管理人の体験

せっかくの説明もこれをやっては言い訳になる

基本的に治療のことや体のことは患者さんにとって未知のことであるため、治療院ではいろいろなことを(しかも結構多くの量を)患者さんに説明しなくてはいけません。

そういう意味では「治療技術」よりも「説明・プレゼン」が上手な先生のほうが患者さんから信頼される傾向もあるくらいです。

そんな大事な「説明」ですが、実は一歩間違えてしまうと「ただの言い訳」に聞こえてしまうこともあるのです。

「説明」と「言い訳」を分ける唯一の点はこの部分に気を付けられているかどうかです!

続きを読む

あなたならどっちの商品を買う??

先日、寝袋を買わなければいけないことがあったので、アマゾンでいろいろと調べていました。(アウトドアの趣味は持ってなく、自分で使う用ではありませんが。笑)

その時にいろいろと商品を調べていて、ひしひしと感じたことがあったのですが・・・

これは治療院のHP集客にも確実に当てはまることだな、と感じたので少しシェアさせて頂きたいと思います。

続きを読む

気合いではなく○○で目標達成する

いよいよ2018年も4月に入りましたね。

年が明けた際に作成した目標はいくつ達成出来ているでしょうか?^^

もし「あれ?そういえば全然目標達成できてないぞ・・・?」とお悩みであれば!

目標を達成するために本当に必要なものが何なのかを今回の内容で知って頂ければと思います!

続きを読む

治療院経営は「この数字」を伸ばすことに集中する

治療院経営を細かく、難しく捉えていくことも可能ですが・・・

治療院経営を軌道に乗せる方法をシンプルに追求していくと「集客」と「LTV」のたった2つの数字を伸ばしていくだけで十分に経営が軌道に乗ることが分かってきます。

さらにもっと言えば「LTV」を伸ばすことがもっとも重要といえるでしょう。

そこで今回はLTVをどれくらいの水準まで伸ばしていくことを目標にすれば良いかをお伝えしていきます。

続きを読む

療養費メインの整骨院はもうダメなのか?

どちらかといえば、自費を導入していくスタイルをオススメしている僕ですが・・・

とはいえこれからも療養費をメインに据え置いて整骨院経営を行っていきたい先生もいると思います。

近頃ではいろいろと「自費移行しなきゃやばい。。。」みたいな情報を得ることも多いと思いますが、療養費をメインに据え置いた場合でも生き残っていける考え方を少し話してみたいと思います。

続きを読む

「クチコミや評判」と「集客」を何故両立させないのか?

治療院業界で頑張っている先生を見ていると、中には自分の技術で「口コミと評判だけ」でやっていけるような治療院になりたいんだ、という先生は少なくありません。

そして、そういう先生に限って「集客なんて邪道だ」なんて言ったりね。汗

確かに、口コミと評判を起こして地域の人気店になっていくことは非常に大事ですし、それを否定するつもりも全くないのですが・・・

なぜ、口コミや評判と集客をそれぞれ分けて考えるんでしょうね?

続きを読む

「また電話します」と言われない電話対応

受付さんが電話を受けているとどうしても予約が入れられずに、電話先の新患さんから「また電話します」と言われて電話が終わってしまうパターンがよくあります。

こんな時、意外と治療家が電話に出るとちゃんと予約が取れたりするのですが・・・

この差は実は普段の習慣の違いにあったのです!

続きを読む

アイデア商品から学ぶ購買心理の動き

先日、ベランダサンダルカバーという商品を購入しました。

蝶プラ工業さんというところが作った商品なんですけど、パッと見では大したことのない商品に思えたのですが、見ている内に評価を変えて購入してしまいました。

これは、、、

ありそうでなかった商品だな、と。笑

結果的に衝動買いのような形になってしまったのですが、、、

この「衝動買い」をしてしまった時の、自分の中の購買心理の動きというのは非常に重要になるので、ぜひあなたも衝動買いしてしまいそうになった時は今回の内容を思い出してください!

続きを読む

来年を迎える準備もう出来てる?

いよいよ今年も残すところあとわずかとなりました。

いかがでしょう?

来年もご自身の治療院を盛り上げていくために、しっかりと準備はできているでしょうか?

今日は来年しっかりとスタートダッシュを決めるために、今すぐにでもやっておいてもらいたいことをお伝えします。

続きを読む

コレを意識しないと新患さんは既存患者さんにならない!

多くの治療院さんは患者さんを新患さんと既存患者さんというような形で捉えています。

確かにそれはそうなのですが・・・

残念ながら言葉通りに患者さんを2種類で分けて考えようとしていては、いつまで経ってもリピート率は上がってこないのです。汗

そうではなく、新患さん→○○○→既存患者さん、という風に捉えるとリピート率ももっと伸びてきますよ!

続きを読む