治療院集客のゴール。集客はここを目指せ!

あなたの院ではどれだけ積極的に集客をかけているでしょうか?トップの仕事の1つは集客、と言われるくらい、ビジネスを継続させるのに重要な仕事が「集客」です。

しかし、永遠と集客、集客、集客・・・・・・とやっていて、ゴールが見えないのはぶっちゃけキツイですよね?

そこで今回は集客のゴールというお話をしたいと思います。実は集客にも目指すべきゴールがあるのです。

続きを読む

集客の成果を足し算から掛け算にするレバレッジ集客法

自分の治療院で集客を行なっていく上で、まずはどこから手を付けようか??と悩むことはありませんか?

手持ちの資金が少ないので、お金がかからないところからまずは始めよう。

出来るだけ多くの患者さんを集客したいので、費用対効果の高い施策に最初からチャレンジしよう!

と、いろいろな考え方があると思います。そこで今回は単純な足し算集客ではなく、掛け算で成果を得られる集客の構築法という考え方を伝えたいと思います。

続きを読む

整骨院の売上を簡単に3倍にする仕組み

どんなビジネスでも同じ空間内において、「もっとお金は払うからより良いサービスを受けたい!!」という層はいるものです。

治療院側の勝手な判断で安い料金で全員一律のサービスを受けてもらうことだけが、患者さんに対するもっとも良い対応と思ったら大間違いです。

顧客の払える料金内で、サービス提供に「差」を付けることは、実は治療院と患者さんにとってWINーWINの関係を築く第一歩なんですよ。

続きを読む

年末までにお金はこう使え!

いよいよ今年も残すところあとわずかですね。

そこで今回は年末までにかけて経営者として意識したほうが良い「お金の使う順番」をお話していきたいと思います。

ちなみに、あなたが今後も売上をあげることを望まず、安定も拡大も望まず、あるがままの変化を受け入れるというのであれば今日の話は一切必要ありません。

しかし、今後の時代の流れに備えて、売上をあげたり、経営を安定、拡大させたり、自分で経営の舵取りをしていきたいと考えているのであれば、必ず必要な考えになります。

続きを読む

治療効果を上げたいなら価格を上げろ

あなたの院では毎回の治療、あるいは初診料でいくらの金額を患者さんからお支払いしてもらっているでしょうか?

セミナーやコンサルでお話すると、どうしても高い金額を請求することに抵抗を持っている先生も少なくありません。

しかし、安い料金で治療することだけが患者さんにとって最善か?と言われると決してそんなことは無いのです。

続きを読む

返金率が高いと、機会損失は「減ってる」

あなたの店舗では返金というものはどれくらいおこっているでしょうか?

確かに、返金や返品をもらうとメンタル的にはかなりのダメージを喰らいますね。僕も現場にいた人間なのでそれはよくわかります。笑

しかし、ビジネスという観点から見たときは返金や返品をもらうというのはそれほど悪いことではないのです。

続きを読む

治療院で集客コストは抑えつつ、集客できる方法

あなたは毎月どれくらいの広告費をかけて、集客を行なっているでしょうか?

究極的に言ってしまえば、どうしても広告費を多くかけられる治療院のほうが圧倒的に集客は成功しやすいです。

しかし、なかには「手元に資金がない」「今は広告費をかけられない」という治療院さんも多いとは思います。そこで今回は少しでも広告費を抑えながらも、成果が出やすい方法をお伝えしていきたいと思います。

続きを読む

チラシの費用対効果を上げる3つの方法

あなたの治療院ではチラシ集客を集客の戦略のひとつとして取り入れているでしょうか?

以前より反応数が下がったとはいえ、今でもしっかりとチラシを活用すれば十分な費用対効果を上げることができるので、今回はそのために必要な「3つの方法」についてお話していきましょう。

続きを読む

最高の求人方法

経営者であるあなたとしては、そろそろ来年に向けた求人が気になってくる時期ではないでしょうか?

しかし、これは僕がいろんな先生に聞いて感じていることなのですが、ほとんどの先生が常に求人には困っているように感じます。

そこで今回は簡単ではないけど最高の成果が得られる「最高の求人方法」についてお話していきたいと思います。

続きを読む

ブランディングを勘違いしてない?

地域でビジネスを行なっていく場合、自院のブランディングがある程度出来ているとかなり多くの場面で良い影響が受けられます。

例えば、集客ひとつとっても、ブランディング出来ている院と、まったくブランディング出来ていない院では、まったく同じ内容のチラシや広告を行なったとしても、確実に反応は違った数字が出ると言えるでしょう。

しかしいろんな先生とお話していると、どーーーもこのブランディングというものを捉え違えている先生が多くいらっしゃるので、今回はちょっとその辺りのお話をしていこうと思います。

続きを読む