店頭集客を活発化させるためのA型看板やのぼりの工夫

  • LINEで送る

治療院の立地にもよりますが、通りがかりからの集客も1つの立派な導線となっている治療院もあるでしょう。

駅前の店舗ならバンバン目の前を人が通るでしょうし、逆にマンションの一室経営だと部屋の前を誰かが通るなんていうのはちょっと考えにくいですし、立地次第ではありますが。汗

通りがかり患者さんはネットなどからの集客と比べて本気度が高くない患者さんが混じる場合も多く、それほど重要視されてない先生もいらっしゃるかも知れませんが・・・

とはいえ、別に通りがかりで訪れる人が全員ダメってわけじゃありませんからね^^

そこで今回は、通りがかり患者さんの新規獲得を増やすために行って欲しい店頭でのA型看板の設置や、のぼりについての工夫についてお伝えしたいと思います。

店頭集客を活発化させるためのA型看板やのぼりの工夫

A型看板やのぼりに関して言えば、確かに丁寧に作り込むことも大事なんですが、一番大事なことは「定期的に内容を変更して風景化させない」ということになります。

100点満点のA型看板を作っちゃうと消すのが勿体なく感じて、そのままずっと同じものを使い続けちゃったりするでしょう?笑

でも、それよりも70点~80点程度の出来栄えでいいから、1週間ごとにどんどん内容やデザインを変えてっちゃうほうが反応としては高まることが多いんですね!

ちなみに、反応が高かったデザインなんかは写メにしておいて、数カ月後にまた同じデザインを使えるようにしておきましょう!あまりA型看板のデザインを残しておく人はいませんが、年間に数回くらい同じデザインに戻っても、誰も覚えていないので全然OKですよ!あくまでも使い続けるのを避けた方が良いってだけです。

のぼりに関しても同様で、はじめから何種類か作っておいて、定期的に表に出すのぼりを変えることで対応するようにしましょう。

 

 

同じものを使い続ける弊害

基本的に通りがかりの集客というのは、普段から店舗の前を頻繁に通ってる人をターゲットにするわけですね。(通勤や、普段利用するスーパーに通うように、基本的には何度も通る人を対象にしているわけです。)

あなた自身にも経験があると思いますが、いつも通ってる道に新しいお店とかができると「お?なんか新しい店が出来てるじゃん」って目に付きませんか?

人は「今までなかったもの」が急にできると、意識がそちらに向きやすくなる性質があるんですね。

これはブラックボードやのぼりも同じで、「昨日」と別のものが出てたりすると目につきやすくなるのです。

 

逆にずっと代わり映えのしない店舗というのは特に意識を向けることもないから、通りのお店を思い出そうとすると「あれ?あの辺なんのお店があるんだったっけ??」と意識に残りにくかったりするんですね。完全に風景化してしまってるわけです。汗

こうなってしまうと店頭からの通りがかり集客はかなり厳しくなってしまうので、まずはA型看板やのぼりなどを定期的にコロコロ変更していくことで「風景化させない」ための工夫が必要になってくるのです。

 

 

できれば持ち帰れるものを用意しておく

また、A型看板などを設置する場合はできれば自由に持ち帰ってもらえるチラシやリーフレットなども用意しておきましょう。

通ってる人が暇とは限りませんし、興味を持ったからといってすぐに入ってくれるとも限りませんからね。

ちゃんと興味を持ってくれた人が後からゆっくり調べらえるようにするためのツールはしっかりと用意しておきましょう^^

 

1点気を付ける点としてはこういったツールを「店舗入り口の目の前には置かないようにする」ということです。

店舗の目の前って受付さんと目もあったりするし、まだ入る気がなくて気になっている段階だと取りずらいんですよね。汗

できればシレっと取って行ってもらえるように、こういったツールは入り口から少し離れた場所に設置しておくようにしましょう!

 

 

 

まとめ.内容よりも変化が大事

僕のクライアントさんでも、良い出来栄えだったA型看板をずっと出し続けている店舗さんがあったのですが、あまりにも設置してあるチラシの減りが遅いからやめちゃった、という店舗さんがあったのですが・・・(月に1~2枚くらいしかチラシが減らなかったんだとか。)

今回のようにA型看板の内容を1週間に2回くらい変更するようにしたところ、これまで月1~2枚しか減らなかった設置チラシが、毎週3~4枚無くなるようになった!と喜んでいるクライアントさんもいらっしゃいました。

郊外型にも関わらず、中にはひと月で20枚~30枚もA型看板からチラシを持って行ってもらえるクライアントさんもいます。

内容もそうですけど、単純にターゲットも変わりますからパイが増えるということも効果としては大きかったんでしょうね^^

それくらい「変化」をつけることは大事ってことです。

番外編としては変化をつける意味でも(スタッフの人数や時間に余裕があれば)たまに店頭に立ってチラシを手配りしたりするのなんかも効果があったりしますよ!

場所によっては大事な集客導線になる「店頭集客」なので、ぜひ頑張ってみてくださいね!

 

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。