整骨院の経営戦略

骨太な1人治療院を作りたければ「ここ」を強化すること!

いよいよ2020年を迎えますね。

あなたはこれからどんな治療院を作っていくためにがんばるでしょうか?

スタッフをたくさん雇って分院展開していきたいですか?

それとも、1人治療院で自分のやりやすいようにやっていきたいでしょうか?^^

もしあなたが今後「骨太な1人治療院」を目指して頑張っていきたいのであれば、2020年は「ここ」にだけ集中してみてはいかがでしょうか?

ここを頑張るだけで立派な売上の立つ1人治療院に変わっていきますよ!

続きを読む

治療院経営に必要なことは売上のステージによって変わる

今年もいよいよあとわずかとなりました。

あなたの治療院経営は、去年と比べて今年はどうなっていたでしょうか?

思った以上に売上が上がった院もあれば、思う以上に伸びなかった院や、あるいは下がってしまった院もあるかも知れません。。。

競合の数も増え、集客状況などがキツくなったり、あるいはスタッフさんの増減などで院の規模が変化した院なんかもあったりするでしょうしね。汗

そこで今回は来年度の目標設定に向けて、売上規模による取り入れるべき戦略の違いをお話したいと思います。

続きを読む

治療院はリピートアップのためにサンキューレターを必ず送る

あなたは自身の院でサンキューレターを送っていたりするでしょうか?

治療家の先生の中にはサンキューレターなどを送ることに抵抗がある先生もいらっしゃいますが、僕個人としては治療院経営においてサンキューレターを送ることはとても大事なことだと考えています。

患者さんとの関係構築に始まり、リピートアップにも繋がりますしね^^

今回はサンキューレターを導入するにあたって気を付けるべき点などをお話しています。

もしあなたがサンキューレターを導入していないというのであれば、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

続きを読む

現場で意識しなければならない来院頻度を増やすアクション

治療院の売上を上げるためには「総来院数」と「平均来院頻度」と「平均単価」をそれぞれバランスよく伸ばしていく意識が大事です。

美容メニューだとか、物販だとか他の収益もあるかも知れませんが、やはり治療院のメインとなる売上の柱はこの3つに大きく支配されますからね。

普段の記事でも総来院数を伸ばすための方法や、単価を伸ばすための方法は割とお話することが多いのですが、来院頻度を上げるための方法はそこまで頻繁にすることがないので今回はその部分にも触れていきたいと思います。

ちなみに来院頻度を伸ばすために必要なのは小難しい仕組みやらツールではなく、「現場でのある単純なアクション」を行うだけで増やすことが可能になるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね^^

続きを読む

回数券やプリカ販売におけるリピート以外のメリット

回数券やプリカを販売することによって、単発で施術を行うよりも「リピート回数が安定しやすい」ということはよく言われます。

もちろん1回1回で見た時の料金は少し下がっているでしょうから、「リピートが伸びる」という点だけがメリットなのであれば、回数券なんかを使わなくてもしっかりとリピートが取れる先生は回数券やプリカなどの販売はしないほうが良い、とも言えますね。

とはいえ、数回くらいのリピートならまだしも、10回20回の通院となると、さすがに単発よりも回数券やプリカを導入いる院のほうがリピート率が安定する場合が多いですけどね。汗

ただ、実はあまり意識することはありませんが回数券やプリカにはそれ以外にも経営面から見た際の非常に大きなメリットがあったりするんですよ!

回数券やプリカを導入している治療院は、こういった側面も最大限活用できるよう意識されてみてくださいね^^

続きを読む

商品設定・メニューの見せ方が患者さんの通院期間を決める

あなたの院では、普段平均してどれくらいの回数(あるいは期間)患者さんが通ってくれているでしょうか?

十分に満足の行く期間通ってくれる患者さんばかりなら問題ありませんが、中にはなかなか患者さんが居つかくて困っている治療院もあると思います。

こういったリピート・通院期間に関していえば初回問診でのプレゼンも非常に大事なのですが・・・

そもそものことを言えば、あなたの院が選んでいる商品だったり、メニューの見せ方で通院期間が短い新患さんが来ることが決まっていたり、あるいは通院期間の長い患者さんが来ることが決まっていたりすることもあるんですよ!

そういった要素のことを意識しながら、商品選定・メニュー設置をちゃんと行えているでしょうか?

続きを読む

売上比率をコントロールして治療院経営を行わないと目標達成は難しい

あなたは毎月の売上をどのように分割して把握しているでしょうか?

窓口現金?自費施術?保険診療?自賠責?

売上金額の構成自体はいろいろとあなた自身が把握しやすい形があると思いますが・・・

そのうえで是非持っていてもらいたい視点が「新規売上と既存売上」の「売上比率」です。

ここを普段から意識していないと、いつまで経っても治療院経営における「安心感」を手に入れることはできませんよ!

続きを読む

整骨院経営を崩壊させる、経営者がかかりやすい「ある病」

現在、あなたの整骨院経営は上手く軌道に乗っているでしょうか?

それとも、今必死に経営を頑張っているところでしょうか?

今回は「ある程度整骨院の経営が上手くいった先生」がやってしまいがちな、ある「重大な過ち」についてお話します。

自分に関してだけは「そんなバカな。笑」と思っていても、このミスをしてしまう先生が本当に多いのです。

まさに成功した先生がかかりやすい「病」ともいうべき現象なのです。それは・・・・・・

続きを読む

令和時代の1人治療院の生き残り戦略

最近では上手くいっている整骨院がどんどん店舗数を増やして、グループ化を推し進めるという流れを以前よりも見かけるようになりました。

時代は令和を迎え、ますます治療院業界の生き残りをかけたしのぎを削る戦いが激化していくことでしょう。汗

例えば、小さな1人治療院だと近くに大きな整骨院ができるたびに「これから自分の院は大丈夫だろうか・・・」と頭を悩ましている先生もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回はこれからの令和時代における1人治療院が生き残っていくための「1人治療院の立ち位置」の話をしていきたいと思います。

続きを読む

無料にこだわりすぎると速度が大幅に犠牲になってしまう

治療院経営に関わらず、ビジネスを行っていく上で出来る限りコストを抑えることは大切です。

しかし・・・

なんでもかんでもコストを抑えたり、無料にこだわれば良いのかと言われればそれは決してそうではありません。

時にはしっかりと払うべきものを払ったほうが結果的に良い方向に向かうことだって沢山あるのです。

多くの場合、「無料」というものは「速度」を犠牲に成り立っていることが多いですからね。汗

ここを腑に落として意思決定しているかどうかで大きく治療院経営における成果の得られ方が変わるものなんですよ!

続きを読む