整骨院の自費移行

高単価の自費施術を支える「治療技術以外」の価値

僕は決してすべての治療院に対して高額な自費施術の導入を勧めているわけではありませんが(グループ院なんかは単価5000円前後くらいで人数を回すスタイルでも問題ありませんしね)、それでも1人院長でやっているところなんかは、回転数の問題もあってやはり施術単価を4000円、6000円、8000円・・・と上げていかないといけない院があるのも事実です。

とは言うものの、保険診療から自費移行した多くの先生が「1回の施術で8000円、、、それはちょっと、、、」と感じてしまうのも事実です。

しかしじゃあ、1回の施術を4000円で提供している院と、1回の施術を8000円で提供している院では、治療技術に2倍の差があるのか??と言われると、正直僕はそんなことないと思っています。(ただ価格設定を変えていてリピートしてないケースは除きますよ?笑。あくまでもこの単価でやっていけている院で考えた時のことです。)

では、どこにその差が生まれるかというと、、、それは「治療技術以外のサービス」だったりするのです!

続きを読む

通院指導の初歩の初歩。治療院はこうやって予約を入れてもらう

治療院の売上を上げる基本公式である「カルテ枚数」×「頻度」×「単価」。

この中でも特に「頻度」というのは、院内での現場努力によって非常に動かしやすい数字と言えます。(単価なんてのは、特に今すぐ上げよう!!って思っても上げられなかったりしますしね。汗)

当然「頻度」をしっかりと伸ばそうと思ったら、しっかりとした通院指導、予約獲得が必須となります。

もしあなたが現在「ちょっと患者さんの通院ペースが遅いんだよな・・・」と感じているのであれば、ぜひ通院指導におけるこの基本を押さえてみてくださいね!

続きを読む

初回問診「でしか」伝えないから途中で離脱してしまう

近頃では初回問診の重要性もどんどん認知されはじめ、初回問診にこだわって頂ける先生は本当に増えてきました。

これ自体はとてもいいことなのですが、とはいえ初回問診に「だけ」力を入れればリピート対策は万事OKというわけでもありません。

特に気を付けたいのが「初回問診で全部伝えきることが重要」ということをちょっと間違って解釈してしまっている場合なのです。

ここを勘違いしたまま初回問診を頑張っても、結局リピート率はあがっていかないんですよ!

どういうことかというと・・・

続きを読む

治療院のリピート率を伸ばすためにバイヤーズリモース対策をしっかりと施す

人の心理現象とは面白いもので、何か物を購入した際に、誰しも同じような「ある精神状態」に陥るらしいです。

この精神状態が治療院の経営者にとって無害なものであれば、何も気にする必要はないのですが・・・

残念ながら、この精神状態になってしまうと極端に患者さんの離脱率が上がってしまう可能性が高まるんですね。汗

つまりしっかりと対策をしておかないと、それだけ治療院のリピート率は下がってしまうってことなんです!

一体、その厄介な「ある精神状態」とは何なのかというと・・・

続きを読む

人は感情によって購入し、理屈で正当化する

整骨院業界の自費移行化の流れに乗って、自費移行を頑張っている先生は多いと思います。

自費メニューを患者さんにしっかりと受けてもらいたいのであれば、当然ですが的を得たプレゼンとクオリティの高い問診が必要になってきます。

そこで今回は自費メニューを患者さんに受けてもらうために必要な「的を得たプレゼン」に必要な3つの要素をお伝えしたいと思います。

続きを読む

治療院の初回問診はクオリファイで成約率を爆増させる!

あなたは初回問診で「クオリファイ」というスキルを十分に活用できているでしょうか?

個人的にはこのスキルを上手に使える先生の初回問診での成約率はかなり高くなると思っています。

もちろん、患者さんの話をちゃんと聞けるヒアリング力や、施術効果を出せる技術があってこそではありますけどね!

とはいえ、回数券やプリカの成約率アップを目指す先生であればぜひ使いこなしてもらいたいスキルでもありますので、実際にどんな場面で使ったりするのかも話ながら紹介していきたいと思います。

続きを読む

整骨院の自費移行とは店のコンセプトを明確にすることこ

整骨院経営において、保険診療のままでもいける人はいけると思いますが、個人的には多くの整骨院にとって自費移行、あるいは自費導入していくことは非常に急務だと思っています。

近頃で行ってしまえば、かなり自費移行して整体院化した整骨院も多いですし、そこまでいかなくても自費導入くらいは行っている整骨院がほとんどになってきていますからね。

そして、この決定は院長である、あなたしか行えない以上、遅かれ早かれどこかで決断しなければいけない問題とも言えるでしょう。

そこで今回は自費移行に対する技術的なものではなく、自費移行とは本質的になんなのか?ということについてお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

治療院が値上げするべき適切なタイミングはここ!

あなたの治療院では、ここ最近で何度値上げを成功させているでしょうか?

リピート率を高めたり、来院数を増やしたりすることも治療院の売上を伸ばすために重要なアクションとなりますが・・・

「値上げ」ほど、治療院の売上に直接的な影響を与える要素は他にありません。

ただしこれは「良く」も「悪く」もですが。笑

値上げを上手なタイミングで行えれば、治療院の売上に非常にポジティブな影響を与えますが、逆に値上げを下手なタイミングで行えば、治療院の売上に非常にネガティブな影響を与えてしまうのですね。汗

では、値上げを行うベストなタイミングがいつなのかというと・・・

続きを読む

整骨院や整体院のリピートを決めるのは「何を話すか」ではない

整骨院や整体院の経営において、新患さんにリピートしてもらうということは、どこまでいっても絶対に絶対にぜーーーったいに切り離せない大事な要素になります。

というか、新患さんがリピートして既存患者さんになってくれなかったら、整骨院や整体院なんて速攻で潰れます。

本当です。

そんな大切な「リピート率」なのですが、未だに「何を伝えればいいか?」、「どんな治療をすればいいか?」で決まると思っている人が多いのです。。。

リピート率に1番関わるのは、そこじゃないんですよ!

続きを読む

整骨院で物販を成功させる2つの戦略

毎月多くの先生とお会いしていると、施術だけではなく物販を導入していきたい、と言われる先生とも多く出会います。

整骨院の先生の中には「整骨院で物販なんて怪しくて売れないよ」とか「いろいろ試したけど、結局整骨院で売れるのは手技だけだったよ」なんて言われる先生も多くおられますが、私自身は整骨院での物販は十分取り組むだけの価値と可能性がある分野だと思っています。

実際にコンサルに入らせて頂いている先生の中には、物販での売上を大きく伸ばしている先生もいらっしゃいます。

いったい上手く行きやすい整骨院の物販と、失敗しやすい整骨院の物販では何が違うのでしょうか?

今回は物販の肝の部分についてお話していきたいと思います。

続きを読む