整骨院の集客法

広告費を止めるな!

緊急事態宣言が早く解除された地域では、徐々に学校も通常通り始まりだし、かなり以前の状況に戻って来つつありますね。

クライアントさんの院でも新患さんの集客に関してはかなり勢いが戻っている先生もどんどん増えてきています!

その反面、まだ今一つ集客の勢いが戻り切れていない先生の院もあったりするのですが・・・一体その差はなんだったのでしょうか?

実は、これには緊急事態宣言の期間に取った行動の違いが、どうやら少し関わってきているようなのです。それは・・・

続きを読む

集客を始める前に「健全な期待値」を持つ

これまでに治療院の集客をほとんどやったことない先生ほど、「集客」という活動に対して過剰な「期待」をしてしまう先生が多く感じます。

毎月しっかりと集客活動を続けられてる先生なら、だいたい5万円くらい集客にかければ新患さんはこれくらいくるかな?とか、今月は10万くらいあの媒体に使ったし、だいたいこれくらいの新患さんは獲得できるだろう、とかね。

このあたりの感覚がちゃんと身についてくるわけです。

しかし、これまでそういった「集客」を行ってこなかった先生がPPC広告なんかを使いだしたり、業者にお願いすると「あれ!?全然新患さん来ないじゃないか!PPC広告が良いって言ったのに!!」なんていう風になったりしてしまうわけです。

で、よくよく成果を見てみると3万円くらいの広告費でちゃんと7人とか8人とか獲得できていたりするわけですよ。笑

少なくとも「全然ダメ」ってことは無いですよね?汗

結局、せっかく成果が出ているにも関わらず費用対効果に納得できずにお金をかけなくなったりするんですね。汗

一体、何人の新患さんを獲得できることを期待していたのか・・・汗

これこそまさに「健全な期待値」を知らないことによって起きてしまう悲劇と言えるでしょう。

緊急事態宣言の最中に一気に患者さんが減ってしまい、これから普段しないような集客を行う場面もあるかも知れません。

そんな時に、こういった悲劇を回避するためにもしっかりと健全な期待値となるような基準を持つようにしてくださいね!

続きを読む

整骨院や整体院のHP修正における判断材料

あなたは普段からホームぺージなどの内容変更をしっかりと行っているでしょうか?

現場に出ている先生なんかは非常に忙しいため、毎日HPの修正をしろ、なんて言いませんが。笑

ただ、しっかりとした「根拠」を持って修正したほうが良いページなんかを把握していくことは非常に重要です。

新型コロナによる緊急事態宣言も解除され、このタイミングで集客を増やすためにHPの修正を検討している先生も多いことでしょう。

ほとんどの先生が集客が悪いと感じた時に「とりあえずHPを修正したほうが良さそうかな?」と、感覚で判断したりしますが、ちゃんとツールなどを利用すれば修正する必要のあるページと修正する必要のないページがしっかりと見えてくるものです。

そこで今回は、ページの内容を修正する際に利用する視点の1つについてお伝えしていきます。

続きを読む

治療院のPPC広告運用はできれば自分で行ったほうが良い?

あなたの院では現在PPC広告をやっていたりするでしょうか?

なんとなく取っつきにくくてやってない先生もいれば、以前のグーグルコアアップデート以降にSEOが下がってしまい環境に押される形で始めた先生もいると思います。

個人的には現在ネットにおける集客の中心となるのはSEOよりもPPC広告だと考えているので、可能な限り治療院でもPPC広告をかけるべきだとは考えていますが・・・

その際に、自分でやるか、業者に任せるか?というのは良く考えるべき事項の一つだと考えています。

正直「こういう人はできれば自分でPPC広告をやれるようにならなきゃダメなんだよな・・・」という先生がいるのも事実なんですよね。

逆に「こういう人は業者に任せるのも全然アリ」という先生だっています。

では、その境界がどこなのかというと・・・

続きを読む

治療院でInstagram集客を始める時にまず最初にすべきこと

新型コロナによる影響で新患さんの集客などが大変になっている現在、おそらくあなたも「とりあえず何でもいいから可能性があることならしたい!」というような気持ちも多少あると思います。

とは言ってもSEO対策やPPC広告、MEO対策などの基本的なことは最低限こなしていることでしょう。(こなしてますよね?)

そこで今回は経営者さんの中でも、やってる人はやってるけど、やれてない人は全くやれていないInstagramを集客に結び付ける方法についてお伝えしていきます。

まだInstagramを全く集客に繋げられていない方向けとして、Instagramを集客に結びつけていくために、まず1番最初にしなくてはいけないアクションはコレです。

続きを読む

盲目的に予算を削ることと、予算の取捨選択を行うことは全く違う

ゴールデンウィークも明け、数日が経ちましたね。

当初は5月6日までだった非常事態宣言も結果として今月末までは延長される形となってしまいました。汗

正直苦しい環境にうんざりする思いだとは思いますが、それでもこの環境の中で経営者は頑張っていくしかありません。

ちなみに、このブログでも厳しい環境では予算や経費を削減しなければならない、とは伝えてきたりしていますが・・・

それは何も全部が全部「0」にしてしまえば良いという意味では決してありません。

あくまでも余分なところは削り、逆に必要な部分には厚くかけていく判断だって重要になるのです!

そこで今回は、現在予算を回すことを検討すべきウェブ上でのキーワードなどについてお伝えしていこうと思います。

続きを読む

治療院経営でもリストマーケティングという概念を知っておく

治療院経営を行っている一般的な多くの院には「弱点」と言えるものがあります。

それは、ほとんどの先生が患者さんに対して「院内」でいかにアプローチをするか?どのようなサービスを「院内」で提供すれば売上(あるいは満足度)が上がるか?という視点で経営を行っている点です。

弱点というと誤解が生まれるかも知れませんが、「院内」でしか患者さんに対してアプローチする手段を考えていないのであれば、それはやはり弱点とも考えられるでしょう。汗

店舗で経営を行っていると、どうしても視野が「店舗内」に向いてしまいやすいのは仕方ないんですけどね。汗

とはいえ、アパレル業界などでは少しでも売上を伸ばすために「あるマーケティング手法」を意図的に使うことで、店舗外に対して顧客に影響を及ぼすことを可能にしています。

治療院経営でも確実に使えるマーケティング手法だと考えているので、ぜひあなたもこの概念を理解して利用してみてくださいね^^

続きを読む

コロナ環境で発生している集客の変化

治療院経営に関して、男性と女性のどちらをメインターゲットにするほうが経営が安定しやすいかと言われれば、どちらかと言えば女性のほうがメインターゲットのほうが経営は安定することが多いと考えています。

やはりしっかり長く通ってくれやすいのも女性のほうが割合として高いことが多いですし、新患さんとしても女性患者さんのほうが多いことが多いです。

保険メインの院とかだと、またちょっと違いますけどね。笑

ただし・・・

現状のコロナ環境に関して言えば・・・

どうやら、女性患者さんよりも男性患者さんのほうが獲得しやすいような現象が起こってきているようなんですね。

どういった現象かと言うと・・・

続きを読む

治療院のコンテンツマーケティングはブログではなくyoutubeを中心に行う

あなたは普段治療院のブログ更新などは行っているでしょうか?

仕事柄いろんな先生のサイトを見たりしますが、やってない先生がほとんどなんですよね。汗

 

ただ、最近といえばコロナの影響によって空き時間が増え、もしかしたらこういったブログ更新などにも時間を割ける余裕が生まれてきているかも知れません。

これまではブログ更新などを治療院でも行ってきたほうが良い!と言っては来ていたのですが・・・

しかし、もし時間が取れるならば、これからはブログではなくyoutubeを活用した情報発信に切り替えることをオススメしますよ!

何故なのかというと・・・

続きを読む

DMで利益を最大化するためにはバックエンドも用意しておく

新型コロナの影響で、おそらく院の来院状況には影響が出てしまっているとは思います。

特に何も対策をしていなかった院なんかでは、来院数が普段より少し減っていて「さすがにやばい!」と感じている頃かも知れません。

とはいえ、なかなかこういう時に予算をかけて集客を行うのも厳しいものがあります。汗

正直今は予算をできるだけ抑えつつ、新型コロナが落ち着いて来た頃に、離脱してしまった患者さん達に対して呼び戻しを含むDMなどを送ってしっかりと戻ってきてもらうことを念頭に置くことの方が、まっとうな対策と言えるでしょう。

ちなみにDMをあまりしない先生もいますが、DMはしっかりとした〇〇を用意しておけば、少額の予算でもわりと利益を残してくれる優秀な施策ですよ!

続きを読む