広告規制後も院内では喜びの声をしっかりと活用し続ける

広告規制が来てしまえば、残念ながらこれまで集めてきたビフォーアフターや喜びの声を前面に押し出してHPやチラシで集客することは出来なくなります。

そのせいか「もう、今更喜びの声を集めても意味ないですよね?」なんて聞かれてしまうことがたまにあります。

確かにこれまでみたいに様々な場面で喜びの声を活用できなくなるのは事実ですが・・・

とはいえ、喜びの声やビフォーアフターを使うのは何も集客だけではないのですね!

集客には使いにくくとも、喜びの声やビフォーアフターは上手に使えばリピート率のアップやプリカや回数券の成約率アップの助けになるのです!

では、どういった部分にこれからは使って頂きたいかというと・・・

続きを読む

通院指導の初歩の初歩。治療院はこうやって予約を入れてもらう

治療院の売上を上げる基本公式である「カルテ枚数」×「頻度」×「単価」。

この中でも特に「頻度」というのは、院内での現場努力によって非常に動かしやすい数字と言えます。(単価なんてのは、特に今すぐ上げよう!!って思っても上げられなかったりしますしね。汗)

当然「頻度」をしっかりと伸ばそうと思ったら、しっかりとした通院指導、予約獲得が必須となります。

もしあなたが現在「ちょっと患者さんの通院ペースが遅いんだよな・・・」と感じているのであれば、ぜひ通院指導におけるこの基本を押さえてみてくださいね!

続きを読む

あなたの治療院の分単価設定はそれで大丈夫?

治療院経営においても、ビジネスモデルというものは非常に大切になります。

このビジネスモデルを構築する段階でそもそものミスをしてしまうと、頑張っても頑張っても売上が目標に達しない、、、というとても悲しいことになりかねないのです。

その中でも特に大事になるのがいわゆる「分単価」ですね。

耳にタコができるくらい聞いたこともある人もいれば、保険請求の整骨院のみでやっていると未だに「分単価??」なんて人もいると思います。(最近では一般的な用語になってきているので、知っていますかね^^)

しかし、この「分単価」の設定があなたの院の売上の大部分を左右してしまうんですよ!

続きを読む

治療院では商品の見せ方にこだわることで通院期間を伸ばせる

「患者さん一人ひとりの通院期間がもっと伸びてくれたらなー」と思っている先生は多いと思います。

そのために問診の練習をしたり、回数券やプリカなどの仕組みを導入して工夫を凝らすわけですが・・・

その前段階の準備としてHPやチラシにおける「商品の用意・見せ方」が通院期間には大きく関わってくるのです。

この部分をただ「新患さんが来ればいいや」と反応だけを意識して作ってしまうと、通院期間が短い患者さんばかりが集まってしまうような事態に陥ってしまうこともあるのです。汗

では、どういった部分に気を付けなければいけないのかというと・・・

続きを読む

治療院集客は栄養ドリンクのような使い方ではいけない!

院長兼経営者さんというのは、現場に出ている分、非常に自分の時間が少ないです。

その忙しさのせいか、本当は集客を行うべきタイミングなのに、集客を行うことなく現場で頑張りすぎ、結果的に最高のタイミングを逃してしまう、という勿体ないパターンに陥りがちになる先生が非常に多いのです。

例えば集客を行う場合、、、「最近来院数が下がってきたから、ちょっとそろそろチラシでも撒こうかな?」なんていう風に考えたりとかね。

あるいは逆に「最近ネットの集客がかなりうまく行ってるから、ちょっとPPC広告は止めておくか」とかね。

この発想は全くおかしくないように見えて、実は1番陥ってはいけないパターンなのです!

いったいどういうことなのでしょうか?

続きを読む

治療院ではマーケティングとセールスの両立を目指す

治療院の経営がうまくいっている治療院というのは、多くの場合「マーケティング(集客と捉えても良いです)」と「セールス」がそれぞれ高いレベルで両立できています。

現場での初回問診でのプレゼン(セールス)だけでもなければ、HPやチラシなどの集客段階(マーケティング)だけが優れているわけでもありません!

よく「適切な見込み客さえ集めればプレゼンしなくても新患さんは回数券やプリカを全員買ってくれるようになるんじゃないですか?」という願望を聞いたりしますが・・・

そういった状態を目指すことはできても、残念ながらそれでセールスやプレゼンが必要無くなるなんてことはないのです。汗

ここを勘違いしたまま、集客に過度な期待をかけてセールスをないがしろにしたりしてはいけませんよ!

続きを読む

初回問診「でしか」伝えないから途中で離脱してしまう

近頃では初回問診の重要性もどんどん認知されはじめ、初回問診にこだわって頂ける先生は本当に増えてきました。

これ自体はとてもいいことなのですが、とはいえ初回問診に「だけ」力を入れればリピート対策は万事OKというわけでもありません。

特に気を付けたいのが「初回問診で全部伝えきることが重要」ということをちょっと間違って解釈してしまっている場合なのです。

ここを勘違いしたまま初回問診を頑張っても、結局リピート率はあがっていかないんですよ!

どういうことかというと・・・

続きを読む

治療院のリピート率を伸ばすためにバイヤーズリモース対策をしっかりと施す

人の心理現象とは面白いもので、何か物を購入した際に、誰しも同じような「ある精神状態」に陥るらしいです。

この精神状態が治療院の経営者にとって無害なものであれば、何も気にする必要はないのですが・・・

残念ながら、この精神状態になってしまうと極端に患者さんの離脱率が上がってしまう可能性が高まるんですね。汗

つまりしっかりと対策をしておかないと、それだけ治療院のリピート率は下がってしまうってことなんです!

一体、その厄介な「ある精神状態」とは何なのかというと・・・

続きを読む

治療院の内観や身嗜みはここまでチェックする!

あなたは普段から自分の治療院の内観や身嗜みにどれだけ気を使えているでしょうか?

みんな内観や身嗜みが「大事」なことは頭では理解しているのですが・・・

しかし、毎日同じ場所で施術をしていると、ついつい慣れてしまい目が届かなくなってしまうことも多いようですね。汗

当然ですが、患者さんからすれば、綺麗な院とはそれだけで価値が上がります。

初めて訪れる患者さんほど、治療院の内装や先生の身嗜みなんかを意外としっかり見ているものですが・・・

あなたは普段、特にこういった所を定期的にチェックされていますか?

例えば・・・

続きを読む

治療院の集客範囲の決定はグーグルマイマップを活用して行う

治療院というのは地域ビジネスですから、おのずと商圏というものが決まってくるものです。

その商圏を見極めずに、適当な範囲で集客を行えば広告費もムダになりますし、成果だって最大化しません。

逆に商圏が分からずに手を出さずにいたら、実はまだまだ商圏を広げる余地があった・・・なんていう取りこぼしだって起きることもあるかも知れませんね。

つまり、治療院の集客において商圏をしっかりと見極めるということは非常に重要だってことです!

では、そのために普段から使うツールにはどんなものがあるかというと・・・

続きを読む