あなたの治療院の分単価設定はそれで大丈夫?

  • LINEで送る

治療院経営においても、ビジネスモデルというものは非常に大切になります。

このビジネスモデルを構築する段階でそもそものミスをしてしまうと、頑張っても頑張っても売上が目標に達しない、、、というとても悲しいことになりかねないのです。

その中でも特に大事になるのがいわゆる「分単価」ですね。

耳にタコができるくらい聞いたこともある人もいれば、保険請求の整骨院のみでやっていると未だに「分単価??」なんて人もいると思います。(最近では一般的な用語になってきているので、知っていますかね^^)

しかし、この「分単価」の設定があなたの院の売上の大部分を左右してしまうんですよ!

治療院経営を安定させたいなら、売上目標から時間単価を決めろ!

基本的に今回の話は1人治療院だろうと、スタッフさんを雇っている治療院だろうと同じ考え方です。

分単価さえ決まっていれば、売上というのはおおよそ決まってしまうものなんですね。(計算を単純化するために、保険診療分や交通事故の自賠責で通院されているケースは除外して説明します。)

では、どのように分単価の設定をすればいいのでしょうか?

 

あなたは毎月どれだけの売上をあげたいのか?

例えばあなたが1人院長で働いているとして毎月300万円の売上を目標にしていたとします。

その時のあなたの院の状況が仮にこういう状態だとしましょうか。

 

1カ月の診療日数24日

1日の診療時間8時間(=480分)

施術者1人

 

だとすると、

 

300万 ÷ 24日 ÷ 480分 ÷ 1人 = 約260円

 

この上で1人の患者さんにかかる施術時間が15分なら施術単価は3900円になりますし、20分なら5200円になるわけです。(というか、そうしないと300万円目標に届かい)

 

稼働率も計算に入れる

とはいえ、現実的に1日480分間フルに働き続けるなんて不可能です。1日だけならまだしも、それを継続なんてしてたら、、、、、、本当に体を壊します。汗

なので実際のところは、診療時間に稼働率というものをかけなければいけません。

先生自身の考えもあると思いますが、スタッフを雇っている所なら適切な稼働率はだいたい60%~70%くらいです。それ以上になってくると体感的には「忙しい」と感じるようになります。

ただ、1人院長先生の場合なら稼働率は本人の気合次第で80%を少し超えるくらいでも回せなくもないかなといった感じです。

ここでは仮に稼働率70%としておきましょう。すると480分のうち70%なので、、、

 

300万 ÷ 24日 ÷ 336分 ÷ 1人 = 約372円(目標分単価)

 

となるのです。

なので、現実的にこの治療院で売上300万と目指したいのであれば、1分単価372円に設定しなければいけないというわけです。

ということは、もし1人の患者さんにかかる施術時間が15分なら施術単価は5580円、20分なら7440円にしなければならないのです。(つまり、それだけの金額を払っても良い、と患者さんに思ってもらえるだけの価値提供をしなければならないということ。)

 

いくつかのパターンを見てみましょう

スタッフをしっかりと雇い、負担を分散していると、、、

売上目標400万

1カ月の診療日数25日

1日の診療時間9時間

施術者3人

稼働率60%

 

の場合、

 

400万 ÷ 25日 ÷ 324分 ÷ 3人 = 約164円(目標分単価)

 

施術時間が20分なら、施術単価は3280円の設定になります。

これなら、スタッフさんが施術を行っても十分設定できる金額ですね。

 

あるいは稼働率をめっちゃ上げて、1人ですごく頑張れば、、、

売上目標200万

1カ月の診療日数25日

1日の診療時間9時間

施術者1人

稼働率80%

 

200万 ÷ 25日 ÷ 432分 ÷ 1人 = 約185円(目標分単価)

 

施術時間が20分なら、施術単価は3700円の設定になります。

かなりしんどいですけど、最初のパターンのように1回7440円を患者さんに請求するのが無理、、、というでも、これくらい頑張れば月200万に届くってことです!

 

 

まとめ.あなたの目標が達成できる分単価はいくら?

今回の例は、整体院だと割とそのままの計算ですが、整骨院で保険請求なんかをしていると1回の保険請求分だけ、施術単価の設定が安くてもよくなります。

また、自賠責などの売上も加算される分、実際にはもう少し目標達成は楽にいけるでしょう。

とはいえ、そこに頼っているようでは安定経営ができるとは言えません。

しっかりと自分の目標が達成できる分単価を計算して導き出しておきましょう。

そして、自分の施術価値がその分単価に、あるいは施術単価に見合ってないかも・・・と感じるのであれば、しっかりと自分の施術を納得できるレベルまで持っていくことが大事なことです。

理論上こうなるから、、、なんて価値に見合わない金額を設定しても長続きはしませんからね!笑

あくまでも提供する価値ありきです。

ぜひ、この分単価をしっかりと設定し、あなたの毎月の売上目標を達成できるようにしてみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)