集客に踏み出せない先生は「これ」を計算していないだけ

あなたも普段からなんとなく「集客って何かやったほうがいいんだろうな・・・」というようなことは考えていると思います。

しかし、実際に集客をかける段階になって、例えば5万かかりますとか、10万かかりますってなった時に「わかりました、すぐやります!」となれないことのほうが、もしかしたら多いのではないでしょうか?

そして結局いくらぐらい広告費にかければ良いかもわからず行動ができないまま時間が過ぎていく。

それは行う集客が成功するのか失敗するのかがわからないというよりも・・・

そもそもどのくらいで成功なのか?どれくらいだと失敗なのかという基準自体が曖昧だからこそ、行動に移せないのではないでしょうか?

今回はそんな広告費に対する基準についてのお話をしていきますね!

続きを読む

プレゼンにおいて選択肢が多いことは良いことだとは限らない

あなたの院では現在最初の初回問診で提案するメニューをいくつ用意しているでしょうか?

いろいろと考えた結果なのは分かるのですが、その結果メニューを用意しすぎてしまい、内容が複雑化し、逆にプレゼンの成約率を下げてしまっている先生というのもたまに見かけます。

回数券とプリカと会員制が同時にあったりね。汗

絶対にダメとまでは言いませんが、やっぱりそれは分かりにくいです。

そして分かりにくい商品というものを人は基本的に買いません。

だからこそ、メニューというのは必要十分なだけを用意したら、あとはシンプルにまとめていくのが一番なのです。

似たような例として、実際にクライアントさんであったケースを少しお話します。

続きを読む

次回予約が取れない先生が持つべきマインドセット

次回の予約が取れずに、患者さんが離脱してしまうことが悩み・・・という先生は少なくありません。

これがプレゼンをした結果、相手の気持ちを変えることができずに予約が取れないというのなら、練習次第でどうにでもなりますが・・・

ひどくなると「相手に次回来て」と伝えることに抵抗を覚える先生もいるようです。汗

特に自費でそれなりの料金を頂こうとし始める最初の段階でこういった心理状態に陥る先生がいるのですが・・・

そのときはこの話を思い出してください。

続きを読む

広告費は費用対効果が高い時期に投資する

今月はクライアントさんの集客状況が非常に良い院が多いですね!

気持ち厚めに広告費を投資してもらっているのもありますが、それを考えても十分な費用対効果が得られる成果を叩き出しています。

来院数も一気に上昇傾向にあるので、嬉しい限りですね^^

このように「費用対効果が高くなるタイミング」を狙って広告費を投下していくというのは非常に重要です。

しかし、残念ながら世の中の多くの先生たちはまったく真逆で費用対効果が得られにくいタイミングでばかり集客に走ってしまっていたりする方も多いのです。汗

なぜこんなことになってしまうのでしょうか?

続きを読む

DMは相変わらず費用対効果が高い

あなたの院では、年間にどれくらいの回数DMを患者さんに向けて送っているでしょうか?

昔で言えばDMといえばハガキ(やメール)でしたが、最近ではLINE@(正式には公式ラインアカウントですがこっちのほうが慣れてますね。笑)を使ってのDMを利用する先生が増えてきましたね!

実際ハガキよりもレスポンスが早く、ブロックさえされていなければ確実に患者さんに届くことも考えてもLINE@を利用したDMは非常に使い勝手のよい媒体だと思っています。

先日もクライアントさんが「たった2通」メッセージを送っただけで、50万を超える売上をLINE@でのDMから作ることに成功しました。

もし「いまさらDMなんて・・・」と思っているのであれば、今もDM戦略というのは形を変えて生き残っているので考えを改められてみてくださいね!

続きを読む

単価が作り出す限界値を把握しておく

治療院経営では、集客が上手くいって、リピートもしっかりと取れた上で、どうしても最後には単価が作り出す売上の上限というものにぶち当たることになります。

もちろん人を雇ってキャパを広げるという選択肢は常にあるわけですが、現在の治療院業界の流れを考えるとおいそれと人を雇うという判断もしづらかったりしますしね。汗

そのうえで一人でやっていく覚悟を決めて、自費売上目標100万!200万!300万!と目標を掲げることは良いことですが、あなたは自分自身の院の単価から推測できるおおよその限界値というものをしっかりと把握した上で目標を描けているでしょうか?

今回はそんな単価が決定づける上限のお話を少ししていこうと思います。

続きを読む

現場で頑張りすぎていると整骨院や整体は潰れてしまうという現実

今月は、ちょっと厚めに集客を行うように打ち合わせをしていたので、クライアントさんから続々と「新患さんが増えて、既存患者さんも戻って来てるから来院数が以前の状態にすぐ戻ってきた」というような報告をたびたび聞いています。

割と院内が忙しくなっているようで、充実感も感じられているようですね!

いやー、よかったよかった^^(まださすがに全クライアントさんが戻ったという訳ではないので、まだまだ頑張らなきゃですが!)

ただ・・・、ところであなたは普段、現場で1日何時間くらい施術を行っているでしょうか?

新型コロナの影響などで、いまいち来院数が少なくて施術時間が思うように伸びない先生も居れば、逆に来院数が多すぎて1日のアクションがほぼ施術だけで終わってしまう・・・という先生も居ると思います。

気持ち的には患者さんがパンパンに来ているほうが頑張ってる感じもしますし、ついつい油断しがちになってしまいますが・・・

実は、毎日患者さんがパンパンに来ていて身動きが取れなくなっているというのは、割と危険な状態なんですよ!

続きを読む

治療院ホームぺージは症状ページを増やすことで集客を伸ばす

最近では「〇〇専門」という治療院の見せ方を行っている先生が結構いますね。

もちろんこれはこれで1つの戦略として「アリ」な方法なので、先生の院にマッチするのであれば、その方向性でやっていくのもいいと思います。

とはいえ、単純に「集客数」に目を向けてホームぺージからの反応を上げたいのであれば・・・

そのために有効な方法は、やはり作り込んだ下層ページを増やし、入口を増やしていくことなのです!

では、どのような下層ページを作成していくべきなのかというと・・・

続きを読む

チラシによる治療院集客の反応を出し続けるための2つの施策

治療院集客の一つの柱としてチラシ集客があります。

チラシって実際どうなの??って思われる先生もいるかも知れませんが、僕のクライアントさんでもチラシ集客をメインの集客媒体として活用している先生もたくさんいますが、ぶっちゃけ地方(というより田舎よりの地域)では、ヘタをするとHP集客よりも新患さんを連れてきてくれる地域も少なくないくらい有効な手段なのです。

今回もコロナ自粛明けの動きを狙って、何名かのクライアントさんはチラシを撒いたのですが、中には5千部の配布で問合せ数が20件を超えたやばいレベルの院もありましたよ!(まぁさすがにこのレベルの反応は毎回毎回出るものではありませんが。汗)

とはいえ、毎回毎回同じチラシを配り続けていても反応が得られにくくなるのも事実です。

では、どうすればそんな状態を回避できるかと言うと・・・この2つの方法を試してみてください!

続きを読む

治療院ホームページにぜひ使いたい動画での喜びの声

このブログでもたびたび紹介している「喜びの声」の重要性ですが。。。

インターネット全盛のこの時代において、良い「喜びの声」をたくさん集めることは集客においてもっとも重要な要素の1つだと言えます。

そんな中でも圧倒的に強いのは「動画での喜びの声」となります。

これは信憑性の高さも、臨場感も画像やテキストとはくらべものにならないくらい大きくなるからです。

youtubeという圧倒的媒体に加え、今後5Gなどの普及率も上がってくれば、ますます動画の視聴も手軽になり、動画の利用価値はさらにさらに高まってくることでしょう^^(まぁすでに十分高いですけど。笑)

ただし、動画なら何でも良いってわけでもありません!

動画で喜びの声を頂くなら、その際に絶対にするべき「質問」のルールなんかもあったりするのです。

そこで今回は最強の「動画での喜びの声」を用意する際にしなければいけない「質問の順番」についてお話していこうと思います。

続きを読む