整骨院・整体院に美容メニューを導入する際に気をつけること

  • LINEで送る

近頃は整骨院や整体院でも、高額な美容メニューをバックエンドに配置してキャッシュポイントを増やそうとする整骨院や整体院も増えてきました。

このこと自体は僕も自費導入の形の一つとして全然アリだと考えているのですが・・・・・・

多くの先生が美容メニューの導入に失敗するのも事実です。

上手に美容メニューを導入していくために考えなくてはいけないことは、このバランスなんですよ!

整骨院・整体院に美容メニューを導入する際の注意点

美容メニューの稼働が上手くいかないのは大きな2つの問題点があるからです。

1点は女性スタッフのカウンセラーとしての教育が上手くいかない、という点がひとつ。(こちらの問題については、スタッフ教育の分野なので、今回は割愛します。)

もう1点が、美容メニューの集客を始めから外部に頼ろうとしてしまう点です。

 

美容メニュー稼働当初は外部集客に頼ってはいけない

美容メニューを導入しようとするほとんどの整骨院・整体院に言えるのですが、ほとんどの先生が「ホームページを作って美容メニューも集客をかけていこうと思います」と言ってきます。

外部から集客して美容メニューを受ける新患さんが来院すれば、とりあえず稼働するよね?的な発想な訳です。

ハッキリ言いましょう。甘いです!激甘です!

今現在美容メニューをやっていない整骨院・整体院が美容メニューのホームページを作っただけで、初月から外部集客が稼働するほど、地域の競合は甘くないです!(よっぽどの田舎なら可能性もあるかも知れませんが。。。)

ほぼ間違いなく、投下した広告費すら回収できずに爆死すると思っていただいて構いません。

しかも、美容メニューを行うために新たに専属の女性スタッフなんか雇った日には、美容部門に関しては余裕で赤字が出ること請け合いでしょう。

これが数ヶ月続くと、「美容部門」の赤字が治療院のほうの売上を食ってしまい、結果として院全体の利益が残らなくなってしまうのです。そうして、美容部門が尻すぼみになって消えていってしまうのですね。汗

 

まずは内部集客で固定費をまかなえるところまで育てる

では、どうすれば美容メニューが立ち消えることなく上手く導入していけるかと言うと、最初の目標は「院内集客のみで美容部門単体で見たときの固定費をまかなえるようになる」ことです。

院内のポップや、患者さんへのスタッフからの声かけを行い、出来る限り広告費をかけずに院内から美容メニューに興味がある人を、月に1人でも2人でも3人でもいいのでゲットします。

もちろん、無理やり誘導するのではなく、「そんなメニューがあるんなら、ぜひやってみたいわ!」というような人だけですよ?笑

もともとは治療目的で来院しているのですから、誘導は簡単ではないでしょう。しかし、やってみればわかるのですが、一定数は必ず今いる患者さんのなかにも美容メニューに興味を持ってくれる患者さんはいます

こういった人たちに作成した美容メニューを受けてもらうことで、美容メニュー稼働当初はとりあえず赤字にならないように運営を続けられる状態をキープすることが重要になってくるのです。(そしてこの期間中に、HPに掲載するビフォー&アフターや喜びの声を集めておきます。)

 

固定費はキープ出来ている状態で利益を上乗せする

院内集客で毎月人件費と美容部門にかけられる広告費がまかなえるような状態がある程度キープ出来たら、そこで初めて外部に向けて集客を仕掛けていきます。

その際には稼働初期に院内からジワジワと集めた喜びの声やビフォー&アフターをどんどん使っていくのです!(稼働当初からHPを作ろうとしても、こういった素材が一切無かったりしますからね。汗)

ここからは実際のサービスの質がモノを言います。

本当にクオリティの高いサービスを提供出来ていれば、だんだんと地域からも美容メニューを受けに患者さんが集まるようになってきます。

もちろん、ホームページを作ってすぐに・・・とは行きませんが、それでもだんだんと新患さんの予約が入り出すのです。

このときに、院内集客で毎月の美容部門の固定費をキープできる状態にしておかないと、この「新患の予約が入り出す」まで、美容部門の継続が出来なくなることが、多くの院が美容の導入に失敗する原因なのです。

だからこそ、まずは美容部門を存続させられるだけの耐久力を院内のみで持たせることが重要ということですね!

 

 

まとめ.美容導入はまずは院内から小さく始める

結局、いきなり大きな利益を上げようと期待し過ぎるからこそ、自分自身で首を締め、美容メニューの導入に失敗する先生が多いということなのですね。

そうではなく、まずは最低限の売上を院内で構築出来るようなところから始めてください^^

広告費まで含めた固定費を院内でキープ出来るようになれば、極端な話外部から新患問合せが1件すら無い月が多少続いたって、美容部門が存続出来るのです。

多くの整骨院・整体院は新規の問合せが1件も来ない月が続いたら、売上0円どころか赤字になってしまうような稼働のさせ方で始めてしまうのがマズイんですね。

もしあなたがこれから美容メニューを導入して、自費の売上を伸ばしていこうと考えているのであれば、ぜひ慌てずに足元の土台をしっかり固めるところから始めて見てくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)