治療院ブランディングって勝手に出来るものだと思ってない?

  • LINEで送る

あなたの院はすでに地域で一定のブランディングを築けている、と自信を持って言えるでしょうか?

当然ですが、ブランディングが出来上がっている院は集客やリピート、あるいは単価まであらゆる点でブランディングが出来ていない院よりも優位に立てます。

もし、あなたの院がまだブランドと呼べるものを確立出来ていないのであれば、ぜひ今回の話を参考にしてみてくださいね^^

治療院のブランディングは意識的に行わなければならない!

まず、大前提として知っておいてもらいたいことは、ブランディングとは紳士的に何十年も治療院経営を行なった結果、勝手に生まれるもの、、、『ではない』ということです。

ブランディングを意識していなければ、一生懸命何年経営を続けようとも、簡単にブランディングが出来上がるものではないのです。(厳密には、創業100年とか、明治から残る唯一の・・・とか、経年によるブランディングも存在するため全部が全部というわけではありませんが。)

つまり、何が言いたいかと言うと、ブランディングとは「自身で意図して作り上げていくもの」というわけですね!

 

そもそもブランディングってなんなの?

ブランディングって大事そうな気がするけど・・・そもそもブランディングが出来てるってどういう状態を指すの??という人も多いと思います。

これは僕自身の考えですが、ブランディングとは「ターゲットとなる人々の頭の中の占有率を競合よりも高くできている状態」だと考えています。

どういうことかというと・・・

 

コーヒーショップと言えば、一番最初にどこが思いつきますか?

 

多分サンマルクカフェよりは、スターバックスを思い浮かべる人のほうが多いでしょう。笑

 

ハンバーガーショップと言えば、一番最初にどこが思いつきますか??

 

これは多分マクドナルドだったんじゃないですか?最初にフレッシュネスバーガーを思い浮かべた人は熱狂的なファンの人だけでしょう。

 

つまり、こういうことです。

「〇〇といえば?」という質問に対して、「△△かな。。。」とパッと思い浮かんでしまうということは、あなたの中においてそのお店の占有率は高い状態(=ブランディング出来ている状態)ということです。

まさにこの「〇〇といえば、△△だよね」という状態がブランディングが出来ている状態なのです。

 

 

ブランディングにも種類がある

残念ながら、治療院業界でマクドナルドやスターバックス、あるいはドン・キホーテのようなブランディングまで辿り着くことはさすがに厳しいでしょう。泣

それでも、ネットで検索しているユーザーに対して、競合よりも差別化できる程度にはブランディングを行うことは十分可能です。

特に、治療院でとりやすいブランディングの方法は、〇〇ナンバーワンという実績によるブランディングか、あるいは唯一の〇〇という専門性によるブランディングですね。

 

  • 〇〇市エキテンナンバーワン
  • 地域規模最大の治療院
  • 事故患者数ナンバーワン

 

など、実績を伴ったブランディングは競合に対しての差別化に十分なってくれます。

欠点としては、このブランディング方法は実績を作るためのハードルが高いことです。

逆に、

 

  • 〇〇市唯一の外反母趾治療専門院
  • 地域唯一の不妊治療専門院

 

など、分野を絞りきることによって、場合によってはその瞬間地域で唯一の存在になれるオンリーワンでのブランディングも可能です。(地域にどんな治療院があるか調べて、他がやっていない分野の専門を選べばその瞬間オンリーワンですからね。笑)

 

ブランディングは自身が認識しているだけではダメ

とはいえ、自身の院が掲げるブランディングを決めただけではまだ不十分です。

仮にあなたの院は「地域口コミ数NO1の治療院」ならば、ネットやチラシ、あるいは来院する患者さんや店頭看板など、ありとあらゆるところで「地域口コミ数NO1」を押していかなければならないのです!

あるいはあなたの院が「地域唯一のヘルニア治療専門院」で行くと決めたのであれば、同じようにあらゆるメディアを通して「地域唯一のヘルニア治療専門」ということを伝えて行かなければならないのです!

この作業を意図して行なっているか、行なっていないかが、数年後自身の院のポジションを確立できるか、できないかの境目になるのですね!

『事実』だけでは足りません。

『事実』を広く『認知』してもらうことが大切なのです。

なぜならブランディングとは相手に知ってもらう(頭の中の占有率を上げる)ことなのですから。

繰り返し繰り返し、あらゆる媒体を通して地域に「口コミ数NO1」や「唯一のヘルニア治療専門」を伝え続けるからこそ、いつか患者さんに「ヘルニアって診断されちゃった。。。そういえばヘルニア治療を専門でしてくれるところがあったな・・・」と思いだして貰えるのです。

つまり、ブランディングとは結果的にそうなる、というよりも、そうなるように意図して行動した結果手に入るもの、だと言えるでしょう。

 

 

まとめ.あなたはどんなブランドが欲しい?

今回の話からわかるとおり、あなたの院がこれからがんばりさえすればどんなブランディングでも可能になります。

今はまだ何も決まってないかも知れません。

しかし、あなたが「自分の院は〇〇でブランディングして、地域の人に覚えてもらう!」と決め、そのために行動していけば、きっとそのブランドが手に入るのです。

いつか患者さんに覚えてもらえるだろう・・・ではいけません!

あなた自身が先に自分の院のブランドを決定し、そこに地域の人の認識を持っていくのです!

簡単にできるとはいいませんが、決して難しいことではありません。

ぜひがんばってみてくださいね^^

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押して記事をシェア
  • 記事を友人に「ラインで送る」

のどちらかでもして頂き、あなたの友人にもノウハウを共有してもらえると嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)