治療院のコンテンツマーケティングはブログではなくyoutubeを中心に行う

あなたは普段治療院のブログ更新などは行っているでしょうか?

仕事柄いろんな先生のサイトを見たりしますが、やってない先生がほとんどなんですよね。汗

 

ただ、最近といえばコロナの影響によって空き時間が増え、もしかしたらこういったブログ更新などにも時間を割ける余裕が生まれてきているかも知れません。

これまではブログ更新などを治療院でも行ってきたほうが良い!と言っては来ていたのですが・・・

しかし、もし時間が取れるならば、これからはブログではなくyoutubeを活用した情報発信に切り替えることをオススメしますよ!

何故なのかというと・・・

続きを読む

DMで利益を最大化するためにはバックエンドも用意しておく

新型コロナの影響で、おそらく院の来院状況には影響が出てしまっているとは思います。

特に何も対策をしていなかった院なんかでは、来院数が普段より少し減っていて「さすがにやばい!」と感じている頃かも知れません。

とはいえ、なかなかこういう時に予算をかけて集客を行うのも厳しいものがあります。汗

正直今は予算をできるだけ抑えつつ、新型コロナが落ち着いて来た頃に、離脱してしまった患者さん達に対して呼び戻しを含むDMなどを送ってしっかりと戻ってきてもらうことを念頭に置くことの方が、まっとうな対策と言えるでしょう。

ちなみにDMをあまりしない先生もいますが、DMはしっかりとした〇〇を用意しておけば、少額の予算でもわりと利益を残してくれる優秀な施策ですよ!

続きを読む

良いチラシを作成するために普段から出来る習慣

あなたは普段から家に届くチラシを見たりなんかしているでしょうか?

治療院業界で働く先生は、おそらくほとんどの先生がチラシをじっくりと読むような時間を取れてないと思います。

どうしても自分がそのようだと「チラシなんかで反応が取れるのか??」と思いたくもなりますが、実際にチラシでネット以上の反応が取れる地域なんてザラにあります。

というか、都市圏でなければ十分勝負できる地域のほうが多いくらいです。(ダメな地域は全然ダメなのも否定しませんけどね。汗)

これまでも「チラシで勝負できるところはチラシ使ったほうが良いよ」と何度もお伝えしてきていますが、今回は良いチラシを作るために普段から出来る習慣についてお伝えしたいと思います!

これを普段から続けるだけでも、チラシのクオリティをグッと高めることができますよ^^

続きを読む

治療院での顧客フォローはLINE@で行え!

治療院経営において、1度来院された患者さんをずっと自分の院に惹きつけ続け、LTVを伸ばしていくことは非常に大切です。

現在のコロナの心配で一時的に離脱した患者さんに対してアプローチを継続的にかけていくことも非常に重要ですしね。

もちろんそういった際に使う有料の顧客管理ツールはすごく便利ですし、ぜひ導入して頂きたいところですが・・・

とはいえ、イマイチどんな効果があるのかわからないものにいきなり投資するのもちょっと気が引けますよね?汗

そこで今回はまずは顧客管理・顧客フォローに慣れていくために、無料で使えてなおかつ顧客管理・顧客フォローとしても十分に活用できる「これ」の活用法をお伝えしたいと思います。

続きを読む

出来るだけ固定費を圧縮して企業体力を伸ばす

現在コロナの影響によって普段よりも売上が下がっている治療院は多いと思います。

あなたの院も、大なり小なりコロナの影響を受けているように感じているのではないでしょうか?

こういった「売上が低下」している状況で、資金を投下して新しいことをやってでも売上を頑張って維持しようとする先生も居れば、売上がある程度下がってしまうのは仕方がないけど、企業を存続させるためにいろいろと固定費を下げようと動く先生もいらっしゃいます。

正直、正解のない部分の話にはなりますが、僕個人としては今は少しでも固定費を抑えて企業体力を伸ばすアクションのほうが有効なのでは、と考えています。

今新しいことに資金を投下するのは、さすがにリスクが高いかな・・・と。汗

なぜ「今」無理をして、新しいことをやろうとするのは危険と考えているのかお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

スタッフが治療院経営に対して無関心な場合どうするの?

整骨院や整体院などの治療院経営を行っている先生の中には、当然ですがスタッフを雇用されて治療院経営を行っている先生も少なくありません。

そんな先生の中にはよく「スタッフが仕事や経営に対して無関心で困っている」「プリカの成約が出ても出なくても、患者さんのリピートが取れても取れなくてもどっちでも良さそうに見える」といった仕事に取り組む姿勢への悩みを相談されることがあります。

コロナの影響が強く出来ている現在、より一層「スタッフが経営者の苦労にも理解を示してくれたら・・・」と悩んでいるかも知れませんね。

実は、こういった悩みを抱えている院は総じて「同じミス」をしてしまっていることが多いため、スタッフがこのように経営に無関心になってしまうのですが・・・

あなたはこういうことをしてしまったりしていませんか?

続きを読む

コロナ環境下で、「今」治療院が集客の際に伝えなくてはいけない内容

新型コロナの影響が広がっている現在、新患さんの獲得に頭を悩まれている先生は非常に多いと思います。

この状況で一発逆転新患さん大量獲得!のようなアプローチ方法はさすがに都合よくあったりはしませんが・・・汗

とはいえ、こんな状況でも集客に対して少しでも成果に繋げるアプローチがあることは事実です。

普段であればそんなにウェブ上において大きく伝える内容ではないですが、現在の状況だと「こういった内容」をどれだけちゃんと表に出しているかが集客の結果を左右したりするのです!

あなたの院はしっかりとこのあたりを伝えられるようにアクションを起こせているでしょうか?

続きを読む

人は感情によって購入し、理屈で正当化する

整骨院業界の自費移行化の流れに乗って、自費移行を頑張っている先生は多いと思います。

自費メニューを患者さんにしっかりと受けてもらいたいのであれば、当然ですが的を得たプレゼンとクオリティの高い問診が必要になってきます。

そこで今回は自費メニューを患者さんに受けてもらうために必要な「的を得たプレゼン」に必要な3つの要素をお伝えしたいと思います。

続きを読む

「1」という数字の恐怖について

経営において一番怖い数字は「1」という数字、という話はあなたも聞いたことがあるかも知れませんね。

これはザックリどういうことかと言えば、どんな物事でもたった「1」つのことで成り立たせようとすると、リスク分散がまったく行えないという危険性を示唆したお話になります。

実際にこれまで集客をSEO1本に頼っていた先生の中には、去年のグーグルアップデートによるSEO変動以降、集客でとても苦労されているという話をよく聞くようになりました。

あるいはこれまでチラシメインで集客が出来ていた先生が、現在の新型コロナによる影響でチラシからの反応がパッタリと途絶えて集客に困っているという話も聞きました。

ちなみに、これは「今たまたまそうなっている」という話ではなくこれからも(例えば自然災害や法改正など)同様なことが起こる可能性が十分あることですからね。

別の視点でいえば「1」人治療院で、あなたが体調を壊すと院を閉めなきゃいけない、とかね。汗

あなたは今現在、いったいいくつの「1」を抱えているでしょうか?

続きを読む

新型コロナによって起きる離脱を一時的な離脱で留めるための考え方

現在、新型コロナによる影響で既存患者さんの通院自粛の影響を受けている院も多いと思います。

企業から「帰りに寄り道をするな」と指示を受けていたり、念書を書かされている方もいらっしゃるようですから、どうしても既存患者さんが通院できなくなるという状況も仕方ない部分はあるかなと思います。

ただし。

しっかりと対策をすれば、今回の離脱もあくまでも一時的な離脱で済むでしょうが・・・

何も対策をしなければ、一時的だったはずの離脱がそのまま本当の離脱に変わってしまう可能性も十分に考えられるのです。汗

今回の既存患者さんの通院離れに対して、新型コロナによる影響が薄れてきたと感じたら、確実にこういったアクションを取れるよう準備をしておいてくださいね!

続きを読む