紹介を増やすために忘れてはいけない大事なポイント

  • LINEで送る

あなたの院では、毎月どれくらいの新患さんが紹介で来てくださってくれているでしょうか?

個人的な視点で言わせてもらえば、紹介がいくら多かったとしても、「紹介だけで集客するよりは、チラシやPPC広告などもしっかりとやっておいたほうが良い」というのが僕の考えですが・・・・・・

それでも、紹介自体は貰えるのであれば、多くもらっておいたほうが良いというのも事実です。

そこで今回は、紹介をしっかりと増やしていくために忘れてはいけない「大事なポイント」をお伝えします。

紹介者探しと、感謝

院内で紹介を起こすために、大前提として知っておいてもらいたいことは、「紹介とは平均で起こるものではない」ということです。

ここを勘違いしたままでは、紹介は一生増えることは無いので気を付けてくださいね^^

 

紹介は1人の人が複数人を、が基本

例えば、紹介とは10人に声をかければ1人が紹介してくれる、といったような平均値で結果が出るものではありません

そうではなく、まずは積極的に紹介をお願いしていって、最初に紹介してくれる人を見つけるのです。

それが5人目で見つかるのか、10人目で見つかるのか、20人目で見つかるのか、というのは誰にもわかりません。

ただ、しっかりとあなたが施術を行い、誠心誠意お願いしているのであれば、必ず紹介してくれる患者さんは見つかります。

そうして見つけたあなたの院を紹介してくれる患者さんというのは、面白いもので1人ではなく、2人や3人など、複数人の紹介を行なってくれることが多いのです!

つまり、1人紹介してくれたらOK。

また紹介してくれる人を探そう、なんていう意識では、紹介者の数は最大化しないということなのです!

 

大事なのは、紹介してくれた後の対応

とはいえ、じゃあ勝手に何人も紹介してくれるのか?と言えば、そうではありません。

ここが大事なポイントで、紹介してくれた人に対してどんなアプローチを取っているか?が、複数人の紹介を起こすために必要になってくる部分なのです。

具体的にどういうことかと言うと、

  • しっかりと感謝を伝えているか?
  • もう1度紹介をお願いしているか?

という2点になります。

 

しっかりと感謝を伝えているか?

例えば、紹介者と一緒に来られた場合なんかはそれほど問題ないと思います。

その場で、「連れてきてくださって、ありがとうございます^^」と、きっと伝えていることでしょう。

しかし、問題なのは紹介者が1人で来られるケースですね。

新患さんとして来院されて、問診表に「紹介」とだけ書かれている。こういった場合では、しっかりと誰からの紹介なのかを聞くことが大事になります。(でないと、誰からの紹介かわからないまま終わりますからね。汗)

そして、誰からの紹介かわかったら、しっかりとその患者さんにお礼状を送るのです。別に難しく考える必要はありません。感謝の気持ちを書いたハガキや手紙を送ればいいのですね^^

(もし、頻繁に通っているような方からの紹介であれば、最悪次の来院時に伝えるのもアリといえばアリです。)

しかし、特別感を演出するためにも、紹介してくれた時には手間をかけてお礼状を送る、というようなことをしたいところですね!

また、感謝の手紙の中には、「紹介してくれた〇〇さんは、しっかりと責任を持って治します」というようなメッセージを入れておくと、紹介してくれた患者さんはきっと喜びますので、なお良いでしょう。

 

もう1度紹介をお願いしているか?

そして、これも大事です。

大前提で述べたように、紹介とは同じ患者さんが何人も紹介してくれることによって最大化します。ぶっちゃけ紹介してくれない人は、何度お願いしても誰も紹介してくれません。笑

ということは、逆に1度紹介してくれた人は、その後の対応さえしっかりとすれば(感謝状を送るなど)、またお願いすれば、別の人を紹介してくれる確率がぐっと上がるのです。

ついつい、「もう1人紹介してくれたのに、またお願いするのは申し訳ない気がする・・・」と気が引けがちになってしまうのですが、そこは引け目を感じることなく、堂々と「もし、また他にもお身体の調子が悪い人がいましたら、当院を紹介してくださいね!」と伝えるべきなのです。

いくら紹介してくれたからと言っても、放っておいて勝手に紹介を続けてくれるわけではないので気を付けましょう!

 

 

まとめ.治療院の紹介は自分がどれだけしっかりと対応しているか?

紹介が続くかどうかは、紹介してくれた後にどれだけ紹介者に対して自分がしっかりと対応したか?で、決まります。

紹介してくれた人に、ただ「ありがとう」で終わってないでしょうか?あるいは、そもそも紹介者に対してしっかりと感謝の意を伝えていない、なんてことは無いでしょうか?

紹介は1人の人から連鎖させるものです。

その連鎖の最初で、あなた自身が対応を間違えることによって、その後に起こる紹介を断ち切ってしまっている可能性もあるのです。

もしあなたが「あんまり紹介が増えないな・・・」と思っているのであれば、ぜひ一度紹介してくれた人に送る感謝の手紙などから作成をはじめてはいかがでしょうか?^^

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押して記事をシェア
  • 記事を友人に「ラインで送る」

のどちらかでもして頂き、あなたの友人にもノウハウを共有してもらえると嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)