整骨院の集客法

治療院で集客ができない3つの理由

おそらく多くの治療院の1番の悩みが「集客が思ったよりうまくできていない」(もっと新患さんが欲しい)ということだと思います。

あなたもそういったことに心辺りがあったりすることもあるのではないでしょうか?

もちろん集客ができないという事だけでなく、問診やリピート率アップの仕組みなども大事なので、集客だけやっていれば治療院の問題がすべて解決するという訳でもありませんが・・・

それでも大きな悩みの1つとして「自分の院の集客ができない」という問題は解決していかなければなりません。

そこで今回は集客が上手くいっていない治療院がどのような部分で引っかかっていることが多いかについてお伝えしていきましょう。

こういった部分を一つ一つ解決していくことで、必ず集客状況が上向いてくるはずですよ!

続きを読む

おかしいな?と思った時はヒアリングを徹底する

少し以前の話ですが、他院でうまくいったチラシのデザインを写真などを含めて少しだけ手直しして、改めてチラシを配布したクライアントさんがいました。

とりあえず他院で成果が出たデザインだし、そこまで無理なく使っていけそうな感じだったので、ある程度の成果は出るだろうと踏んでいたのですが・・・・・・

そこで出た反応がちょっと「あれ???なんでこうなった???」という反応だったので、その時に起こった現象と、そしてその現象に対して行った解決策についてお話していきます^^

いやー、やっぱり最後は「これ」が大事ですよね!

続きを読む

整骨院・整体院の集客は投資額に目を奪われてはならない!

治療院経営において、あなたはこれまでに沢山のお金を使い、様々な集客活動を行ってきたことがあると思います。

HP作成はもちろんのこと、有料のポータルサイトへの登録をしたり、チラシを撒いてみたり、PPC広告をかけてみたり、Instagram広告やLINE広告なんかもやったことがあるかも知れませんね。

その際に「うわー、、、やっぱり結構お金がかかるなぁ。。。ちょっとしんどいかも。。。」なんて思ったり考えたりしたことはないでしょうか?

そう思うだけならまだしも、中にはその気持ちが大きくなりすぎて広告費をかけることを控えたり、使っていた媒体を使わなくなったり・・・なんていう行動を取ってしまう先生も決して少なくはないのですね。

確かに気持ちはわかるのですが、、、整骨院や整体院での集客を続けていきたいのであれば、投資額にばかり目を奪われてはならないんですよ!

とても大事なことなので過去にも何度か触れている話題ですが、集客コストに関して言えば、本当に注視しなければいけない数字が他にあるのです!

今回はそういった本当に見なくてはいけない数字や、集客にかかる投資に対するマインドについてのお話をしていきたいと思います。

続きを読む

店頭集客を活発化させるためのA型看板やのぼりの工夫

治療院の立地にもよりますが、通りがかりからの集客も1つの立派な導線となっている治療院もあるでしょう。

駅前やバス停前の店舗などならバンバン目の前を人が通るでしょうし、逆にマンションの一室経営だと部屋の前を誰かが通るなんていうのはちょっと考えにくいですし、そこは完全に立地次第ではありますが。汗

通りがかり患者さんはネットなどからの集客と比べて本気度が高くない患者さんが混じる場合も多く、それほど重要視されてない先生もいらっしゃるかも知れませんが・・・

とはいえ、別に通りがかりで訪れる人が全員ダメってわけじゃありませんからね^^

実際通りがかりで来られた患者さんが回数券を購入されて、今でもずっと通ってる、なんて治療院だっていくらでもいるくらいです。

そこで今回は、通りがかり患者さんの新規獲得を増やすために行って欲しい店頭でのA型看板の設置や、のぼりについての工夫についてお伝えしたいと思います。

続きを読む

整骨院や整体院の現場で紹介を増やすための最初のトーク

整骨院や整体院の集客導線として常に大事なのが「紹介」です。

紹介に頼り切りになるのは、それはそれで問題がありますが・・・汗

それでも毎月安定して紹介を得られることは整骨院や整体院の経営にとって非常に重要なことです。

紹介で来られる患者さんはあなたの院への信頼性がある程度担保された状態で来てくれるものですし、何と言っても集客コストが実質タダみたいなもんですからね!素晴らしいことです!笑

これまでも何度かお話してきましたが、改めて現場で紹介を増やすために意識してもらいたい最初のトークの流れをお伝えしていきます^^

続きを読む

治療院集客はプル型集客とプッシュ型集客を上手に使い分ける

治療院の集客における一つの成功パターンとして、プッシュ型の集客とプル型の集客を上手に使い分けられている、ということがあります。

この2つを上手に使えている治療院は、やはり新患さんの人数も毎月安定して多い印象です。

逆にこの2つをタイミングよく上手く使い分けられていないと、集客が不安定になる可能性が高くなるのです。

費用対効果だけで言えば、プル型広告のみを使っていたほうがぶっちゃけ安くなるのは事実なのですが、集客の安定感という意味では両方を上手く使いこなしている院のほうが圧倒的に安定感のある経営を行っている事のほうが多いです。

ちなみに、あなたはプッシュ型の集客とプル型の集客をどれだけ意識して使い分けられているでしょうか??

費用とか印象の問題だけで、使えるものを使わず、自ら選択肢を狭めていないでしょうか?

この2つを上手に使い分けることが出来れば、かなりの確率で今のあなたの院に来院している新患さんの数を増やすことが出来るので、ぜひトライしてみてくださいね!

続きを読む

自分の治療院に、毎月何人の新患が来ればいいか把握してる?

整骨院や整体院において、毎月訪れる新患さんの人数は非常に重要になってきます。

新患さんが少ないよりは、多いほうが経営的にも間違いなく楽ですしね!

とはいえ、じゃあ来れば来るだけいいのか?と言われれば、答えはNOです。

僕のクライアントさんにも一部ですが「新規が来すぎて他の数字が落ちている」院もあるのも事実なんですね。(嬉しい悩みではありますが。笑)

新患さんがたくさん来れば、多くの問題は解決するけれど、それはそれで別の問題を引き起こすってことですね。汗

そういった先生はわざとPPC広告の予算を下げたり、電話での予約受け入れの基準をめちゃくちゃ厳しくして新患さんの人数をあえて下げるようコントロールしているわけです。

まさに、過ぎたるは猶及ばざるが如し、というわけですね。汗

そこで今回は、過不足なくしっかりと目標の売上を達成するための「あなたの院に必要な新患人数」をお伝えします。

続きを読む

治療院では予約フォームを簡略化することで予約数を伸ばす!

あなたの院では新規の患者さんの予約受付をどのように行っているでしょうか?

十数年前なら電話予約だけ、という治療院もあったでしょうが、現在ではほとんどの院が最低でも電話予約に加えてメール予約くらいはできるようにしていますし、最近では公式LINEアカウントなどによって24時間予約を受け付けている院もかなり多くなってきていますね!

あとは、院によっては予約専用フォームを用意している院もあるでしょう。

ちなみにこのメール予約やLINE予約ですが、いろんな治療院のホームページを見ていると、ちょこちょこ「やりすぎてるなー。汗」という院が目に付いたりします。

ぶっちゃけ、メール予約やLINE予約の申し込みフォームが最適化されていないばっかりに予約の取りこぼしが増えそうなケースも多々見受けられますし、実際僕のクライアントさんでも過去に似たようなことが原因で予約の取りこぼしが増えていたことがあったのです。

では一体、どういった部分に問題が起こりやすいのかというと・・・

続きを読む

整骨院の集客は喜びの声をフル活用しなければならない

あなたの院では、毎月しっかりと患者さんから喜びの声を頂ける環境ができているでしょうか?

口コミ数は毎月ちゃんと右肩上がりに増えているでしょうか?

ハッキリ言って、これからの集客は患者さんからの喜びの声や口コミをどれだけ熱心にもらっていたか?が明暗を分ける時代が来ます。

もちろん、ホームページやチラシなんかでは見た目が良いデザインなのも大事ですし、コピーライティングが上手なのも大事です。

しかし、チラシにせよホームぺージにせよ、最後の決め手は喜びの声の質と量なのです!

続きを読む

締切を創る。締切の無い集客は全て反応が下がると思え

あまり意識することは無いかも知れませんが、チラシやホームページ、DMなど、ありとあらゆる集客媒体において、絶対に外してはいけないものが「締切」です。

キャンペーンなども含めた、何かしらの集客を行う際に、この「締切」が反応に及ぼす影響というのは、思っている以上に大きいのです。

あなたは何かの集客を行う際や、何かのキャンペーンなどを行う際に、「締切」をしっかりと意識して設定出来ているでしょうか?

適当だったとしても締切を付けているならまだしも、締切そのものの記載をしていない、なんてことがあったりはしないでしょうか?

以前の話にはなりますがテスト的に、内容はほぼ同じで「片方は締切を明記」して、「もう片方は締切を記載しなかった」ものをチラシで配布したことがあるんですが。。。

どんな結果だったと思いますか?笑

続きを読む