治療院が専門特化にする本質的なメリット

近頃では治療院業界でも「〇〇専門院」とか、症状に特化させる院がすごく増えてきました。

もちろん、これにはこれで非常に大きなメリットもあります。

症状を特化させてペルソナを明確にすれば、マーケティング上の集客で有利に立ちやすいという面があったりするのも確かに事実なのですが・・・

こういった面で優位に立てる院は、それはそれで条件があったりするのです。汗

表面上だけで「あ、専門特化させてほうがいいのかな?集客が有利になるなら自分も真似しようかな?」ってくらいの考えで専門特化するのであれば、オススメはしません。

まず今回の記事を見たうえでハッキリと「あ。自分の院は専門特化させるべきだわ」って感じるのであれば、検討してみてください^^

続きを読む

これからの治療院集客は「そのうち客」にアプローチしていく

あなたは今現在、自身の院の集客に困っていたりしないでしょうか?

治療院の数がどんどん増えているにも関わらず、治療院に訪れる患者さんのパイ自体が増えているわけではないので、どうしても1院1院で見ていくと新患さんを獲得できていない院が出てくるのも仕方ない状況なのかなと感じたりもします。

そんな現状の中、それでも治療院の経営はやっていかなくてはいけない以上、何とかして集客数は増やしていかないといけなかったりするわけですよね?汗

そこで今回は今すぐに集客へと繋がる層に対するアプローチではありませんが、集客の可能性がある層を一気に増大できる、新しい層へのアプローチ方法に対する考え方についてお伝えしていきます。

続きを読む

商品設定・メニューの見せ方が患者さんの通院期間を決める

あなたの院では、普段平均してどれくらいの回数(あるいは期間)患者さんが通ってくれているでしょうか?

十分に満足の行く期間通ってくれる患者さんばかりなら問題ありませんが、中にはなかなか患者さんが居つかくて困っている治療院もあると思います。

こういったリピート・通院期間に関していえば初回問診でのプレゼンも非常に大事なのですが・・・

そもそものことを言えば、あなたの院が選んでいる商品だったり、メニューの見せ方で通院期間が短い新患さんが来ることが決まっていたり、あるいは通院期間の長い患者さんが来ることが決まっていたりすることもあるんですよ!

そういった要素のことを意識しながら、商品選定・メニュー設置をちゃんと行えているでしょうか?

続きを読む

治療院に導入後すぐに売上が伸びるメニューの特徴

あなたは今後も自身の院のメニューを変更することなく経営を行っていくでしょうか?

それとも、より売上を伸ばすために新メニューの導入なんかも視野に入れているでしょうか?

本当に良い商品なのであれば、時間と資金をかけたマーケティングを行っていけばいずれ売上は伸びていくでしょうが・・・

「すぐに」売上に反映させたいのであれば、実はちょっとメニュー選びの段階から気を付けなければならなかったりします。

実は新メニューとは言っても、すぐに売上に反映されやすいものもあれば、売上に反映されるまで少し時間がかかってしまう商品もあるんですよ!

続きを読む

治療院でこれをする前に集客を掛けるのはやめてください!

あなたは新規患者さん来てくれれば、治療院経営はなんとかなる、なんて大きな勘違いをしていたりはしませんか?

もちろん、新規患者さんを安定して集客できるようになることは非常に大切です。

しかし、それ以上に大切なのは「〇〇を生む流れ」を作ることなのです。

この流れを作る前に集客をしても、意外と経営は楽になっていかないんですよ?

一度自分の院のこの部分がどうなっているのか、改めて再確認してみてください^^

続きを読む

集客の精度を上げるためにはリサーチが非常に重要

あなたは自分の院に来ている患者さんのことをどれくらい知っているでしょうか?

「ちゃんとなんでも知っているよ^^」

と、心から本当に言えるでしょうか?

毎月、十分な数の新患さんを獲得するためには集客の精度を少しでも高めていく必要があるのですが、、、

そのために必要なのが「リサーチ」になります。

では、いったいどんなことをリサーチすれば、集客につながり、売上を上げることができるのでしょうか?

続きを読む

大事なことは何度でも伝えることが重要

同じ説明を何度も受けるのは「ちょっとしつこい・・・」と感じる方は多いと思います。

もしかしたらあなたもそうかも知れませんね。

確かに、すでに分かっていることを何度も何度も言われるのは苦痛なのですが・・・

理解できていなかったり、知らなかったことを何度も説明してくれるのは逆に助かることだったりもするのです。

今回は「初回問診」で伝えるべき大事な要点を、そこから何度も繰り返し患者さんに伝えることの重要性についてお伝えしていきます。

この「何度も同じことを伝える」ことを怠ってしまうことで離脱率が上がってしまうケースもよくあるんですよ?

続きを読む

優先順位を決める重要性をこのストーリーから学ぶ

治療院経営だけでなく、自分の人生を充実したものにするために、僕自身は目標設定をすることが非常に重要だと考えています。

自分の人生を振り返ってみても、過去に決めた目標の多くを達成できているし、まだ達成できていないものも、これからきっと達成できるだろう、と思えているからです。

つまり、自分の人生というものはちゃんと自分が思い描いたものにしていける(少なくとも近づけていける)ってことですね^^

そこで今回は、目標設定、、、というより、物事の順番に優先順位をつけることがどれだけ重要なのか?どれだけ人生に影響を与えるのか?ということを、僕の好きなエピソードと一緒にあなたに紹介させていただきたいと思います。

続きを読む

治療院で回数券を「お得」に売ろうとすると成約率が下がる?

治療院経営において回数券やプリカを導入していると、どうしても成約率が落ちてきたりすることもあるものです。(全然成約が落ちたことが無い?それは素晴らしいことですので、今回の記事はあなたには必要ないでしょう^^)

そんな時は問診を一度じっくりと見返してみることが必須となります。

もちろん成約率が下がる理由なんていうのは1カ所だけと決まっているわけではありませんが・・・

数ある注意点のうち、ここをうっかり失敗してしまっている先生は多くいます。

あなたは問題ないでしょうか?

続きを読む

問診で相手の心の内側に入る秘訣は相手の言葉を使うこと

良い問診を作るためには「大枠としての構成の流れ」と「実際のトークレベルでのスキル」という2つの要素が重要になります。

構成の流れ自体が欠けていると、ただトークが上手なだけで患者さんからのウケはいいけど、肝心の言いたいことが患者さんに伝わらない問診になりますし・・・

トークスキル自体が低いと、これもまた言いたいことは分かるけどなんとなく商品を買う気にならない・・・という事態になってしまうものです。

結局どちらの要素がかけても「良い問診」にはならないのですね。

普段は「問診の構成」についてお話することが多いですが、今回は「トークレベルでのスキル」について少しお話しようと思います^^

続きを読む