治療院でも集客商品と利益商品はしっかりと区別をする

治療院経営は正直に言って「時間単価」の世界です。

ここをしっかりと考えて設定し、集客やリピートをうまく回した治療院は経営が安定しますが、「時間単価」を無視した料金設定をした治療院は、仮に集客やリピートがうまくいったとしても、思うように経営は安定しないのです。

どれだけ忙しく働いても、何故か利益が残らない・・・とかね。汗

とはいえ、、、

全部が全部時間単価を優先させればいいのか、と言われるとそんなことなくて、あくまでも時間単価を重視するのはそれが「利益商品」である場合だけなんですね。

集客商品まで時間単価を徹底してしまうと・・・ほぼ間違いなく集客で苦労するハメになりますよ!汗

何がどう違うのかというと・・・

続きを読む

治療院で集客導線を増やすためのメニュー作成のポイント

治療家気質を持つ先生を見ていると、常に新しい技術を習得されるために努力されている姿に頭が下がります。

やはり患者さんの痛みや症状を取り除ける技術を提供してこそ、治療院の存在意義が満たされますしね!

とはいえ・・・

その中には沢山の手技を身に付けたにも関わらず、集客に活かせてなかったり、あるいは沢山の手技を出来るのは自分だけで、どうしてもスタッフに技術を落とし込むことが困難になってしまう先生が居たりするのも事実です。

せっかく学んだ技術が、そのような負のループに巻き込まれてしまわないようにはメニュー作りを意識して作成しなければなりません。

手技を複雑にしすぎず、かつ十分な集客導線を用意するために必要なメニュー作成とはこんな感じですよ!

続きを読む

治療院のチラシの内容を変更するタイミング

治療院の集客でチラシでの集客を長いこと続けていると、ふと思う時があると思います。

「もうこのチラシ結構撒いているし、内容変えたほうがいいのかな?」と。

確かに、チラシには内容を変えるべきタイミングがあるのですが・・・

それは感覚ではなく、ある基準を満たせなくなった時に変更する、という明確な判断基準があるのです。

ただただ感覚で内容を変更しているようでは、まだまだ獲得できる患者さんを逃したり、あるいは必要のないチラシ内容変更の作成に忙殺されたりしてしまうかも知れませんので、ぜひこの基準は自身の中で明確にしておいてくださいね!

続きを読む

今後の治療院HPの修正はヒートマップツールを活用していく

ホームぺージからの新患さんを伸ばそうと思えば、ホームぺージのクオリティを高めていくことがどうしても求められてしまいます。

もちろん、その際のキャッチコピーや文章の言い回しなどのコピーライティング的なスキルも必要なのですが・・・

その手前として「そもそもどこを修正すればページにポジティブな影響を与えられるのか?」を見極められる視点が必要になってきます。

これまでずっと自身のライティングスキルを磨いてきたという先生であれば、ある程度感覚的に把握できたりもしますが「ページの修正なんて・・・」という先生だと、さすがにちょっと厳しいものがあるのも事実です。

でも安心してください!

時代の進歩のおかげで、スキルが無くても多くの人が自身のページの「どこ」を修正すれば良さそうか、判別するためのツールだってあるのです!

それは・・・

続きを読む

治療院で集客を始める時にやりがちな失敗

あなたはこれまでに「意識して集客を行っている」と言えるくらい集客に意識を割いて来ていたでしょうか?

そして実際に集客を行った際に、ちゃんと狙い通りの成果が出ているでしょうか?

成果が出ている先生には本日の話は必要ないかもしれませんが・・・

本日は治療院が集客を始めていく際に、多くの先生がついついやってしまう「間違え」についてお伝えしようと思います。

もしあなたが現在思ったように集客の成果を出せていないのであれば、ここを修正するだけでも成果が伸びる可能性もありますよ^^

続きを読む

治療院集客はプル型集客とプッシュ型集客を上手に使い分ける

治療院の集客における一つの成功例として、プッシュ型の集客とプル型の集客を上手に使い分ける、ということがあります。

費用対効果だけで言えば、プル型広告のみを使っていたほうがぶっちゃけ安くなるのは事実なのですが、集客の安定感という意味では両方を上手く使いこなしている院のほうが圧倒的に安定感のある経営を行っている事のほうが多いです。

ちなみに、あなたはプッシュ型の集客とプル型の集客をどれだけ意識して使い分けられているでしょうか??

この2つを上手に使い分けることが出来れば、かなりの確率で今のあなたの院に来院している新患さんの数を増やすことが出来るので、ぜひトライしてみてくださいね!

続きを読む

整骨院が予約制に移行していく際の注意点

もしあなたが自費施術をしっかりと取り入れているのであれば、予約制も一緒に導入されているかも知れません。

しかし整骨院を経営している先生の中には、予約制をまだまだ取り入れていない先生が多いのも事実です。

もちろんメリットもデメリットもあるため、一概に予約制が絶対に良いと言うわけではありませんが・・・

それでもある程度単価が上がってくれば、予約制自体は導入したほうが良いと僕自身は考えています。

というのも「患者さんの時間を守る」ということも価値を感じるサービスの一つだからですね^^

やり始めてしまえば自然になる予約制も、やる前だとどうしても「予約制ってどうなんだろう・・・」としり込みしてしまう気持ちもわかります。

そこで今回は整骨院が予約制を導入していく際に気を付けるべき注意点についてお伝えします。

続きを読む

高単価の自費施術を支える「治療技術以外」の価値

僕は決してすべての治療院に対して高額な自費施術の導入を勧めているわけではありませんが(グループ院なんかは単価5000円前後くらいで人数を回すスタイルでも問題ありませんしね)、それでも1人院長でやっているところなんかは、回転数の問題もあってやはり施術単価を4000円、6000円、8000円・・・と上げていかないといけない院があるのも事実です。

とは言うものの、保険診療から自費移行した多くの先生が「1回の施術で8000円、、、それはちょっと、、、」と感じてしまうのも事実です。

しかしじゃあ、1回の施術を4000円で提供している院と、1回の施術を8000円で提供している院では、治療技術に2倍の差があるのか??と言われると、正直僕はそんなことないと思っています。(ただ価格設定を変えていてリピートしてないケースは除きますよ?笑。あくまでもこの単価でやっていけている院で考えた時のことです。)

では、どこにその差が生まれるかというと、、、それは「治療技術以外のサービス」だったりするのです!

続きを読む

広告規制後も院内では喜びの声をしっかりと活用し続ける

広告規制が来てしまえば、残念ながらこれまで集めてきたビフォーアフターや喜びの声を前面に押し出してHPやチラシで集客することは出来なくなります。

そのせいか「もう、今更喜びの声を集めても意味ないですよね?」なんて聞かれてしまうことがたまにあります。

確かにこれまでみたいに様々な場面で喜びの声を活用できなくなるのは事実ですが・・・

とはいえ、喜びの声やビフォーアフターを使うのは何も集客だけではないのですね!

集客には使いにくくとも、喜びの声やビフォーアフターは上手に使えばリピート率のアップやプリカや回数券の成約率アップの助けになるのです!

では、どういった部分にこれからは使って頂きたいかというと・・・

続きを読む

通院指導の初歩の初歩。治療院はこうやって予約を入れてもらう

治療院の売上を上げる基本公式である「カルテ枚数」×「頻度」×「単価」。

この中でも特に「頻度」というのは、院内での現場努力によって非常に動かしやすい数字と言えます。(単価なんてのは、特に今すぐ上げよう!!って思っても上げられなかったりしますしね。汗)

当然「頻度」をしっかりと伸ばそうと思ったら、しっかりとした通院指導、予約獲得が必須となります。

もしあなたが現在「ちょっと患者さんの通院ペースが遅いんだよな・・・」と感じているのであれば、ぜひ通院指導におけるこの基本を押さえてみてくださいね!

続きを読む