整骨院のチラシ作成法

治療院のチラシの内容を変更するタイミング

治療院の集客でチラシでの集客を長いこと続けていると、ふと思う時があると思います。

「もうこのチラシ結構撒いているし、内容変えたほうがいいのかな?」と。

きっとあなたも似たようなことを考えたりしたことはあるでしょう。

確かに、チラシには内容を変えるべきタイミングがあるのですが・・・

それは感覚ではなく、ある基準を満たせなくなった時に変更する、という明確な判断基準があるのです。

ただただ感覚で内容を変更しているようでは、まだまだ獲得できる患者さんを逃したり、あるいは必要のないチラシ内容変更の作成に忙殺されたりしてしまうかも知れませんので、ぜひこの基準は自身の中で明確にしておいてくださいね!

続きを読む

反応の出る治療院チラシが意識している4つの要素

治療院、それも特に都心部から少し離れた郊外型の治療院集客で外せないのが、チラシ集客です。

個人的には、ウェブ集客の弱い院が、毎月の安定した集客を続けるためにはチラシ集客は必須となる方法なのではないかな、と思っているくらいです。

そんなチラシ集客ですが、「チラシはもうダメだよ。全然患者さんが来てくれないよ」という声を聞くのも事実です。

確かに地域によってはチラシが全然ヒットしない地域があることも事実ですが・・・

とはいえ、いったい何故ここまで先生によってチラシ集客に対するイメージが違うのでしょうか?

それは、チラシ集客で成功するための4つのポイントを意識できているかどうかの差、なことが多いのです!

続きを読む

治療院のチラシ集客の肝は「安心感の演出」

あなたの治療院ではこれまでに何度くらいチラシでの集客を行なったことがあるでしょうか?

チラシ集客をやってみたけど、サッパリ成果が上がらなかった先生。

チラシ集客で思った以上に成果が上がってビックリした先生。

中にはプレオープン以降一切チラシを撒いていない先生。

いろんな先生がいると思います。

治療院のチラシ作成に関しては、内容だけが大事という訳ではないですが、あえて今回は「どんな内容をチラシに入れれば良いのか?」をお伝えしていこうと思います。

続きを読む

整体院がチラシ集客で反応を上げる際に気を付けるべき3つの点

整体院や治療院がチラシを撒くことに対して「どうせ大した成果も出ないんでしょ?」と高を括っている先生も多いですが・・・

実際にやってみると、地域によってはネット集客ばりの費用対効果を得られる地域も少なくありません。

成果が出るから、プレオープンなんかではどこの院さんもチラシを撒くわけですしね。

僕のクライアントさんでも、これまでは自粛していたけど、9月末で全国的に緊急事態宣言制限が解除され、10月にはまたチラシを撒くという先生も少なくありません。

もしかしたら、低下したカルテ枚数を復活させるべく、あなたも近いうちにチラシを使った集客などを検討されているかも知れませんね。

とはいえ、ただチラシを作って撒くだけで成果が出るわけではありません。

費用対効果を上げていくためにいくつか考えなくてはいけないポイントもあるのですが・・・

今回はその中でも大事な3つのポイントについてお伝えしていきます。

続きを読む

整体院で集客用のチラシを自分で作る第一歩

整体院なんかが集客用のチラシを作成する際に一番簡単な方法は「すでにどこかで成果が出たチラシ」を真似することです。

慣れてない先生なんかはまずは自分で作ろうとせずに4、5枚作るくらいまでは「とりあえず真似る」くらいの感覚で良いと考えています。(もちろん、やっている内容なんかも違うでしょうから、最低限は自分の院にマッチするように修正する必要はあるでしょうが。)

とはいえ、ある程度慣れてきたら、やはり自分の院用のオリジナルのチラシなんかも撒いて見たくなるんじゃないかと思います。(特に、パクってもあんまり成果が出なかったりするとね。汗)

しかしその段階になって出てくる問題が「パクリ元が無いと、何を書いていいかがサッパリわからなくなる」という現象だったりするんですね。汗

もちろん、それまでは出来る限り真似して作成しろ!って言ってたんだから、そうなることも仕方ないと思います。

そこで今回はチラシ(あるいはHP)なんかを作成していく際のとっかかりとして、作成しやすくなるテクニックをお伝えします。

続きを読む

治療院のチラシ集客で陥りがちな罠

治療院の集客において、新患さんの数をある程度大きく確保したい院は、チラシ集客を積極的に活用しているところが多いです。

というのも、配る予定のチラシの反応率さえある程度把握しておけば、例えば10人追加で新患さんを獲得したいのなら〇〇部くらい配る、とか20人新患さんを獲得したいのなら、〇〇部くらい配っておこう、といったように新規集客のコントロールが非常にしやすい媒体だからなのです!(もちろん、商圏自体の広さの問題もあるので、無限に増やせる訳ではありませんが。)

現在、地域によっては緊急事態宣言も出ていて新患さんの集客が少しだけうまくいってない先生なんかは、緊急事態宣言明けから再びチラシを撒いて集客に力を入れていく予定、というクライアントさんも多いですね。

しかし、チラシで安定的に集客が出来るようになってくると、多くの先生が「ある罠」に陥りがちになってしまうのです。

いったいどんな罠なのでしょうか?

続きを読む

治療院のチラシ集客ってまだ効果はあるの??

毎年のようにアルゴリズムの変更などもあり、SEOにイマイチ信頼をおけず、ネットからの集客に不安を頂いている先生も多いと思います。

それでも現在のネット社会ではなんとかネットからの集客を柱にするべく、いろいろと努力をしなければいけないことは事実です。

とはいえ、これは決して「ネットだけ」で集客をしなければいけないというわけでもないんですね。

ネットだけでダメなら、別に他の媒体を使たっていいじゃないですか。

誰かから自分の行動に制限をつけられているわけではないのですから。(法律を遵守するとかは別として。)

「いまさら・・・?」と思うかも知れませんが、少し地方のほうなんかでは今でもネット集客と同レベルでチラシ集客の反応が得られることもあるんです!

その証拠に「ネットが大事!」って言ってる先生だって、プレオープンなんかでは大量にチラシを使って集客をかけてプレオープンを成功させているじゃないですか。

要はタイミングと使い方ですよ!

続きを読む

チラシ集客で成果を出したいなら素材集めにこだわる

あなたの院では定期的にチラシ集客を行っていたりするでしょうか?

残念ながら、プレオープンの時に1度撒いたっきりの先生も多いかも知れませんね。汗

僕のクライアントさんはチラシ集客で反応が出る地域が多いこともあって、割と定期的にチラシ配布を行っている先生も少なくありません。

緊急事態宣言が明けた地域も多いですし、4月なんかは暖かくなってきはじめて、チラシの反応も高くなりやいタイミングですから、チラシ集客をかけ始めるタイミング的にもオススメです。

費用対効果が合うのであれば、撒かない手はありませんからね^^

ちなみに先生自身で手配りされている先生もいらっしゃいますが、ほとんどは業者さんに頼んで配布してもらっている感じです。

この部分はどっちが良いか、というよりも院の状況次第ですね。汗

そんなチラシ集客ですが、やはり成果を出すために必要なのはまずは「目にとまる」ことに他なりません。

どんなに良い内容であろうと、そもそも見られなければなんの意味もありませんからね。汗

手に取られやすいようにサイズA3などの大き目のサイズにしたり、紙の材質を変えてみたりなんていうテクニックもありますが・・・

料金も高くなりますし、今回は中身の部分でどのように変化を加えれば目立つようになりやすいかについてお伝えしていきますね!

続きを読む

治療院のチラシ集客の効果を最大化する4つの考え

治療院の集客が落ち目になりがちな1月2月もそろそろ終わり、勢いが戻ってくる3月4月がやってきますね。

今回は地域によっては緊急事態宣言が出されていたこともあり、思うように集客がうまく行かなかった先生も多いと思います。

3月7日には緊急事態宣言も全て地域で解除予定ですし、ある程度人口の流入がある町であれば3月や4月に引っ越して来て、新しく住み始める方も出始めるので、新規集客をぜひがんばっていきたい時期でもありますね。

そこで今回は3月4月時期にはぜひ1度やってもらいたいチラシ集客における、成果を上げるための考え方をお伝えしていきたいと思います!

続きを読む

良いチラシを作成するために普段から出来る習慣

あなたは普段から家に届くチラシを見たりなんかしているでしょうか?

治療院業界で働く先生は、おそらくほとんどの先生がチラシをじっくりと読むような時間を取れてないと思います。

どうしても自分がそのようだと「チラシなんかで反応が取れるのか??」と思いたくもなりますが、実際にチラシでネット以上の反応が取れる地域なんてザラにあります。

というか、都市圏でなければ十分勝負できる地域のほうが多いくらいです。(ダメな地域は全然ダメなのも否定しませんけどね。汗)

これまでも「チラシで勝負できるところはチラシ使ったほうが良いよ」と何度もお伝えしてきていますが、今回は良いチラシを作るために普段から出来る習慣についてお伝えしたいと思います!

これを普段から続けるだけでも、チラシのクオリティをグッと高めることができますよ^^

続きを読む