あなたの院の患者さんの「ファン度」を表すバロメーター

治療院経営において長く愛される治療院になっていくためには、患者さんに自分の院の「ファン」になってもらうことが非常に重要になります。

特に現在の新型コロナが猛威を振るっているような状況では、いかに「院から離れていかないコアなファン」が居てくれるかどうかがあなたの治療院経営に大きな影響を及ぼします。

本当に自力としての院の売上ベースを上げようと思うなら、やはり患者さんに長く院に居ついてもらうことでカルテ枚数そのものを増やしていけるようになりたいですからね!

ただし、この「ファン」というのは何も長く通ってくれていれば良いというものではありません。

そうではなく「何かあった時にあなたの院を積極的に応援してくれる」ような行動をとってくれる人こそリピーターの枠を超えて「ファン」と呼べる存在になっていくのです。(これはあくまでも僕の中での「ファン」というカテゴリの定義ですので、違う解釈もあると思いますが。)

2021年の治療院経営を安定したものにしていく、そのためにファンを増やすことが今年1年の動きに大きく影響してくることでしょう!

では、実際にどういった行動がファン度を表すバロメーターとして機能するのかというと・・・

続きを読む

あなたの院のボトルネックを修正すれば経営は改善する

自分の治療院の経営を改善していく際のアプローチ方法というのは非常にシンプルです。

具体的な手法は数あれど、経営改善のアプローチを一言で表すのであれば「自分の院の一番弱いボトルネックを解消しろ」ということですね。

いろんな勉強会に行って多くの手法を学びすぎて頭がこんがらがってこんがらがってこんがらがりまくっている先生も少なくないですが・・・汗

経営改善とは実は非常にシンプルに考えられるんですよ!

では、ボトルネックの解消とは具体的にどういったことを指すのかというと・・・

続きを読む

回数券が切れた後にも治療院に通ってもらうために必要な視点

あなたの治療院では、回数券やプリカを導入していたりはするでしょうか?

あるいは、何かしらの継続して通院してもらうための何かしらの仕組みですね。

回数券やプリカ自体は素晴らしい仕組みの1つなのですが、どうしても使い切った時点が縁の切れ目というか、もっとも患者さんが離脱してしまいやすいタイミングになることは間違いありません。

これを「0」にすることは難しいですが、少しでも離脱を減らすために現場で意識しておかなければならないポイントについてお伝えします。

続きを読む

予約枠を全部施術に使ってはいけない

以前は予約制でない治療院のほうが一般的でしたが、最近では予約制(予約優先制)を導入する治療院もずいぶん増えてきましたね。

実際、自費で施術を行う場合であれば予約制でやっておいたほうが正直やりやすいです。

「待たせない(相手の時間を尊重する)」

ということ自体が一つの付加価値になりますからね。

ちなみに、あなたの院では予約枠を何分で取っているでしょうか?

そして、そのうえで施術時間は何分で考えているでしょうか?

「え?どういうこと??予約枠イコール施術時間じゃないの??」

と思った先生は要注意です。

実は、自費施術でやっている場合、予約枠の時間と施術時間がほぼイコールのままだと・・・

残念ながら自費患者さんの満足度は高まっていかないんですよ!

続きを読む

数字の失敗はマーケティングでは取り返せない

治療院経営に限らずですが、基本的にマーケティングというのは数字と心理学が足し合わされたものです。

集客だとかリサーチなんかは、マーケティング活動を構成する表面的なアクションに過ぎず、基本的に本当に地味で大変でめんどくさい数学的な作業の繰り返しがマーケティングの本質とも言えるのです。汗

なので、もともと数字の計算が狂っているものを集客やリサーチなんかの表面的なマーケティングでどうにかしようとしても、絶対に上手く行きません。

つまりどういうことかと言うと・・・商品やメニュー作成の段階で数字に致命的なミスがあれば、集客やリサーチ活動がどれだけ上手くいったとしても、その先には失敗しかないよ、ということですね!

続きを読む

治療院のHP集客は1ぺージに全部の情報を詰めこめ!

現状の治療院集客がHPを中心に回っていることは間違いないです。

もちろんオンラインが強い院、オフラインが強い院と差があるのは事実ですが、この令和の時代にホームぺージを持たずに現在の集客を考えるのはちょっと厳しいですね。(当然スマホ対応しているHPです)

とはいえ、治療院のホームぺージもただ持っているだけで良いわけではなく、あくまでも見た人があなたの院に来たくなるような作りにしておかなければ意味がないですね。汗

良いホームぺージを持ってこそ、はじめて新患さんの人数も増えてくるってものです。

そこで今回は少しでも反応の取れる治療院のホームぺージ構成について、盛り込むべき内容をお伝えしていきましょう!

続きを読む

あなたの治療院が患者さんに選ばれるようになる3つの質問

流行っている整骨院や整体院とは、やはり選ばれるなりの理由があるものです。

そういった院は集客する力が抜きんでているわけですが・・・

その原動力となるのは、院自体の「コンセプト」が地域の人に向かってしっかりと伝えられているということなんですね!

もしあなたの整骨院や整体院をもっともっと流行らせようと思うのであれば、ぜひ次の3つの質問に答えられてみてください^^

きっとあなたの院を流行らせる集客成功のための「コンセプト」のヒントが隠されているはずですよ!

続きを読む

SNSを使った無料集客は有料集客をしっかり使ってこそ効果が上がる

近頃ではInstagram経由での新患さんだったり、youtube経由での新患さんだったりという、SNSを活用した集客で成果を上げる院も増えてきました!(youtubeはSNSというよりは検索エンジンですが。笑)

実際、僕のクライアントさんでもInstagramやyoutubeから毎月安定して新患さんを獲得できている方も少なくないです。

とはいえ・・・

じゃあ広告費を抑えるために、SNSのような無料の集客媒体だけを使ってこれからも上手くやっていけるか??と言われれば、正直厳しいと言わざるを得ないでしょう。汗

時々「無料で集客できるSNSってすげぇ!!」みたいな意見を伺うこともありますが、そもそも有料の集客と無料の集客って、切っても切り離せないものなんですよ?

では、それらの集客媒体をどのように活用していけば院の経営にポジティブな影響を与えられるのかと言うと・・・

続きを読む

ライバルをしっかりとリサーチできているか?

「絶対値」として見た時に自分の院のクオリティを上げていくことは大切ですが・・・

やはり、より大事なのはライバル院を「相対的」に上回ることのほうが経営的には大事だったりします。

自分なりに頑張ったからといっても、それでも同じ商圏内のライバルに負けていたら結局は苦しい立場に置かれちゃうわけですしね。汗

逆に自分的にはまだまだ行けると満足できていなかったとしても、地域ですでに圧倒的に1番であれば、経営的には十分優位に立てるわけなのです。

そこで今回は周りのライバル院に対して優位に立つために、持つべき2つのリサーチの視点についてお伝えします。

普段リサーチなんてほぼしない・・・なんて先生も、この部分だけは少し意識してみてくださいね!

続きを読む

治療院に美容メニューを導入する際にオススメする集客の流れ

あなたの院では、今現在何かしらの美容メニューを導入していたりするでしょうか?

あるいは、今後美容メニューを導入する展望があるでしょうか?

近頃では痩身や発毛のような美容メニューを導入する治療院も少なくなってきましたね。

とはいえ・・・全員が全員上手いこと美容メニューの導入に成功しているかと言えば決してそんなことはありません。

やはり治療とは違った集客に苦戦する先生も少なくないのですね。汗

そこで今回は美容メニューを導入していく際にオススメするスタートアップ時の集客導線作成の流れをお伝えしていきます。

続きを読む