売上の柱を複数持つことは大事だが小さい柱を増やしすぎるのはダメ

  • LINEで送る

あなたの院には今現在いくつの(売上のあがっている)メニューがあるでしょうか?

治療院経営の安定化を目指す手法の一つとして、収益の上がる柱を複数持つということは非常に理にかなった戦略です。

一輪車と自転車と三輪車と自動車が、それぞれ地面に接しているタイヤの数が増えれば増えるほど安定性が増すのと同様、治療院でも売上の柱が複数あるほうが売上が安定しやすいのは事実ですからね。

保険のみで経営を行っている院よりも、保険と自費を組み合わせて経営を行っている院のほうが。

保険と自費に加えて美容なども取り入れている院のほうが。

さらにそれに加えて物販なども稼働している院のほうが。

経営基盤が強いのはなんとなく想像がつくと思います^^

しかし・・・・・・。

実は、ある程度太い柱を増やすのは経営に取ってプラスになるのですが、小さい柱を増やしすぎるのは逆に経営に取ってマイナスに働くことも多いんですよ!

これは気をつけてくださいね!

売上の柱を複数持つことは大事だが小さい柱を増やしすぎるのはダメ

大きい柱というのは「保険」だったり「自費施術」だったり「美容(ダイエットとか)」だったりのように、それだけである程度大きな売上になるものを指します。

これに対して小さい柱というのは、自費施術の中で「頭痛専用の手技を使った頭痛施術」とか「ぎっくり腰専用の手技を使ったぎっくり腰施術」とか「外反母趾専用の手技を使った外反母趾施術」のように大きな柱をさらに細分化させるようなメニューを作って行ってしまうことを指します。

あるいは「美容」であれば「痩身」と「下半身やせ」と「小顔」と「美顔マッサージ」と「セルライト除去」とか、そんな感じにメニューを細分化してみたりね。

 

こういった風に、メニューをどんどん細分化させていく先生は「メニューがたくさんあれば、それだけ集客が有利になるはず」という風に考えて、いろんな手技を勉強してきてメニューを細分化させていくわけなのですが・・・

残念ながらそんな風にやっていてはメニューを増やすのも結局時間がかかりますし(新しい手技を習熟するのもすぐではありませんしね。)、何より他の誰かにやり方を引き継ぐことが出来なくなって行ってしまうのです。汗

 

メニューを増やしすぎる弊害

例えば、さきほど上げたように各症状に合わせて専用の手技を、いろんなセミナーに出向いてどんどん身につけていってメニューを増やしたとしましょう。

自分1人でやっているのであれば良いかも知れませんが、スタッフなんかを雇う際にはすべての技術をそのスタッフが身につけてできるようになるまでどれだけ時間がかかってしまうのか?という話です。

数にもよるかも知れませんが、全メニューをできるようになるまで1年かかる(あるいはそれ以上)なんてこともあり得るわけです。汗

そんなことをしていてはスタッフの人件費が重くのし掛かってきますし、スタッフをどんどん雇っての分院展開なんてとてもではありませんが無理になりますよね。汗

こういった教育の問題だけではなく、当たり前ですが新しいメニューで患者さんが欲しいならそのメニューで新患さんが訪れるように集客をかけていく必要があります。

そのためにもどんどんと新しい余分な広告費もかかることになり、(それで本当に集客が成功すれば良いのですが)コスト面での負担も大きくなっていきかねないのです。汗

 

美容だって同じです。

痩身だけであればある程度できるのに、他にも「小顔」も覚えなきゃいけないし、「美顔マッサージ」も覚えなきゃいけないし・・・なんてことになると、全メニューを覚えることにはヘタしたら退社する予定になっていた、なんてことにもなりかねないのです!

若い女性スタッフだと、冗談抜きで寿退社などもあり得ますからね。

 

こんなことにならないようにするために自費施術であれば「基本はこの考え方のこの手技だけ」とか、美容なら「うちは痩身だけ」といったようにやり方を絞って、そこに集中していくことが大事なんですね!

実際、過去に僕も現場に出ていた時にたくさん美容メニューがあったので「これいらないだろ・・・」というようなメニューをどんどん消して本当に売上のあがるものだけを残してそれに広告費も人材教育のための時間も集中させたことがあります。

結果的には以前の3倍近くの売上を毎月上げられるようになったわけですが、それくらい「余計なものを減らして成果が上がる部分にリソースを集中する」ということが大事なのです。(もちろん、あくまでも「美容」という柱を増やしたうえで、その中でメニューを絞るという意味ですが。治療を捨てて美容に集中しろって言ってるわけではありませんよ!)

 

 

同じ手技でメニューを増やすのはOK

それでも新しいメニューを増やしたい先生は「手技を変えずに増やせるメニュー」だけをどんどん増やしていくことを検討してみてください^^

「ん?どういうこと?」と思うかも知れませんが、例えば施術の技術なんて、肩こりと頭痛でやっていることは基本同じ、なんてことは珍しくないんじゃないでしょうか?

腰痛とヘルニアの施術も多少差があっても基本の考えは同じやりかた、とかね。

実際一つの手技が一つの症状に対応しているわけでもありませんし、全身に施術を行えば同じ考え方の施術で腰痛と肩こりの両方に効果がある、なんてことはごく一般的だと思います。

ということは、今現在あなたがやっている手技のまま「集客の表現を変えるだけでメニューを増やすことは十分可能」っていうことなんですね。

考えてみてください。

あなたが現在行っている手技で対応できる症状のことを、そしてそれらは本当にあなたのホームページに全部しっかりとページとして作成されていますか?

されていない症状ページがあるのであれば、そのページを今から作ればいいのです。

そうすれば、ほら。手技を新しく増やさないでメニューもちゃんと増えてるじゃないですか^^

どうしても対応できない症例もあるので限界はありますが、このように考えるだけで何も新しい手技を学ばなくても集客の導線となるメニューはちゃんと増やしていけるんですね!

 

 

まとめ.柱を増やすことと手技を学ぶことはイコールではない

柱を増やすこと自体は重要ですが、そのために毎回新しい手技や手法を学んできたのではアクションも遅くなりますし、スタッフへやり方を継承していくこともできなくなってしまいます。(毎年新入社員を大量に雇うグループ院なんかだと、教育にかかる手間が果てしなく増加しすぎてしまいます。汗)

だからこそ、柱を増やす際には美容であればダイエットだけを学んで小顔やフェイシャルには手を出さない、とか自費施術は今の手技で対応できるメニューページは増やすけど、今の手技で対応できない症例はあえて除外する、というように広げつつも絞っていく考えが重要になります。

新しいやり方を学ぶのだってお金と時間がかかりますし、その上でうまく売上に繋がるかどうかわからないんですからリスク高いですよ(><)

それなら現在うまくいっているやり方で対応できる派生を考えていくほうが技術の集約にも繋がりますし、確実にリスクは減らせます。

ぜひこれまで新しい柱を作るためのメニューを増やすためには、新しいものを学んでこなければ始まらないと考えていた先生は、そんなことをしなくてもメニューは増やせないか?と考えてみてくださいね!

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。