的にはかなり少ない人数で1つの院(事業体)を回していく以上、個々のパワーに売上が左右されがちな以上、その中で最も強いエネルギーを持っているのが経営者に他なりませんからね!

経営者が全力で経営や施術に力を注ぎ込める環境が維持できれば売上は自然と上がっていくものですし、逆に経営者がイマイチエネルギーを院に注ぎ込められない状況が続けば、治療院の売上もジリジリと下がっていくものです。

では、どういった場面で経営者の生産性が下がり、院の悪い影響を与えるようになってしまうのかというと・・・

もしあなたが現在こういう状況に近しい状況になっているのであれば、気を付けてくださいね!

続きを読む

整骨院で物販を成功させる2つの戦略

毎月多くの先生とお会いしていると、施術だけではなく物販を導入していきたい、と言われる先生とも多く出会います。

整骨院の先生の中には「整骨院で物販なんて怪しくて売れないよ」とか「いろいろ試したけど、結局整骨院で売れるのは手技だけだったよ」なんて言われる先生も多くおられますが、私自身は整骨院での物販は十分取り組むだけの価値と可能性がある分野だと思っています。

実際にコンサルに入らせて頂いている先生の中には、物販での売上を大きく伸ばしている先生もいらっしゃいます。

いったい上手く行きやすい整骨院の物販と、失敗しやすい整骨院の物販では何が違うのでしょうか?

今回は物販の肝の部分についてお話していきたいと思います。

続きを読む

治療院で少しでも長く1人勝ちを続けるためのマーケティング手法

治療院経営という地域ビジネスである以上、誰もが憧れるのが「地域で1人勝ち」という状況ですよね。

集客圏内にライバルが誰も存在せず、その集客において常に一人勝ちブルーオーシャン状態なんて最高じゃないですか^^

しかし現実的にはSEOもMEOもエキテンも立地も何もかもレッドオーシャンだらけ・・・という地域のほうがよっぽど多いですよね。汗

とはいえ、そもそも冷静に考えればお金を払えばだれでもできるような方法なんてレッドオーシャンになって当たり前なんですよ!!!

じゃあ、一体どんなマーケティング手法なら少しでも長く1人勝ちができるマーケティングが残っているかというと・・・

続きを読む