整骨院の経営戦略

近くにライバル治療院が出来る際に打つべき対策について

お盆休みはしっかりと休めたでしょうか?^^

あるいは、しっかりと休み明けの治療院経営のために普段はできない仕事を時間を作って行えたでしょうか?

クライアントさんの院では、お盆明けから近くにライバル院が出店するということだったので、そのための対策のために動いたりしていました。

実際、最近では大手グループ院さんの治療院がどんどん出店してきているので、あなたの治療院の近くにもライバル院が出来た、なんて話があったかも知れませんね。

そこで今回は、ライバル院が出来る際にできれば事前に打っておきたい対策についてのお話をしたいと思います^^

続きを読む

治療院の電話対応における患者さんの絞り込み判断基準について

よく受ける質問の一つに「新患さんの質を上げるためにはどうしたら良いですか??」というものがあります。

特に初回オファーなんかを入れている院では、どうしても新患さんの質が怪しい人が混じってくるのも事実です。

そんな時にどうすれば良いかといえば、HPをいじるのも一つの手ですが・・・

それよりもお金がかからずに単純に出来るのは「電話対応による絞り込み」を行ってみることです!

とはいえ、一律でどの治療院も新患さんの電話対応による絞り込みを行ったほうが良いというわけでもないので、そこはしっかりとあなたの院の状況を考慮した上で、電話対応の方法を変えていってみましょう!

では、具体的にどういう感じかというと・・・

続きを読む

整骨院の売上は受付さんのクオリティに「わりと左右」される

自分しか治療家がいない整骨院だとしても、受付さんだけは雇っている、という先生は多いのではないでしょうか?

個人的にも、いくら1人治療院にこだわりがあったとしても、受付さんくらいは雇うべきだと考えています。

そして、雇う以上はある程度のクオリティを求めなくてはいけません。

たかが受付と思うなかれ!

クオリティの高い受付さんは、十分整骨院の売上にだって貢献してくれるんですよ^^

では、その際にどういった部分に気を付けてほしいのかというと・・・・・・

続きを読む

あなたの治療院経営の問題のステージは何番目?

治療院経営というものをシンプルにシンプルに見ていくと、実は治療院経営における問題のステージとは大きくわけて5種類のステージに分けられるのです。

あなたの治療院が今どこのステージにいるかどうかで、問題に対して取るべきアクションの内容はまったく変わってきます。

しかし、逆に言えばステージさえしっかりとわかっていれば、問題に対して今何をしなければいけないかもハッキリしているとも言えるわけなのですね!

さて、現在あなたの治療院はどこの問題ステージにいるでしょうか?

続きを読む

数字の失敗はマーケティングでは取り返せない

治療院経営に限らずですが、基本的にマーケティングというのは数字と心理学が足し合わされたものです。

集客だとかリサーチなんかは、表面的なアクションに過ぎず、基本的に本当に地味で大変でめんどくさい数学的な作業の繰り返しがマーケティングの本質なのです。汗

なので、もともと数字の計算が狂っているものを集客やリサーチなんかの表面的なマーケティングでどうにかしようとしても、絶対に上手く行きません。

つまりどういうことかと言うと・・・商品作成の段階で数字にミスがあれば、集客がどれだけ上手くいったとしても、その先には失敗しかないよ、ということですね!

続きを読む

売上があがらないと焦っている時ほど・・・

今回は「7つの習慣」などでも取り上げられる有名なイソップ物語の話を一つをしたいと思います。

が、童話と侮るなかれ。

この話は私たちに非常に多くの教えと成功法則の基礎を教えてくれます。

もしあなたが現在目標を達成することに必死になっているのであれば、一度基本を見返してみるのも良いでしょう。

もし読んだことが無ければ「7つの習慣」自体もぜひ一度は読んでみることをオススメしますよ^^

続きを読む

この性質を手放して治療院経営を成功させる!

今回はマーケティング手法的な話ではなく、考え方・マインド的な部分のお話をさせてもらおうと思います。

治療院経営が上手く行っていない先生にありがちなのですが「あること」に固執してしまって、能力はあるのに成果が出せない・・・と言う状況に陥ってしまっている先生をたまに見かけます。

これは本当にもったいないことで、もともと能力はあるわけですからほんのちょっと考え方を変化させるだけですぐに成果が出たりすることもあるんですね。

まさに成功を妨げる「厄介な性質」とも言えるわけですが、それが一体どんなことなのかというと・・・

続きを読む

「新しい手法」はそれだけで集客力が高まるという事実

人は本能的に新しいこと・変化のあることが好きです。

知り合いに会ったときに「最近なにか変わったことあった?」と聞くことはあっても、「最近何も変わらないことはあった?」とは聞きませんね。笑

実は、この「本能的な部分として変化を求める」という部分は冗談でも何でもなく治療院経営でも重要な視点の一つなのです。

昔からのやり方がダメというわけではありませんが、積極的に「新しい部分」を取り入れているように見せる努力も大事なのですね!

一体どういうことなのかというと・・・

続きを読む

1人治療院ではまずこれくらいのカルテ枚数を獲得できる戦略を軸にしよう

1人治療院で安定して200万から300万の売上を確保するために何が一番大事ですか?と聞かれたらなんて答えるでしょうか?

単価?リピート?離脱率?

答えはそれぞれあって、そのどれもが正解の一部を担っていると思いますが、僕であれば毎月の安定した売上達成を作る基礎となるものは月間のカルテ枚数だと考えます。

実際、1人治療院で200万を超え300万近くの売上を上げる先生たちが、毎月どれくらいのカルテ枚数で院の経営を行っているのかというと・・・

続きを読む

治療院経営はリストマーケティングの概念を取り入れることで安定する

治療院経営というのはなかなか安定を感じることが少ない事業体系だと思います。

基本的には患者さんの通院期間も美容室みたいに長いってこともないですし、ソフトウェア会社みたいに毎月の使用料として月初で一気に目標売上入金!みたいなことも考えにくいですからね。汗

もちろん、既存患者さんは一定数いるでしょうからすぐに崩れるほどでもありませんが、回数券やプリカなどを導入して売上の大半を新患さんに頼っているような院では、なおのこと不安定さが目立つようにもなったりしますよね。汗

そんな「不安定さ」を少しでも緩和するためにも僕としては出来る限り治療院の経営には「リストマーケティング」の概念を取り入れるべきだと考えています。

これだけでも、やるとやらないとでは経営の安定感に大きな差が生まれてきますからね!

あなたの院では、しっかりと導入出来ているでしょうか??

続きを読む