整骨院の売上を左右するメディア立地戦略

整骨院や整体院のような地域ビジネスでは立地が有利であればあるほど、集客が楽になることは間違いありません。

これから分院を出したり、新規開業する人はぜひこだわって欲しいところですね。

とはいえ、コンビニ跡地だったり、駐車場がたくさんある角地なんていうのは家賃も高く、簡単に抑えられるものではありません。(幸いなことに、そもそもそういった条件の場所はあまり整骨院には適してないとは考えていますが。汗)

「自分にはそんな好条件の立地を抑える資金なんてないから・・・」と、諦めていませんか?

確かに、現実に存在する土地を抑えるのは難しいですが、実は資金が少なくても好立地が抑えられる可能性がある部分が残っているのです!

それが、「メディア立地」という考え方になります。

続きを読む

ミーティングは意見と人格を切り離してクオリティを上げる

ミーティングや意見の討論などをする際に、結論がどれほどクオリティの高いものになるかは、どれだけミーティングに参加しているスタッフの全員が積極的に自分の意見を発言できるか?にかかっていると言っても過言ではありません。

その意見のすり合わせによって、案がブラッシュアップされていくわけですからね^^

が、日本人の美徳というか、謙虚さが悪い方向に出ているというか・・・・・・。

どちらかと言うとミーティングなんかだとあまり積極的に発言をせず、淡々と進んでいく院が多かったりするんですよね。汗

院長だけがしゃべって、スタッフはただ頷くだけ、みたいな。笑

これ。実は「ある勘違い」が原因になっていて、意見をぶつけることを出来なくなっている人が多いのです。

これは以前自分が現場に出ていた時にもあった現象なのですが・・・、ここをスタッフに理解してもらい、腑に落とし込むだけでもミーティングのクオリティを一気に上げることも出来るようになりますよ^^

続きを読む

まずは患者さんに対しての見本になることが大切

あなたは普段ご自身の健康状態にどれだけ気をつかえているでしょうか?

スタッフさんを複数人抱えている治療院ならまだしも、1人院長さんなんかだと、本当にご自身の健康状態は大げさでなく治療院の存亡に関わります。(仮にスタッフが複数人居たとしても、長期間の離脱は治療院経営に大きな打撃を与えますけどね。汗)

特に今だとコロナなどに院長先生がかかってしまうと、経営に対して大打撃を与えかねないですからね。汗(まぁ、コロナなんかは気を付けててもどうしようもないケースもあるでしょうから、なんとも言いにくいですが。汗)

まぁコロナは別にしても、コンサルとして長く治療院経営者さんと関わっていると、患者さんにはいつも健康のアドバイスを言っているだろうに、どうにもご自身の健康管理となると少しルーズになる先生が多い気がします。(というかそういう先生は結構多いです。汗)

いいですか?治療家として、本当に患者さんを治していく上でも、ご自身が患者さんの「見本」になる、というのは本当に大切なことなんですよ?

続きを読む

売上があがらないと焦っている時ほど・・・

今回は「7つの習慣」などでも取り上げられる有名なイソップ物語の話を一つをしたいと思います。

が、童話と侮るなかれ。

この話は私たちに非常に多くの教えと成功法則の基礎を教えてくれます。

もしあなたが現在今年の目標を達成することに必死になっているのであれば、一度基本を見返してみるのも良いでしょう。

もし読んだことが無ければ間違いなく名著ですので「7つの習慣」自体もぜひ一度は読んでみることをオススメしますよ^^

続きを読む

反応の出る治療院チラシが意識している4つの要素

治療院、それも特に都心部から少し離れた郊外型の治療院集客で外せないのが、チラシ集客です。

個人的には、ウェブ集客の弱い院が、毎月の安定した集客を続けるためにはチラシ集客は必須となる方法なのではないかな、と思っているくらいです。

そんなチラシ集客ですが、「チラシはもうダメだよ。全然患者さんが来てくれないよ」という声を聞くのも事実です。

確かに地域によってはチラシが全然ヒットしない地域があることも事実ですが・・・

とはいえ、いったい何故ここまで先生によってチラシ集客に対するイメージが違うのでしょうか?

それは、チラシ集客で成功するための4つのポイントを意識できているかどうかの差、なことが多いのです!

続きを読む

Googleアナリティクスのサポートがいよいよ終了へ

つい先日2022年3月16日のgoogle公式のブログ投稿で、ついに2012年から2020年までGoogleアナリティクスのプロパティを作成した場合に利用されていた「ユニバーサルアナリティクス」のアクセス計測が2023年7月1日をもって終了すると発表されました。

「ん??つまりどういうこと??」という先生にざっくりと言えば、これまでのGoogleアナリティクスじゃそれ以降はデータ収集が出来なくなるから、使えなくなっちゃうよということですね。

これまでぶっちゃけほとんどGoogleアナリティクスを見たりしなかった先生からすれば「ふーん?」って感じかも知れませんが、Googleアナリティクスをしっかりと見て、ホームぺージのアクセス傾向や流入先、HP修正の判断などを行っていた先生からすれば「えっ!?いやいや!!Googleアナリティクス使えなくなっちゃうのはさすがに困るでしょ!!」って感じだと思います。

では、この発表に先立って、今後もしっかりと自身のホームぺージの計測や分析を行っていくためには何をしなくてはならないのでしょうか??

それは・・・・・・

続きを読む

予約制だと流行っている感が出しにくい?

最近は予約制を導入して院を稼働させる治療院もかなり増えてきました。

自費でやっていると、予約制のほうが色々と都合の良いことが多かったりしますし、ある意味自然な流れと言えるでしょう^^

とはいえ予約制のデメリットというか、予約制じゃなかったところから予約制に切り替えた院の悩みの一つとして、、、、、、、

「流行っている感」が出しにくかったりする、特に新患さんが来た時にいつもと院の雰囲気が違って困る、という話を聞きます。

そこで今回は予約制にしたときの「流行っている感」の出し方をお伝えしていきます。

続きを読む

治療院集客はプル型集客とプッシュ型集客を上手に使い分ける

治療院の集客における一つの成功パターンとして、プッシュ型の集客とプル型の集客を上手に使い分けられている、ということがあります。

逆にこの2つをタイミングよく上手く使い分けられていないと、集客が不安定になる可能性が高くなるのです。

費用対効果だけで言えば、プル型広告のみを使っていたほうがぶっちゃけ安くなるのは事実なのですが、集客の安定感という意味では両方を上手く使いこなしている院のほうが圧倒的に安定感のある経営を行っている事のほうが多いです。

ちなみに、あなたはプッシュ型の集客とプル型の集客をどれだけ意識して使い分けられているでしょうか??

この2つを上手に使い分けることが出来れば、かなりの確率で今のあなたの院に来院している新患さんの数を増やすことが出来るので、ぜひトライしてみてくださいね!

続きを読む

こんなことをするから治療院の集客は「失敗」する

治療院の集客をかけてみて、「失敗」する先生たちにはある「共通点」があります。

もし、あなたが同じようなことをしてしまえば、同様にかなり高い確率で集客は失敗することでしょう。

しかし、もしあなたが予めこのことを腑に落とし、事前に準備をしておけるのであれば、治療院の集客における「大失敗」の確率はグッと低くなることでしょう!

これは別にチラシが失敗するとか、Instagram広告が失敗するとか、DM集客が失敗するとか、そういった「この媒体は使うな!」的な話ではありません。

そうではなく「集客」というものに取り組んでいく際の「スタイル」そのものの話なのです!

一体どういったスタイルで集客に取り組もうとすると失敗しやすくなるのか。

それは・・・・・・
続きを読む

スペックの話では相手に商品の良さは伝わらない!

あなたは新患さんにリピートしてもらいたいがゆえに、必死に「自分の院の施術がどんな風にすごいのか?」を伝えようとしてしまってはいませんか?

どの業界でも言えることですが、どんな商品も「性能(スペック)」のままを話されるプレゼンで売れることは稀です。

(一応、その商品について詳細な知識を持っている場合は例外ですが。)

問診でもホームぺージでもチラシでもそうですが・・・

「性能(スペック)」を伝えようとすればするほど、聞き手は何を言ってるのかわからなくなってしまう、ということが多々あるのです!

もしあなたが新患さんやリピート、商品購入という結果を得たいのであれば、本当に伝えるべきことはスペックではなく「その人に対してのリアルな部分のメリット」なんですよ!

続きを読む