ぜひ取り入れて頂きたいチームの結束力を高めるための習慣

あなたの院では、毎日しっかりと朝礼や終礼を行なっているでしょうか?

普段から朝礼や終礼を行っている院からすれば想像もしにくいかも知れませんが、意外と朝礼や終礼をやってない院というのは多いのです。

しかし多くの治療院を見ている上で、チームの結束力が高い院は必ずといっていいほど、この朝礼や終礼をしっかりと行なっている院が多いです。

しかもただ惰性でやるのではなく、しっかりと中身まで重視しているのです。

そして、その中でもぜひ取り入れていただきたいのが、チームの結束力をさらに高める「ある習慣」です。

続きを読む

治療院の顧客生涯価値を激増させる方法

あなたの治療院に来院する患者さんのリピート回数は平均してだいたいどれくらいでしょうか?

ぶっちゃけた話、治療院業界というのはそれほど継続通院期間が長い業界ではありません。

卒業も含めれば、大多数の患者さんが3カ月前後で通院を終了しますし、1年も超えて通院を続ける患者さんの数となるとかなり少なくなるでしょう。

逆に美容室なんて、1度通い始めれば特別理由の無い限り何年も同じところに通うなんてことが普通に起こりますし、治療院業界とは似てるようで似てない部分も多い業界と言えますね。

そんな中で、少しでも1人の患者さんのLTV(生涯価値)を上げるための方法をお伝えします。

続きを読む

回数券やプリカで施術を売るな!ゴールをプレゼンしろ!

治療院での初回問診において、回数券やプリカの契約がバンバン決まる先生もいれば、なかなか回数券やプリカを成約できない先生もいます。

必ずしも、回数券やプリカを出さなくてはいけないわけではありませんが、それでも回数券などを購入して頂くことによって患者さんの症状がしっかりと治るまでの道筋が立てやすくなることも事実です。

また、経営面でのメリットを考えても、リピート率は単発に比べ伸びやすくなりますし、よほどこだわりが無ければ回数券やプリカなどの先払いの仕組みは導入すべきだとは考えています。

ところで、いろんな先生たちの問診を聞いていると、実は回数券が出る先生と、出ない先生とでは、それぞれにある共通点があることが多いです。

果たして回数券やプリカが出る先生と、残念ながら回数券やプリカが売れない先生とでは、どの部分に決定的な違いがあるのでしょうか?それは・・・

続きを読む

来年はどの数字をどんな風に伸ばすかイメージをしておく

治療院の売上をあげる公式自体は非常にシンプルです。

総患者数(整骨院ならカルテ枚数)× 平均来院頻度 × 平均単価 で表されますね。

おそらくこの公式自体はあなたも何度も見たことがあると思います。

しかし、この公式は知っているのに、残念ながらその裏にあるもっと大事な「これらの数字を伸ばすための施策」に対する意識が少し薄い先生も多いように感じますね。

今年もいよいよ終わりが近づいて来ています。

あなたの院の売上を来年から伸ばしていくために、どの数字をどんな風に伸ばしていけばいいのか?

あるいは、どのように伸ばせるのか?(これを無視した数字はただの妄想です。)

これをしっかりと今年の内にイメージできるようにしておいてくださいね^^

続きを読む

治療院経営はカルテ枚数を増やしていくという感覚を意識する

あなたの院では毎月どのくらいのカルテ枚数を行き来しているでしょうか?

1人治療院であればカルテ枚数はだいたい70枚~150枚くらいの間に落ち着くことが多いですね。(予約枠の時間にもよりますが)

スタッフさんを雇っている治療院であれば、もっと多く200枚とか300枚くらいのカルテ枚数を抱える治療院だって少なくありません。(保険診療メインの整骨院なら400枚を超える院も多かったりしますね。)

もちろん単価にもよりますが、カルテ枚数が150枚もあれば250万前後くらいの売上を作ることは無理ではありませんし、カルテ枚数が300枚を超えている院であれば500万を超える売上を立てることも十分に出来ますので一つの目標としやすい数字にもなってくるでしょう。

このカルテ枚数に注視し、この枚数を増やしていくことこそ、治療院経営の安定化と成功に直結してくるのです。

その月の終わりに結果的に今月は何名来た、ではなく、あなたはしっかりと「このカルテ枚数を目標にして、その数にたどり着く」という意識を持って施策を行えているでしょうか?

続きを読む

既存患者さんを値上げしていく際にやってもらいたい施策

2021年も残すところあと1カ月、いよいよ終わりが近づいてきましたね。

年が変わることには、何か新しいことを始めたい!!という先生もきっと多いことでしょう^^

新しい商品の導入だとか、完全自費移行だとか、分院展開とか、そういった大きな一歩ですね。

僕のクライアントさんでは、すでに新患さんからは自費施術の料金を頂いているって先生が100%ですけど、来年からの経営のために、いよいよ既存の患者さんも一斉に全体値上げをしていく!って張り切っているクライアントさんも多いです^^

新患さんから始める値上げは比較的楽ですけど、既存の患者さんの値上げはかなり大変ですから、気合が入るのも当然でしょう。

そこで今回は既存の患者さんを値上げする際にぜひ行ってもらいたい施策の流れについてお伝えしていきます。

続きを読む

治療院は季節によって経営戦略を変えることで売上を伸ばす

経営者さんの中には「常にもっとも新しく勉強したことの優先順位が1番に来る」という罠にハマっている人がいます。

Instagram広告がやばいらしい!LINE@で新規集客をしよう!リピート率を伸ばすことこそ王道だ!新しいEMSがかなり自費の収益をあげてくれているところが多いらしい!

こんな話を聞くと「え!?じゃあ俺も!!!」ってなってしまうパターンですね。

これは自分の治療院経営の中で、現在なにが不足しているのかしっかりと把握できていない場合に起こりがちですが、、、

まずは頭の中を整理するという意味でも、季節ごとにやったほうが良いことと、やらないほうが良いことを覚えておくだけでも、かなり戦略が立てやすくなりますよ!

続きを読む

成功するために必要なのは本当に手数??

普段からご自身の休日をつぶして、勉強会やセミナーなんかにしっかりと参加されている治療院の先生たちは本当にすごいと思います。

この業界は本当に勉強熱心な先生も多く、嬉しくなりますよね^^

サラリーマンなんかじゃ、休日を使ってまで勉強したいって意識の人を見つけるほうが大変らしいですからね。笑

しかし、勉強会などに参加することは良くても、多くの知識を詰め込みすぎて逆に全部が中途半端になっているっていうなら話は別です。

どういうことかと言うと・・・

続きを読む

売上を上げたいなら作曲家ではなく演奏家になる

あなたも経営者として、常に自分の院の売上を伸ばすためにいろいろと頑張っていると思います。

新しいアイデアを試してみては、失敗と成功の繰り返し。

そしてまた新しいアイデアを試してみては、失敗と成功を繰り返す。

そんな挑戦の毎日だと思います。

もちろん、新たなことにチャレンジすることは非常に重要ですし、仮に失敗したとしても結果的にそれは経験値としてあなたの糧となるため決して無駄にはなりません。

しかし、もしある程度早い段階で売上を伸ばしたり、成果を手に入れたいのであれば、、、

いっそアイデアを思い付くことを手放したほうが早いことも知っておいて欲しいのです!

というのも・・・

続きを読む

問合せで終わってしまった患者さんの集計をしておく

普段、電話対応までご自身でやっている先生ならわかると思いますが、予約希望の電話がかかって来たからと言って100%そのまま予約が入るわけではありませんよね?

まず「保険が使えるのか?」とか「料金はいくらくらいなのか?」なんて質問から入るパターンだったり、「今すぐ行けますか?」とか「今日の18時に行って大丈夫ですか?」などの(予約がパンパンで)どうしても対応できないようなパターンだったりと、なかなか予約に繋がりにくい電話が入ったりすることも良くありますね。

忙しい院だと、どうしても当日すぐに見て欲しい、という問合せは受けられないケースも増えてきますしね。汗

なので、取りこぼしの数自体を減らす努力はできても、取りこぼしが0件になるってことは忙しい院なんかではほぼあり得ません。

とはいえ、こういった現象をただ「あ、この電話は予約に繋がらなかったなー」とただスルーしているだけなのはNGですよ!

では、何をしなければいけないかと言うと・・・

続きを読む