整骨院・整体院に通ってもらう頻度はどのくらいが適切なの?

  • LINEで送る

今回は整骨院や整体院において、初診からどのくらいのペースで来院してもらえれば、リピート率が伸びやすく、その後のバックエンド商品(例えば、継続来院用の回数券や会員など)の購入率などが高くなりやすいかについてお話していきます。

残念ながら統計ってほど正確なデータじゃなく、あくまでもウチの院で計測した結果、これくらいが目安だろうという指標ですが、少しは参考になると思いますよ^^

ここを念頭に初回問診を組み立てていかないと、なかなかバックエンド商品を受けてもらえず、来院数も伸びていきませんよ!

整骨院・整体院はまずはこれくらいの頻度で通ってもらえ!

まずこのお話をする大前提として、あくまでも「必要な場合にはしっかりとした通院ペースを伝えるようにする」ということを覚えておいてください。

患者さん自身が根本改善を望まれていて、そのために10回とか15回とか、あるいは3カ月くらいの通院が必要な場合に伝えて欲しい頻度であって、仮に肘内障などで来院された子供に初回で整復は完了しているのに10回20回このペースで通ってくれ、なんて言ったらだめですよ!笑

あくまでも必要性に応じて、今回の話は利用してください。

 

整骨院・整体院の初診時に伝えて欲しい来院頻度

まず初回で来院された新患さんに伝えて欲しい来院のペースは最初のうちは週2回以上のペースでの通院を勧めて頂きたいです。

ウチでは6回目の通院時に継続通院の話をするような流れでやっていた(継続通院の必要性は初診からずっと話すけど、実際にプレゼンとして話すのが6回目ということ)ので、それ以上先の回数で継続通院を勧める先生にはハッキリとしたことは言えませんが、少なくとも6回目くらいまでの通院のペースが週に1回前後の頻度で通っていた患者さんと、週に2回以上の頻度で通ってくれた患者では、月末に計測するデータでほぼ必ず、週に2回以上の頻度で通ってくれた患者さんのグループのほうが、継続通院の成約率が高かったのです。(もちろん、週に1回の頻度で通ってくれた患者さんが、その後継続通院をまったくしないというわけではないですが、確率的なことを言うと、どうしても下回るという話です。)

ということは、しっかりとした継続通院をすることが望ましい患者さん対しては、初回問診の時点でしっかりと「できれば週2回以上のペース(もちろん必要性があればそれ以上のペース)」で通うことを、まずは提案してあげるべきなんですね。

 

もちろん、保険請求のみで窓口で370円とか500円くらいを頂く整骨院と、毎回の支払いが5000円前後になってくる整体院では、この通院頻度を伝えるハードルがかなり違ってくるのはわかりますが・・・・・・

とはいえ、僕自身のクライアントさんにもこの通院頻度の話はして、実際にこの流れで動いてもらうことが多いわけですが、やっぱり料金が上がろうと週1のペースでしか通わないグループより、週2のペースで通ってくれたグループのほうがバックエンドや継続通院に繋がりやすいという結果は出ているので、あまり金額的な負担を考えて通院ペースを下げることを初回から提案することはよく無さそうですね。(そもそも僕ら治療側が患者さんの財布を心配すること自体が相手に対してかなり失礼なことです。堂々と必要ならしっかりと必要な通院ペースを相手に伝えましょう。)

 

なんで通院頻度が多いほうがリピートの成約率が上がるの?

これに対する推測はいくつかあります。

例えば短い期間でも接触頻度が増えることによって先生への信頼感があがり、結果的にプレゼンに対してポジティブな影響を及ぼしているということはあるでしょう。

実際リピート率と接触頻度の間には大きな相関関係が間違いなくあります。

また、整骨院や整体院の先生が良く言われるように継続通院の話をしようとしたときには、もうすっかり患者さんの状態が良くなっているから継続してくれない、という点もある程度早めに継続通院の話をしていることで、まだ患者さんが自身の痛みに関心を持てている、ということもありそうです。(まぁこれに関していえば、初診からの患者さんに対しての教育ミスとも言えますけどね。詳しくは整骨院や整体院に継続通院してもらいたいなら「最初」が肝心の記事も見てもらいたいです。)

実際、もし週1のペースで通ってもらっていて、6回目に継続通院の話をするとしたら、その時点で1カ月半は初回の通院から経過しているわけですからね。確かに、痛みに対する関心はかなり下がっている可能性は高いです。汗

もちろんこれだけではないでしょうが、初回からの通院頻度を週2以上に設定しておくことで、これらに対してポジティブな効果が働き、結果としてそれ以降の継続通院への成約率が上がると考えています。

 

 

 

まとめ.まずは必要な人には週2以上のペースを提案する

今回の話は初回の患者さんに対して、どれくらいの通院頻度を提案すべきかのお話をしました。

そして、継続通院が決まった後は徐々に来院頻度を落としていき、患者さんにあった通院ペースを見つける作業をしていければよいです。

もちろん、週2のペースでの通院を伝えたからといって、全員がそのペースで来院できるわけではありませんが、まずはこちらからしっかりと伝えることが重要なのです。

継続通院をしてもらうためには、ステップレターを用意したり、しっかりとした患者さん対応をしたり、あるいは商品販売の流れにストーリーを付けたりと、やることが沢山あって大変ですが、この通院ペースを伝えるというのは本当にただしっかりと伝えるだけで十分稼働する仕組みになります。

ですので、もし今現在継続通院の確率やバックエンドの成約率に悩まれているのであれば、ぜひこの通院頻度への提案をしっかりとやってみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)