あなたの治療院の分単価設定はそれで大丈夫?

治療院経営においても、ビジネスモデルというものは非常に大切になります。

このビジネスモデルを構築する段階でそもそもの構築ミスをしてしまうと、頑張っても頑張っても売上が目標に達しない、、、という、とても悲しいことになりかねないのです。

その中でも特に大事なことの一つに分類される要素が「分単価」ですね。

耳にタコができるくらい聞いたこともある人もいれば、保険請求の整骨院のみでやっていると未だに「分単価かぁー、どれくらいかなー?」なんて人もいると思います。(最近ではわりと一般的な用語になってきているので、あなたはちゃんと知っていますかね^^)

しかし、この「分単価」の設定があなたの院の売上の大部分を左右してしまうんですよ!

続きを読む

あなたが居なければ自律型スタッフが育つ理由

あなたは現場で働いていて、スタッフが「自分で考えて行動できるスタッフ」に成長してくれればどんなに良いことか・・・と思ったり、考えたりしたことはありませんか?

しかし、現実ではすぐにスタッフが「これはどうすればいいですか?」とか「これで大丈夫ですかね?」と判断を仰いできて、全然自分で考えて行動をしてくれない・・・という場合が本当に一般的です。

だからこそ「どうやったらスタッフが自律して行動してくれるようになりますか??」という相談は結構多いです。汗

でも実は・・・”こういうこと”を辞めることが出来れば、自然とスタッフは自分の判断に従って行動し始めるものなんですよ?

続きを読む

勉強会やセミナーに参加するのに「一番勿体ない」人の思考

普段からいろんな先生に様々な手法をお伝えする立場に立つことが多い自分ですが、当然それと同じくらいセミナーや教材などを購入して、学ぶ立場に立つことも多いです。

その時に、僕には少しでも多くのものを吸収できるようにするために意識している「大事な思考(考え方)」があるのですが・・・(この考え方自体は僕自身、あるコーチコンサルタントさんから教えてもらった思考法ですが。笑)

おかげでいつもどんなセミナーに出てもすぐに成果として回収できる価値を得ることが出来ています^^

しかし、中にはこれとは真逆の考え方をして、せっかくセミナーに参加しているのに、時間を無駄にしてしまっている先生も少なくはないのです。

このようにセミナーから吸収できる「成果」そのものを分けてしまう「ある思考」とはなんなのでしょうか?

続きを読む

整骨院の自費移行はここを勘違いすると失敗する!

保険診療を行いつつも、1つのメニューとして自費メニューを追加して自費導入を押し進めていく整骨院もあれば、思い切って完全に自費移行していく治療院も近頃はどんどん増えていっていますね。

僕のクライアントさんでも自費導入の段階で経営を行っている先生も入れば、すでに完全自費で経営を行っている先生も決して少なくはありません。

ところで、まだ保険診療にばかり頼っている整骨院が自費移行しようとするときに、自費移行した後にも売上を伸ばしていく整骨院と、自費移行したばかりに売上がどんどん下がっていく整骨院と、明暗がはっきりと分かれたりします。

その差はなんなのか?と言われると、「自費移行の全体像」を理解して自費移行をし始めるか、理解せずに自費移行をし始めるか?が大きな差になるのです。

そこで今回は、もしかしたらあなたも勘違いしているかも知れない、治療院の自費移行というものの全体像をお伝えしたいと思います。

続きを読む

ジャムの法則を意識してプレゼンの成約率を伸ばす

あなたは心理学における「ジャムの法則」と呼ばれるメカニズムを聞いたことがあるでしょうか?

実際にコロンビア大学の教授によって行われた実験で、特徴的な結果が得られたことから、マーケティングの世界でもたびたび参考にされる心理作用になります。

治療院業界でいえば、回数券やプリカなどの「販売成約率」に関わってくる部分の作用になるので、もしあなたが「ジャムの法則」をあまり詳しくしらない、名前くらいしか聞いたことがなかったのであれば、ここで改めて1度知ってもらって、治療院経営に役立ててみてくださいね^^

続きを読む

これで患者さんの来院回数を伸ばせ!

あなたの院では、新患さんが来院されても、何故か3回目や4回目くらいで患者さんが理由も分からずに離脱してしまう・・・・・・ということがあったりはしないでしょうか?

多くのクライアントさんからお話を伺っていると、正直これくらいの通院回数のタイミングで患者さんの離脱が増えてしまうことが悩みだという先生は多いです。

では、何故そのような現象が起きやすいのかと言えば・・・

それはもしかしたら、患者さんの心理変化に対して取るべき行動を起こしていなかったせいかも知れません。。。

一体どういう心理変化なのか?一体どう対応していけばいいのか?

今回はそういった部分をお伝えしていきますね。

続きを読む

ブランディングを勘違いしてない?

地域でビジネスを行なっていく場合、自院のブランディングがある程度出来ているとかなり多くの場面で良い影響が受けられます。

これはどんなビジネス、どんな業種でも言えることですね。

例えば、集客ひとつとっても、ブランディング出来ている院と、まったくブランディング出来ていない院では、まったく同じ内容のチラシや広告を行なったとしても、確実に反応は違った数字が出ると言えるでしょう。

そんな大事な「ブランディング」ですが・・・・・・

いろんな先生とお話していると、どーーーもこのブランディングというものを捉え違えている先生が多くいらっしゃるので、今回はちょっとその辺りのお話をしていこうと思います。

続きを読む

リフォーム業者に学ぶ集客の発想の転換

世の中には本当にたくさんの集客手法があります。

ホームページ、チラシ、ミニコミ誌、PPC、各種SNS集客、紹介、ポータルサイト、看板、のぼり、ジョイントベンチャーカードなどなど。

言い出すと切りがありませんが、集客を安定させるために多数の集客媒体の使い方を学ぶことは確かに大事でしょう!

しかし、こういった手法のさらに上の概念として「集客そのものにおける視野」のようなものが存在しています。

そして、この「視野の変更」は媒体を変更する以上に劇的な成果を生む例も少なくないのです!

あまり意識されていない部分かも知れませんが、集客においては根本ともいえる非常に重要な部分とも言えますね。

そこで今回はリフォーム業者が実際に行なった「視野の変更」を例に、治療院業界への応用を考えていきましょう^^

続きを読む

「マーケティング力」プラス「技術」

普段僕のブログでは「マーケティングが大事だ」ということを繰り返し言っていますが・・・・・・

勘違いして欲しくないのが、決して「マーケティング」だけやれば他がいらないって言っているわけではないんですよ?

「マーケティング力」プラス「技術力」(あるいは機械などであれば商品力)がこれからの時代に求められるボーダーラインです!

口コミや評判などがSNSなどで圧倒的に広がりやすくなってしまったこの時代、手技や人間力といったコンテンツそのものの力を高めて他院に差をつけていきましょう!

続きを読む

保険で1回10分の治療と、自費で1回30分の治療

自費導入や自費移行、あるいは高額商品の導入など、治療院業界でもどんどんと「自費化」の波が広がっていますね。

保険が厳しくなってきた・・・とか、そんなことを考えなくとも、収益の柱を増やすという経営におけるアクションとして考えてみても「自費化・自費導入」は非常に妥当なアクションと言えるでしょう。

とはいえ、それでも自費導入が持つ側面である「値上げ」には過敏に反応し、抵抗を覚えてしまう経営者さんが沢山いらっしゃるのも事実です。

そもそも、本質的なことを言えば治療内容を変えることなく、施術の単価を上げていくことは出来るのですが・・・。

とはいえ、もっとも簡単なのはやはり施術方法を変えてしまって、その上で料金も変えていくことが、患者さんも納得しやすいですし、なにより自分自身への納得が行きやすいです。

ちなみに今回はそういった経営側の視点ではなく、少しでも自費移行していくために必要なマインドセットを身につけるために、いかに現代社会では「自費でやってくれたほうが患者さんも助かる」のか?という顧客側の視点についてお話していこうと思います。

続きを読む