整骨院の集客法

ホットペッパービューティ―を活用して整骨院・整体院の集客を増やす

あなたの院ではホットペッパービューティーを集客媒体として活用していたりはするでしょうか?

まぁ色々と賛否両論耳にする媒体ではありますよね。笑

めちゃくちゃ沢山新患さんを連れてきてくれるありがたい媒体、という声を聞くこともあれば、質が悪くてまったく集客媒体として使えたもんじゃない・・・なんて声も耳にするくらいです。

何故このような極端な評価を耳にするのかといえば、どの媒体にも共通して言えることですが、結局「媒体そのもの」がどうっていう訳では無く、うまく使えるか、うまく使えていないかの差だったりするわけですが・・・

そこで今回は「ホットペッパービューティ―」を整骨院・整体院の集客にうまく活用していくポイントについてお伝えしていこうと思います。

続きを読む

最初からベストオファーを試すことの重要性

あなたはホームページやホットペッパービューティー、チラシなどで集客をする際に、しっかりとオファーなどは用意出来ているでしょうか?

オファーをしっかりと使っている先生もいれば、HPのどこにもオファーを用意していない先生もまだまだ多かったりしますね。

このオファーというものは、新患さんを大量に集めるためには非常に有効な一手にもなりえる要素なので、個人的にはぜひ上手に使ってもらいたいと思っているのですが・・・・・・

治療院業界の先生たちの中にはオファー嫌いな先生もわりと多かったりするせいか、テスト段階だというのに、ちょっと思い切りが足りないオファーから始めてしまうことで、結果的に時間を失っている先生も多いように思います。

オファーを導入するのであれば、導入の仕方にも注意すべき点があるのですね!

それがどういった部分なのかと言うと・・・

続きを読む

治療院で集客を始める前に自院のコンセプトを明確にしておく

治療院で集客を行っていく際に、集客自体にいろいろな手法やテクニックがあることは事実です。

確かに、そういったものを知っているか知らないかで集客力に差が生まれてしまうことがあったりはしますが・・・

しかしそもそもで言えば、そういった手法やテクニックに拘る以前の「前準備」が圧倒的に足りていないことが、治療院での集客における大きな差を生んでしまっていることも少なくないんですよ!

それは、手法やテクニック以前にあなた自身が考えておかなければいけないあなた自身の院に対する「コンセプト」に関する話なのです。

これはどういうことなのかというと・・・

続きを読む

LINE公式アカウントのリッチメニューから他のSNSリンクに飛べなくなってる!?

あなたは普段公式LINEアカウントの「リッチメニュー」機能を使っているでしょうか?

トーク画面の下の方に出てくる画像リンクのやつですね^^

クリックすればブログに飛んでもらったり、Instagramを見てもらえたりと、LINE公式アカウントを入口として自院のコンテンツを自然な形で患者さんに認知してもらいやすくなる便利な機能ですね!

色々と各種SNSなんかを作りこんでいる先生ほど、リッチメニューも同様に使い込んでいるのではないかと思います。

今回はそんなリッチメニューですが、ちょっとした不都合が起こってしまっているという相談を受けたので情報のほうをシェアしておきたいと思います。

問題が起こっていない先生は気にされなくて大丈夫ですが、リッチメニューを使っている先生は念のため設定を確認されておいてくださいね!

続きを読む

整骨院に適切な新患さんを集客するために必ずやること

集客を始める時は「自分が欲しい患者さんに来てもらうためにペルソナをしっかりと設定することが大事」なんてことを聞いたことはありませんか?

自分の院にあった患者さんを集めるというのは、集客における費用対効果を高めるためには必須の考え方になってきます。

極端な例を挙げれば産後の骨盤矯正専門でやってる院に、ご高齢の男性患者さんが来てしまったとしたら、なかなかベストな提案もしにくいですからね。

まぁさすがにここまで大きく外れているケースは少ないかも知れませんが。汗

と言っても、各集客媒体を使う際に、イマイチ自分の設定しているペルソナが合っているのか??と言われるとわかりにくいところがありますよね。笑

そこで今回はこのペルソナの設定が各媒体ごとにしっかりと稼働しているかどうかをチェックするための簡単な方法をお伝えしましょう。

続きを読む

整骨院・整体院集客に使うべきグーグルマイマップの使い方

PPC広告を行うにせよ、チラシを撒くにせよ、整骨院や整体院の集客を考える際に「広告を出稿する範囲」はとても重要な判断を要する項目になります。

範囲を適当に決めて配った2万部のチラシと、範囲を狙いすまして配った1万部のチラシの反応数が同じなんてこともあります。

あるいは、無駄に範囲を広げすぎたPPC広告と、厳密に範囲を絞ったPPC広告とでは、コンバージョン単価に1000円以上の差がついたりもするのです。

それくらい「範囲」というものは重要なのに、ほとんどの先生が「たぶんいつもこの範囲から患者さんが来てるだろう、なんかいつもこの住所見てる気がするし」くらいの感覚でカルテを引っ張り出すこともなく配布範囲や、出稿範囲を決めてしまっていたりするんですね。

めちゃくちゃ感度が良い先生なら、それでもある程度適切な地域に広告を出稿できるかも知れませんが、、、意外と感覚と実際のデータってズレてるもんなんですよ?汗

そんな時に使って欲しい、すごく簡単にあなたの院で集客をかける際に出稿範囲を過去のデータから算出できるのが「グーグルマイマップ」というサービスです!

以前にも紹介させてもらいましたが、無料で使える本当に便利な機能なのでぜひ使い倒してくださいね^^

続きを読む

整骨院や整体院の集客は導線作りを徹底的に意識する

新患さんを増やしたい!

新患さんがもっと増えて欲しい!

これは多くの整骨院や整体院の先生が強く思う望みの一つだと思います。

リピートや離脱率の改善でカルテ枚数自体は増やせるとは言っても、やはり入ってくる数が増えればその分経営がうまく行きやすくなるのも事実ですからね。

5月や6月なんかは、治療院業界では自然と新患さんも増えやすいタイミングなので、今はたまたま新患さんが増えているかもしれませんが・・・

とはいえ、本来はただ待っているだけで新患さんが増えることはありませんし、願うだけで新患の集客が上手くいくわけでもありません。

仕組みとして、新患が増えることを願うのであればあなたがまずはじめにやらなければならないことは「これ」からなんですよ!

続きを読む

集客コストは下げたいけど、新患さんの人数は減らしたくないです

今回は経営と集客に関わる大事な話をしたいと思います。

それは・・・

「集客を行う際にかかるコストを減らす努力は非常に大事だけど、その点を集客における最重要点に置いてしまうと集客が破綻する」という考えです。

この考えがしっかりとインストールされれば、あなたの院の集客力と経営がとても力強くなります。

逆に、どうにもこの考え方が受け入れられなければ、令和を迎えたこれからの時代ではだんだんと集客を行うことが難しくなり、経営も厳しくなってくるでしょう。汗

何故このような考えになるのかと言うと、、、

続きを読む

治療院の集客は年々厳しくなっているということを受け入れる

コンサルタントという仕事柄、クライアントさんの集客周りのことをお世話する機会も非常に多いです。

その時に良く聞くのが「前にやったときはもっと成果が出たのに今はあまり成果が出なかった・・・」というような意見です。

これはSEOで1位だった時のことかも知れませんし、昔に撒いたチラシデザインかも知れませんし、数年前にやっていたPPC広告のことかも知れませんし、過去に1度だけ試してみたFacebook広告のことかも知れません。

要は以前にやった時にはもっとお金もかけずに、大きな成果が出た気がするのに、何故今はそれほど成果が出ないのか・・・という悔しい気持ちを抱えていらっしゃるわけですね。

これは確かに悔しいことではあるかも知れませんが、残念ながら治療院の集客を取り巻く現状というのは基本的にどんどん厳しい方向に動いていっているという現実を、感情の面からも受け入れなければならないのですね。

このことをしっかりと受け入れておかないと、治療院経営における判断をする際の「判断ミス」の原因となってしまうかも知れないからです!

実際にどのような変化が来ており、それに対してどんな対応を取っていかなければならないかというと・・・

続きを読む

オファーはそれほど新患さんの質を落としてしまうのか??

あなたの治療院のHPには現在オファーの提示はされているでしょうか?

すでにHPにオファーを掲載している先生からすれば意外に思われるかも知れませんが、ご自身のHPにオファーを掲載していない先生というのは割と多かったりします。

その理由自体は先生によって様々かも知れませんが、もっともよく耳にする理由の一つは「新患さんの質が低下するのが嫌」というケースですね。

確かに心配していること自体は分かるのですが・・・・・・

実際にオファーを付けている治療院に来る新患さんはみんな質が低いのでしょうか?

逆に、オファーを付けていない院に来る新患さんはみんな質が高いのでしょうか?

決して、そんなことはありませんね。

今回はそんなオファーに対する誤った認識と、オファーを付けることでどの程度の影響が出たりするのかを、実際の数字を交えてお伝えしたいと思います。

続きを読む