整骨院の経営戦略

整骨院・整体院に通ってもらう頻度はどのくらいが適切なの?

今回は整骨院や整体院において、初診以降どのくらいのペースで来院してもらえれば、リピート率が伸びやすく、その後のバックエンド商品(例えば、継続来院用の回数券や会員など)の購入率などが高くなりやすいかについてお話していきます。

残念ながら統計ってほど正確なデータじゃなく、あくまでも自身の経験談として計測した結果、これくらいが目安だろうという指標ですが、少しは参考になると思いますよ^^

この「適切なペース」を念頭に初回問診を組み立てていかないと、なかなかバックエンド商品を受けてもらえず、リピート率や来院数も伸びていきませんよ!

続きを読む

治療だけでは患者さんとの関係は長く続かないという事実

コンサルなどで良く伺う悩みの一つとして、「治ったら患者さんが来院してくれなくなる」という現象を良く聞きます。

一定数の割合で、痛みが取れれば治療院に用がない人はいるでしょう。

これは確かに否定をできない事実です。

しかし、現実的な話をさせてもらえば、ながーーーく通ってくれている患者さんは「治療目的」のウエイト自体はすごく低くなっている場合がほとんどなのです!

では、そういった方たちは何故ずっと通ってくれているのでしょうか?

続きを読む

全部の信号が青に変わることはない!

事業を経営していくっていうのは本当に難しいことで、どんな経営判断をするにしても、きっと上手くいくんじゃないかという「期待」を持ちながらも、でも失敗したらどうしようという「不安」が拭えないものですよね。

コンサルなどをしていると「これって絶対上手くいきますかね??」みたいなことを聞かれたりもしますが、いくら成功する確率が高くても「絶対」なんてことはあり得ないっていう風にしか答えられないんですよね。汗

で、失敗を恐れて結局行動を起こせない、なんてパターンがあなたの人生にもあったりはしませんか?

もちろん、何か失敗をしでかして損失を被るくらいなら「現状が続けば良い」という気持ちもわからなくないのですが、、、

この「現状が続けば良い」という考え方そのものが、すでに衰退の始まりなんですよ?

続きを読む

あなたの治療院の分単価設定はそれで大丈夫?

治療院経営においても、ビジネスモデルというものは非常に大切になります。

このビジネスモデルを構築する段階でそもそものミスをしてしまうと、頑張っても頑張っても売上が目標に達しない、、、というとても悲しいことになりかねないのです。

その中でも特に大事なことの一つに分類される要素が「分単価」ですね。

耳にタコができるくらい聞いたこともある人もいれば、保険請求の整骨院のみでやっていると未だに「分単価かぁー、どれくらいかなー?」なんて人もいると思います。(最近ではわりと一般的な用語になってきているので、知っていますかね^^)

しかし、この「分単価」の設定があなたの院の売上の大部分を左右してしまうんですよ!

続きを読む

整骨院や整体院で行う朝礼や終礼を疎かにしてはならない

あなたの院では「朝礼」や「終礼」を行っているでしょうか?

本当にあなたが受付も無しに1人でやっているなら、朝礼や終礼は必要ありませんが・・・(というかやりようがないですが。汗)

スタッフを雇っている院はもちろん、バイトやパートの受付さんしかいない院でも朝礼や終礼は必ずやったほうが良いと考えています。

でも、先生1人とあとは受付さんだけって形でやっている整骨院や整体院では朝礼や終礼をやってないことが多いんですよね。汗

なので、スタッフさんを雇い始めたあたりの1人院長先生からはよく「朝礼ってなにすればいいんですか?」みたいなことを聞かれることも多いです。

冗談抜きにして、朝礼や終礼をやっている院はスタッフの結束力が高いことが多く、逆に朝礼や終礼をやっていない院はスタッフとの人間関係に悩んでいることが多いですからね。汗

では、朝礼や終礼ではどんなことを行えば良いのかと言うと・・・

続きを読む

整骨院で交通事故患者を見れるのはもう限界が近づいている

あなたがもし整骨院の経営をしているのであれば、交通事故に遭われた患者さんが来院された時には少しうれしい気持ちになっているかも知れません。

特に保険診療の度合いが高い院であればあるほど、事故患者さんの1回の施術料金というのは他の患者さんと比べてかなり高くなることもめずらしくないので、なおさら事故患者さんには来院してもらいたいことでしょう。(逆に自費診療の単価が高くなってくると、そ事故患者さんが通院したからと言って経営的に大きく助かる、という面は少なくなってきますね。)

確かに整骨院で事故患者さんを見れることは権利ではあります。

ですが・・・実際に現場で働いていると年々事故患者を見ている人数が減少傾向にあることを感じたりすることもあるのではないでしょうか?

今でも例外的に事故患者さんが多い院はもちろんありますが、事故患者さんのランニング数が減っていると感じている先生はきっと多いはずです。

なぜそういった状況になっているかといえば・・・

続きを読む

最終的にライバル院に対して競合優位性を保ち続ける要素

現在では治療院業界にもマーケティングの波がどんどん浸透してきて、以前よりもはるかに集客活動が活発になりましたね。

もはやホームぺージを持っていない治療院のほうが少数派でしょうし、最近ではホットペッパーの掲載規定なども緩くなり、ホットペッパーへ掲載する治療院さんもどんどん増えていますね。

PPC広告やFacebook広告も業者さんに頼めば割とササっと稼働までこぎつけることもできます。(成果が出るかどうかは業者さんの腕次第ですが。汗)

しかし、、、残念ながらこういう「手軽」にできることでは、なかなかライバル院との「差」はつきにくいものなのです。

本当にライバル院と差をつけていきたいのであれば・・・・・・

続きを読む

患者さんに回数券を継続購入してもらいたい先生へ

初回のリピートがうまくいくと、次に考えることは継続して患者さんに通ってもらえるかどうかですね。

継続的に患者さんに通ってもらえるようにするためには、院全体としていろいろと取り組んでいかなければならないこともたくさんありますが・・・

まずは先生がしっかりと意識すれば、今すぐにでもはじめられることはコレです。

すごく単純なことなのに、たまーにここが出来てない先生がいらっしゃるのでお伝えします。

続きを読む

トレーニングジムから学ぶ退蔵益ビジネス

僕は普段運動不足解消のために週2のペースでジムに通っていたのですが、、、

新型コロナが流行り始めてからは、予防を言い訳にジムになかなか通えていません。(というかほとんど行けていません。汗)

しかも、1度途切れるとなかなか次に行くのに、腰が重くなると言うね・・・・・・笑

でも「絶対またいつか通うから!」と、ジムの会費は解約せずに払い続けるわけです。

ここに、ジム経営の妙味があるのですが、、、これって治療院も真似できるのでしょうか??

続きを読む

勉強会やセミナーに参加するのに「一番勿体ない」人の思考

普段からいろんな先生に様々な手法をお伝えする立場に立つことが多い自分ですが、当然それと同じくらいセミナーや教材などを購入して、学ぶ立場に立つことも多いです。

その時に、僕には少しでも多くのものを吸収できるようにするために意識している「大事な考え方」があるのですが・・・おかげでいつもどんなセミナーに出てもすぐに成果として回収できる価値を得ることが出来ています^^

しかし、中にはこれとは真逆の考え方をして、せっかくセミナーに参加しているのに、時間を無駄にしてしまっている先生も少なくはないのです。

このようにセミナーから吸収できる成果そのものを分けてしまう「ある思考」とはなんなのでしょうか?

続きを読む