整骨院や整体院の集客は導線作りを徹底的に意識する

  • LINEで送る

新患さんを増やしたい!

新患さんがもっと増えて欲しい!

これは多くの整骨院や整体院の先生が強く思う望みの一つだと思います。

特に新型コロナの影響で来院数が減ってしまっている院さんは、特にそう思っていることでしょう。

とはいえ、ただ待っているだけで新患さんが増えることはありませんし、願うだけで新患の集客が上手くいくわけでもありません。

仕組みとして、新患が増えることを願うのであればあなたがまずはじめにやらなければならないことは「これ」からなんですよ!

整骨院や整体院の集客は導線作りを徹底的に意識する

結論から言えば、新患の人数を増やすためにまず最初に手を付けなければならないことは「現在あなたの院に来ている新患さんの導線をハッキリさせること」に他なりません。

ここがハッキリしないまま、集客力を高めようとしたって、すべてが無駄な空回りになってしまうことだってあるんです!

 

 

集客の導線がハッキリしないから、原因も勘違いしてしまう

僕のクライアントさんにもいました。

話を始めて伺った時に聞いたのは「新患さんがここ半年減り続けている。ネットからの新患が減っているせいだと思うから、ネットでの集客を強化したい」という悩みでした。

そこでまずはじめに、実際に直近1年間の新患さんの集客導線を洗い出してもらったのです。すると・・・

結果から言えば、確かに新患さんの数は月に40人近く来ていたものが、半年くらいで20~25人くらいまで減少していたのですが・・・

実際の数字を出してみると、ネットからの新患さんはほぼ横ばいで、実際に減っていたのは紹介での新患さんと、チラシからの新患さんの数だったのです。

 

そこで実際に行った取り組みとしては、改めて紹介の流れをスタッフさんに徹底してもらうことと、反応が落ちているチラシのデザインを一新して新たに市場で使うことだったんですね。

それだけで再び新患さんの数は40人を超えるまでに復活したのです。

でも、それって当たり前ですよね?だって、下がってたところにしっかりとテコ入れをしたのですから。

もしこれがクライアントさんの言うことをそのまま真に受けてwebのほうを強化しようとしていたら、新患さんを増やすまでにもう少し苦労していたかも知れないのです。(まぁウェブに力を入れれば、それはそれでおそらく新患さんを増やすこと自体は達成できていたとは思いますが。)

このように、どんぶり勘定で新患の人数を把握しようとすると、まったく見当違いの施策を行ってしまうハメになることもありえます。

「対処」というのは「原因」を明確にし、そこに対して行うからこそ効果を発揮し「成果」が得られるのです。

治療でもそうですよね?いきなり施術をするのではなく、まずは問診や触診で痛みの原因を明確にして、それから初めてその原因に対して施術を行うでしょう?

もしあなたの整骨院や整体院で、新患さんの導線がイマイチ不明になっているのであれば、まずは導線をハッキリさせるところからしっかりと行うようにしましょう!

 

 

集客導線の数を増やすことが、一番の仕組みとなる

あなたの整骨院や整体院の集客導線がハッキリできたのであれば、いよいよここからが実際に集客を安定させるための仕組み作りになってきます。

どんなに力を入れたとしても、それが「1」の力だけでは不安定になります。

仮に新患さんが50人来ていようが、それがすべて「SEO」のみで来ているのであれば、それはそれで不安定なのです。(これはたびたびおこなわれているグーグルのアップデートの際に起きたことを考えれば想像がつきますよね?)

もちろん他でも同様で新患さんが30人来ていようと、それがすべて「チラシ」というのであれば、それも結局不安定ってことなんです。

 

つまり、大事なのは「何人新患を獲得できているか?」というよりも「何個、新患さんを獲得できる導線を持っているか?」のほうが安定した整体院経営には大事ってことなのです!

そしてこの「導線」を意図して大量に作っておくことこそが「集客の仕組み」の根幹ともいえる考え方になるのですね!

 

  • SEO対策
  • MEO対策
  • PPC広告
  • エキテン
  • ホットペッパービューティー
  • Facebook広告
  • Youtube
  • Instagram
  • チラシ
  • 店舗看板・野建て看板
  • 紹介
  • 紹介パンフレット
  • 営業活動
  • 店頭ビラ配り

 

などなど・・・

まだまだ沢山ありますが、あなたの整骨院や整体院は一体いくつの(ちゃんと機能している)集客導線を持っているでしょうか?

集客が安定している院というのは、SEOやPPC広告から十数名新患さんを獲得しつつも、MEOからも数名新患さんを獲得し、Instagramからも3~4名新患さんを獲得し、紹介患者さんも数名、チラシからも数名~数十名、営業活動でも数名・・・など、いろんな導線から数名ずつの新患さんを毎月少しずつ獲得できているものなのです!

だからこそ、仮に「たまたま」SEOやPPCからの集客がうまく行かない月があったとしても、他の導線から新患さんが獲得できるから、それほど大きな問題にならず自力の部分で耐えられるのです。

 

「SEOが~SEOが~」と、とにかくこれまでうまく行っていた集客に頼りたくなる気持ちもわかりますが・・・、本当の意味で集客を仕組み化していきたいのであれば大事なのは「(機能している)導線の数」ですよ!

 

 

 

まとめ.導線の数が少なすぎる整骨院や整体院が多い

僕の知る限り、整骨院や整体院は集客に対して用意している導線が少なすぎることが多いです。汗

確かに新しい導線を作るのは一苦労でしょう。

しかし、だからこそ「もしも」ということが起こってしまうと集客に一気に困るようになるのです。

集客を本当に仕組み化して安定させたいのであれば、1つの要素を縦に縦にどんどん伸ばすのではなく(もちろん、それはそれで必要なことですが)、一度改めて横に横に数を広げていくという考えて新しい導線の用意をしていってみてくださいね^^

1つの導線から仮に毎月1人か2人の新患さんしか来ないような導線でも、10個つくれば10人~20人の新患さんになりますからね!

そこにSEOやPPCなどのメインとなる集客媒体から10名~20名ほど上乗せで新患さんを獲得できれば、毎月きっと安定した集客が行えるようになりますよ^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。