整骨院の自費移行

「明日また来てくださいね!」と堂々と言えてますか?

自費移行したのは良いけど、なんだかんだで回数券なんかを継続購入してもらえずに患者さんが定着していかない・・・という治療院は多かったりします。

最初の1回目の回数券が出ているだけマシ、と言えるのかも知れませんが、やはり治療院経営で大事なのは継続した既存患者さんを増やしていくこと。

患者さんが継続して回数券やプリカを購入してくれないのは、心情的にも経営的にも苦しいものがありますね。汗

しかし、この「継続してもらえない」ということが患者さんの側の問題ならまだしも、多くの場合先生側に問題があることのほうが多かったりするんですね。汗

もしあなたが今回お話するような「患者さんに継続してもらえない」先生の特徴に当てはまってしまっているのであれば、ぜひ今すぐにでもそんな特徴を消し去って、患者さんに継続して選んでもらえるような治療院を目指していってみてくださいね^^

続きを読む

整骨院や整体院の現場で来院頻度を上げるタイミング

整骨院や整体院というのは本当に料金体系が様々で、それぞれの単価設定で当然戦略も変わってきますね。

単価が8000円とか12000円くらいで施術をしている先生なら患者さんの来院ペースというのはそこまで密にしなくても経営上はほとんど問題にならないでしょう。(施術効果という観点からはまた別の話ですが。)

しかし、単価が500円とか1000円とか、あるいは2000円くらいでやっている整骨院や整体院であれば、ある程度患者さんの来院頻度を上げていかなければ大きく売上に響いてきてしまうものです。

普段はあまり来院頻度を上げるような話をすることは少ないのですが、今回は比較的単価を抑える方針で施術を行っている整骨院や整体院において、患者さんの来院頻度を無理なく上げられるタイミングについてお伝えしていきます。

続きを読む

予約枠の構成を変えてリピート率を上げる

少し忙しい気がするけど、なんとか施術時間は確保している。

施術を雑にやっているってことはない。

施術の効果だって患者さんも感じてくれてると思うし、実際患者さんは良くなったって言ってくれる。

でも、何故か患者さんが離脱していまっている・・・

院にある程度患者さんが増えてきている治療院にたまに起こる現象ですが、こういうタイミングで起きる離脱の原因の一つにこういった現象があります。

続きを読む

「質の悪い患者さんなんていない」と思えば対応が変わる

整骨院や整体院の集客において、僕自身はクライアントさんにも積極的にオファーを使っていくことを提案しています。

やはり患者さんとしても最初の来院はすごく不安なわけですし、ほんの少しでも行動の後押しになるのであれば、それは患者さんのためになると思いますしね^^

しかし、マーケティングなどを特に勉強していない多くの整骨院や整体院の先生は基本的にオファーをすごく嫌がったりすることが多いです。

それは単純に初診料で頂ける金額が少し減るから・・・という理由もあるかも知れませんが、もっとも大きな理由としては「価格を下げたら患者さんの質が悪くなるんじゃないか?」という心配からオファーを設けることに少し抵抗があったりするわけですね。

(まぁ、そもそもオファーというのは初回だけの特典にしか過ぎないので厳密には2回目以降の価格が下がっているわけでもなんでもありませんが・・・。汗)

しかし、本当にリピート率が高い先生の持っている考えとはそんな考え方ではないんですよ!

続きを読む

整骨院の自費移行や単価アップには付加価値が必要不可欠

これまで保険診療のみでやっていた整骨院の先生たちも、今ではどんどん自費移行したり、単価アップのための自費メニュー導入を行っていますね。

個人的にもこれからの時代に保険診療「のみ」でやっていくのは厳しいと考えているので、健全な流れだとは考えています。(保険自体が全部ダメとは思っていませんからね!保険は保険でメリットのある仕組みですから。笑)

では、そういった先生たちが単価アップのために何をしているかと言えば、新しい施術メニューの習得だったり、新しい機械の導入だったり、新しい施術器具の導入だったりしているわけです。

つまり、整骨院のメインの部分である「施術メニュー」に変化を加えて単価アップをはかろうとしているわけです。

たしかにこれはこれで必要なことではあるのですが・・・

でも、実は本当に単価アップや自費移行のために必要なのはこういったメインの部分ではなく、むしろ「こういった部分」なんですよ!

続きを読む

整骨院や整体院の目標達成はメニュー作りの段階で決まる!

整体院や整骨院の経営において、あなたが立てた目標を達成できるかどうかは、実はメニューを作成し終わった段階でほぼほぼ決まってしまうのです。

残念ながら・・・とりあえず今あるメニューで頑張る、では遅いのです!

本当に目標達成したいのであれば、そもそもの大前提として「どんなメニューで頑張るか?」の時点で先生の判断が問われてしまっているのですね!

あなたは今の環境の中でいかに目標を達成するか?ということばかり考えてはいないでしょうか?

確かに雇われているスタッフならそういうこともあるかも知れません。

が、経営者の立場であれば目標達成のためにいっそ「メニュー自体を変えてしまう」というルール変更から行ってしまうことも可能なんですよ!

続きを読む

既存患者さんを値上げしていく際に行うべき施策

整骨院が自費へと移行していくにあたって、大きな方法としては2種類存在します。

1つは新しい料金帯やメニューを作成して「新規」から提案していくこと。

もう1つは新しい料金帯やメニューを作成して「既存患者さんごと」新しい内容へと変更していくこと、です。

当たり前ですが、前者は実施のハードルが低く、後者は実施のハードルが高くなります。

個人的には前者のやり方で時間をかけて自費移行していくほうが安定感があるとは考えていますが・・・

先生の中には後者の方法で一気に院内の仕組みを変えてしまいたい、と考える先生がいるのも事実です。

そこで今回は後者の「既存患者さんごと」値上げして行く際に必ずやっておかなければならない施策についてお伝えしていきます。

続きを読む

整骨院・整体院の初回問診では相手の言葉を使うことが大事

整骨院や整体院で行う、初回問診の重要性は今更説明するまでもないでしょう。(ないよね?みんなそこが重要ってわかってるよね?笑)

ここが上手くいかなければ、そのあとは一切続かないわけですし、いくら新患さんの集客がうまく行ってもどうにもならなくなります。

そんな重要な初回問診なわけですが・・・

じゃあ、初回問診で何を意識すればいいの??って質問すると、イマイチご自身の中で考えがまとまってなかったりするんですね。

もちろん、話の構成だったり、ヒアリングだったり、トークだったりと大事な部分は1つというわけではありませんが・・・

今回はその中でも比較的簡単に意識して変えることができるトーク部分についてお伝えしようと思います。

続きを読む

メニューの見せ方が通院期間を決める

治療家として、先生が見ることのできる症状は多岐にわたると思います。

腰痛や肩こり、頭痛などはもちろん、ヘルニアや五十肩、ギックリ腰や寝違え、さらには野球肘やオスグッドやヘルニアなんかを得意としている先生もいるかも知れませんね。

整骨院の先生であれば、これらに加えて骨折や脱臼なんかを普段から見ている先生もいるかも知れません。

このように治療院では、様々な症状が見れることをHP上なんかでは症状メニューとして掲載することが多いわけですが、実はこのメニューの載せ方によってはただそれだけで「通院期間の短い患者さんばかりが集まってしまう」という状況になったりするのです。

もちろん、それが分かっててやっているのであれば何も問題はありませんが・・・

そうではなく意図せずにそういう掲載にしてしまったばかりに、患者さんの通院期間が伸びずに悩んでいる先生は十分気を付けてくださいね!

続きを読む

整骨院の初回問診では「施術」を売ってはいけない!

整骨院における初回問診の重要性は何度も何度もお伝えしている通りです。

初回でリピートしてもらえなきゃ、そのあとに何も残りませんからね。

それは経営的にもそうですし、治療効果としてもおそらくそうでしょう・・・汗

特に自費移行し始めた整骨院の先生に多いのですが、保険の頃はリピートしてたけど、自費で回数券を導入してからリピートしてもらえなくなった・・・という先生も少なくありません。

回数券の導入なんかでリピート率が上がる先生のほうが多いのですが、やり方を失敗するとどんなに良い仕組みでもリピートしてもらえないですからね。汗

では、こういった先生は何に失敗していることが多いかというと・・・

続きを読む