整骨院のチラシ作成法

治療院のチラシの内容を変更するタイミング

治療院の集客でチラシでの集客を長いこと続けていると、ふと思う時があると思います。

「もうこのチラシ結構撒いているし、内容変えたほうがいいのかな?」と。

確かに、チラシには内容を変えるべきタイミングがあるのですが・・・

それは感覚ではなく、ある基準を満たせなくなった時に変更する、という明確な判断基準があるのです。

ただただ感覚で内容を変更しているようでは、まだまだ獲得できる患者さんを逃したり、あるいは必要のないチラシ内容変更の作成に忙殺されたりしてしまうかも知れませんので、ぜひこの基準は自身の中で明確にしておいてくださいね!

続きを読む

治療院チラシは片面で大丈夫?それとも両面が良い?

クライアントさんや、セミナーの参加者さんによく聞かれる質問の一つとして、『治療院でチラシを作成するときに片面印刷と、両面印刷ではどっちのほうが反応が高いか?』(片面印刷でも十分に反応は得られるのか?)というのがあります。

片面デザイン、片面印刷の場合と、両面デザイン、両面印刷では費用が変わってくるので、経営者としては正直気になってくる部分(というか、安く済ませられるなら安く済ませたい)ですよね。笑

これはですね・・・

実は片面か両面か?が大事っていうよりは、あるポイントを満たしているかどうかで片面印刷で済ませて良いのか、両面印刷にしなければならないのかが決まってくるのです!

続きを読む

治療院チラシのキャッチコピーですぐに使える17例

地方や田舎のほうにある治療院は未だにチラシ集客がバカにならないくらい効果を上げることは多々あります。

都市部のほうは少し反応が辛いことが多いので、やはりどの地域でも・・・ってわけにはいきませんけどね。汗

僕自身、地方の治療院ならまずはチラシ集客に力を入れて実施してみるくらいです。(もちろん、同時にHPのクオリティアップなども行いますが)

チラシ集客の効力に気づいている先生は、定期的にチラシを使っていることでしょう^^

クライアントさん以外に相談を受けた時にも「先生の地域なら1度チラシを試してみるのもいいと思いますよ」なんてアドバイスしたりすることもあるんですが、結構な確率で「キャッチコピーってどんなのがいいんですかね?」と相談を受けます。

どうも慣れていないとキャッチコピーを考えるところで一度作業が止まってしまうみたいですね。汗

そこで今回は治療院のチラシ集客に使えるキャッチコピーの例を紹介していこうと思います!

続きを読む

良いチラシを作成するために普段から出来る習慣

あなたは普段から家に届くチラシを見たりなんかしているでしょうか?

治療院業界で働く先生は忙しいので、おそらくほとんどの先生がチラシをじっくりと読むような時間を取れてないと思います。

どうしても自分がそのようだと「チラシなんかで反応が取れるのか??」と思いたくもなりますが、実際にチラシでネット以上の反応が取れる地域なんてザラにあります。

というか、都市圏でなければ十分勝負できる地域のほうが多いくらいです。(ダメな地域は全然ダメなのも否定しませんけどね。汗)

これまでも「チラシで勝負できるところはチラシ使ったほうが良いよ」と何度もお伝えしてきていますが、今回は良いチラシを作るために普段から出来る習慣についてお伝えしたいと思います!

これを普段から続けるだけでも、チラシのクオリティをグッと高めることができますよ^^

続きを読む

整体院で集客用のチラシを自分で作る第一歩

整体院なんかが集客用のチラシを作成する際に一番簡単な方法は「すでにどこかで成果が出たチラシ」を真似することです。

慣れてない先生なんかはまずは自分で作ろうとせずに4、5回くらいは「とりあえず真似る」くらいの感覚で良いです。(もちろん、やっている内容なんかも違うでしょうから、最低限は自分の院にマッチするように修正する必要はあるでしょうが。)

その後ある程度慣れてきたら、やはり自分の院用のオリジナルのチラシなんかも撒いて見たくなるんじゃないかと思います。(あるいは、パクってもあんまり成果が出なかったりすると。)

しかしその段階になって出てくるのが「パクリ元が無いと、何を書いていいかがサッパリわからなくなる」という現象だったりするんですね。汗

そこで今回はチラシ(あるいはHP)なんかを作成していく際のとっかかりとして、作成しやすくなるテクニックをお伝えします。

続きを読む

整体院がチラシ集客で反応を上げる際に気を付けるべき3つの点

整体院や治療院がチラシを撒くことに対して「どうせ大した成果も出ないんでしょ?」と高を括っている方も多いですが・・・

実際にやってみると、地域によってはネット集客ばりの費用対効果を得られる地域も少なくありません。

とはいえ、ただチラシを作って撒くだけで成果が出るわけではありません。

費用対効果を上げていくためにいくつか考えなくてはいけないポイントもあるのですが・・・

今回はその中でも大事な3つのポイントについてお伝えしていきます。

続きを読む

チラシ集客で成果を出したいなら素材集めにこだわる

あなたの院では定期的にチラシ集客を行っていたりするでしょうか?

残念ながら、プレオープンの時に1度撒いたっきりの先生も多いかも知れませんね。汗

僕のクライアントさんはチラシ集客で反応が出る地域が多いこともあって、割と定期的に(多いと毎月)チラシ配布を行っている先生も少なくありません。

費用対効果が合うのであれば、撒かない手はありませんからね^^

ちなみに先生自身で手配りされている先生もいらっしゃいますが、ほとんどは業者さんに頼んで配布してもらっている感じです。

この部分はどっちが良いか、というよりも院の状況次第ですね。汗

そんなチラシ集客ですが、やはり成果を出すために必要なのはまずは「目立つ」ことに他なりません。

どんなに良い内容であろうと、そもそも見られなければなんの意味もありませんからね。汗

手に取られやすいようにサイズA3などの大き目のサイズにしたり、紙の材質を変えてみたりなんていうテクニックもありますが・・・

料金も高くなりますし、今回は中身の部分でどのように変化を加えれば目立つようになりやすいかについてお伝えしていきますね!

続きを読む

治療院のチラシ集客って本当に効果がないの??

最近ではアルゴリズムの変更などもあって、SEOにイマイチ信頼をおけず、ネットからの集客に不安を頂いている先生も多いと思います。

それでも現在のネット社会ではなんとかネットからの集客を柱にするべく、いろいろと努力をしなければいけないことは事実です。

とはいえ、これは決して「ネットだけ」で集客をしなければいけないというわけでもないんですね。

ネットだけでダメなら、別に他の媒体を使たっていいじゃないですか。

誰かから自分の行動に制限をつけられているわけではないのですから。(法律を遵守するとかは別として。)

「いまさら・・・?」と思うかも知れませんが、少し地方のほうなんかでは今でもネット集客と同レベルでチラシ集客の反応が得られることもあるんですよ?

その証拠に「ネットが大事!」って言ってる先生だって、プレオープンなんかでは大量にチラシを使って集客をかけてプレオープンを成功させているじゃないですか。

要はタイミングと使い方ですよ!

続きを読む

治療院のチラシ集客の効果を最大化する4つの考え

治療院の集客が落ち目になりがちな1月2月もそろそろ終わり、勢いが戻ってくる3月4月がやってきますね。

ある程度人口の流入がある町であれば新しく住み始める方もいるので、新規集客をぜひがんばっていきたい時期でもあります。

そこで今回は3月4月時期にはぜひ1度やってもらいたいチラシ集客における、成果を上げるための考え方をお伝えしていきたいと思います!

続きを読む

治療院業界ならまだまだチラシ集客はいける!

ネット集客大全盛のこの時代に、まだチラシ集客とか言ってるの??

なんて、思ったり考えたりしたことのある先生はいるかも知れませんね。

確かに「ネット集客をやらない」のは論外ですが、ネット集客が強いから、チラシ集客はやらない・・・というのもまた、非常にもったいないことなんですね!

直近で撒いたクライアントさんの成果を交えながら、現在の治療院業界でのチラシ集客がどの程度の反応を得られるものなのか、お伝えしていきますね。

続きを読む