整骨院の経営戦略

高単価の治療院が気を付けておくべき経営のリスク

最近では、単価が5000円を超えるような治療院も珍しくなくなってきましたね。

中には、施術単価が10000円を超えるような治療院だってあります。

もちろん、10000円だろうが20000円だろうが、その対価以上の治療価値を提供出来ているのであれば、それは「価格以上の価値がある商品」なわけですが。。。。。。

その上で、高単価のビジネスモデルが陥りやすい経営上の注意点があるのも事実です!

良い部分にだけ目を奪われて、負の側面を見逃してしまわないように気を付けましょう!(この側面は気をつければ、ちゃんとコントロール可能です。)

続きを読む

治療院でも集客商品と利益商品はしっかりと区別をする

治療院経営は正直に言って「時間単価」の世界です。

ここをしっかりと考えて設定し、集客やリピートをうまく回した治療院は経営が安定しますが、「時間単価」を無視した料金設定をした治療院は、仮に集客やリピートがうまくいったとしても、思うように経営は安定しないのです。

どれだけ忙しく働いても、何故か利益が残らない・・・とかね。汗

とはいえ、、、

全部が全部時間単価を優先させればいいのか、と言われるとそんなことなくて、あくまでも時間単価を重視するのはそれが「利益商品」である場合だけなんですね。

集客商品まで時間単価を徹底してしまうと・・・ほぼ間違いなく集客で苦労するハメになりますよ!汗

何がどう違うのかというと・・・

続きを読む

治療院で集客導線を増やすためのメニュー作成のポイント

治療家気質を持つ先生を見ていると、常に新しい技術を習得されるために努力されている姿に頭が下がります。

やはり患者さんの痛みや症状を取り除ける技術を提供してこそ、治療院の存在意義が満たされますしね!

とはいえ・・・

その中には沢山の手技を身に付けたにも関わらず、集客に活かせてなかったり、あるいは沢山の手技を出来るのは自分だけで、どうしてもスタッフに技術を落とし込むことが困難になってしまう先生が居たりするのも事実です。

せっかく学んだ技術が、そのような負のループに巻き込まれてしまわないようにはメニュー作りを意識して作成しなければなりません。

手技を複雑にしすぎず、かつ十分な集客導線を用意するために必要なメニュー作成とはこんな感じですよ!

続きを読む

整骨院が予約制に移行していく際の注意点

もしあなたが自費施術をしっかりと取り入れているのであれば、予約制も一緒に導入されているかも知れません。

しかし整骨院を経営している先生の中には、予約制をまだまだ取り入れていない先生が多いのも事実です。

もちろんメリットもデメリットもあるため、一概に予約制が絶対に良いと言うわけではありませんが・・・

それでもある程度単価が上がってくれば、予約制自体は導入したほうが良いと僕自身は考えています。

というのも「患者さんの時間を守る」ということも価値を感じるサービスの一つだからですね^^

やり始めてしまえば自然になる予約制も、やる前だとどうしても「予約制ってどうなんだろう・・・」としり込みしてしまう気持ちもわかります。

そこで今回は整骨院が予約制を導入していく際に気を付けるべき注意点についてお伝えします。

続きを読む

広告規制後も院内では喜びの声をしっかりと活用し続ける

広告規制が来てしまえば、残念ながらこれまで集めてきたビフォーアフターや喜びの声を前面に押し出してHPやチラシで集客することは出来なくなります。

そのせいか「もう、今更喜びの声を集めても意味ないですよね?」なんて聞かれてしまうことがたまにあります。

確かにこれまでみたいに様々な場面で喜びの声を活用できなくなるのは事実ですが・・・

とはいえ、喜びの声やビフォーアフターを使うのは何も集客だけではないのですね!

集客には使いにくくとも、喜びの声やビフォーアフターは上手に使えばリピート率のアップやプリカや回数券の成約率アップの助けになるのです!

では、どういった部分にこれからは使って頂きたいかというと・・・

続きを読む

あなたの治療院の分単価設定はそれで大丈夫?

治療院経営においても、ビジネスモデルというものは非常に大切になります。

このビジネスモデルを構築する段階でそもそものミスをしてしまうと、頑張っても頑張っても売上が目標に達しない、、、というとても悲しいことになりかねないのです。

その中でも特に大事になるのがいわゆる「分単価」ですね。

耳にタコができるくらい聞いたこともある人もいれば、保険請求の整骨院のみでやっていると未だに「分単価??」なんて人もいると思います。(最近では一般的な用語になってきているので、知っていますかね^^)

しかし、この「分単価」の設定があなたの院の売上の大部分を左右してしまうんですよ!

続きを読む

治療院では商品の見せ方にこだわることで通院期間を伸ばせる

「患者さん一人ひとりの通院期間がもっと伸びてくれたらなー」と思っている先生は多いと思います。

そのために問診の練習をしたり、回数券やプリカなどの仕組みを導入して工夫を凝らすわけですが・・・

その前段階の準備としてHPやチラシにおける「商品の用意・見せ方」が通院期間には大きく関わってくるのです。

この部分をただ「新患さんが来ればいいや」と反応だけを意識して作ってしまうと、通院期間が短い患者さんばかりが集まってしまうような事態に陥ってしまうこともあるのです。汗

では、どういった部分に気を付けなければいけないのかというと・・・

続きを読む

治療院ではマーケティングとセールスの両立を目指す

治療院の経営がうまくいっている治療院というのは、多くの場合「マーケティング(集客と捉えても良いです)」と「セールス」がそれぞれ高いレベルで両立できています。

現場での初回問診でのプレゼン(セールス)だけでもなければ、HPやチラシなどの集客段階(マーケティング)だけが優れているわけでもありません!

よく「適切な見込み客さえ集めればプレゼンしなくても新患さんは回数券やプリカを全員買ってくれるようになるんじゃないですか?」という願望を聞いたりしますが・・・

そういった状態を目指すことはできても、残念ながらそれでセールスやプレゼンが必要無くなるなんてことはないのです。汗

ここを勘違いしたまま、集客に過度な期待をかけてセールスをないがしろにしたりしてはいけませんよ!

続きを読む

治療院の内観や身嗜みはここまでチェックする!

あなたは普段から自分の治療院の内観や身嗜みにどれだけ気を使えているでしょうか?

みんな内観や身嗜みが「大事」なことは頭では理解しているのですが・・・

しかし、毎日同じ場所で施術をしていると、ついつい慣れてしまい目が届かなくなってしまうことも多いようですね。汗

当然ですが、患者さんからすれば、綺麗な院とはそれだけで価値が上がります。

初めて訪れる患者さんほど、治療院の内装や先生の身嗜みなんかを意外としっかり見ているものですが・・・

あなたは普段、特にこういった所を定期的にチェックされていますか?

例えば・・・

続きを読む

近くにライバル治療院が出来る際に打つべき対策について

お盆休みはしっかりと休めたでしょうか?^^

あるいは、しっかりと休み明けの治療院経営のために普段はできない仕事を時間を作って行えたでしょうか?

クライアントさんの院では、お盆明けから近くにライバル院が出店するということだったので、そのための対策のために動いたりしていました。

実際、最近では大手グループ院さんの治療院がどんどん出店してきているので、あなたの治療院の近くにもライバル院が出来た、なんて話があったかも知れませんね。

そこで今回は、ライバル院が出来る際にできれば事前に打っておきたい対策についてのお話をしたいと思います^^

続きを読む