自分の院の離脱率の重みをちゃんと理解していますか?

  • LINEで送る

治療院経営において、毎月必ず追っていかなければいけない数字というのはいくつかありますが、そのうちの一つには「離脱率」というものがあります。

この離脱率をただの数字でしか見ていない先生と、離脱率によってどのような部分にどのような影響が出てくるのか意味がしっかりわかっている先生とでは、治療院経営の質に大きな差が出てきます。

特に最近では、新型コロナの影響により普段よりも離脱率が高くなってしまっている院も多いと思いますし、このあたりを正確に把握しておく必要があるでしょう。汗

そこで今回は、どの程度の離脱率が適正で、またその数字によってどういった部分での方向性が決まってくるのかについてお伝えしていきますね!

治療院における離脱率の考え方と適正値

今回の話に入る前に、そもそもとしてあなたは自分の院の毎月の離脱率というものをしっかりと出しているでしょうか?

あるいは、ちゃんとその計算方法を知っているでしょうか?

もしこれまで離脱率を出したことがなかったのであれば、治療院経営で意識して欲しい離脱率という数字の記事に計算式を紹介していますので、先にご覧になられてみてください。

 

離脱率が分かれば必要な新患数も決まる

では、あなたの院の離脱率が仮に30%だったとしましょう。

少し高い数字に思えるかも知れませんが、リピート対策を行っていない治療院なんかであれば毎月の離脱率は普通に30%くらい超えていきます。怖いですね。汗

この数字をこのまま終わらせるのではなく、あなたの院のカルテ枚数と掛け合わせることによって、毎月必要な新患人数も導き出すことが出来るのですね。

 

たとえば院の規模や予約枠の時間にもよりますが、1人治療院であればだいたいカルテ枚数は80枚~140枚ってところでしょう。

ここに離脱率30%をかけると、毎月24人~42人の患者さんが離脱していっていることがわかるわけです。

24人~42人ですよ!?かなり多いと思いませんか??

ということは、毎月のカルテ枚数がだいたい80枚前後で離脱率30%の院は毎月の新患さん(と再来さん)が24人以上来ないとどんどんカルテ枚数が減っていってしまうということなのです!

あるいは毎月のカルテ枚数がだいたい120枚前後で離脱率30%の院は毎月の新患さん(と再来さん)が42人以上来ないと、カルテ枚数が維持できないってことなんですね。

 

つまり、平均のカルテ枚数に平均の離脱率をかけて出た数字が、あなたの院の規模を維持していくために必要な新患さんの人数と言えるのです!(カルテ枚数も離脱率も毎月違うので、厳密には毎月必要な新患さんの人数に変化はありますが、ざっくりとです。)

 

1人治療院であれば離脱率20%くらいは目指したい

では、現実に目を向けて考えるといかがでしょう?

あなたの院には(カルテ枚数によって幅がありますが)毎月24名~42名の新患さんが来ているでしょうか?

おそらく・・・・・・そんなに新患さんが来ていない先生のほうが多いんじゃないかって思います。笑

治療スタッフが3人とか4人とかいるような院であれば、新患さんの人数も60人とか80人くらい獲得している院もあるでしょうけど、1人となるとなかなか42人の新患さんを毎月安定して獲得しているっていう院は少ないでしょうし、現実的に考えて売上を作るためにそこまでの新患数はいらないって話ですしね。汗

 

実際毎月42名安定して集客しようと思ったら、それなりにしっかりとした対策を取らなくては厳しいところです。汗

ということは、離脱率30%では1人治療院は常にカルテ枚数の減少におびえなくてはならなくなってしまうのです!(例えば新患さん(と再来さん)が合わせて15人程度来ている院であれば、離脱率30%で釣り合うのはカルテ枚数が50枚の時ですね。一時カルテ枚数が80枚あったとしても、新患さんの人数が15人で離脱率が30%なら、いずれカルテ枚数は50枚まで落ちてしまうことがこの時点でわかってしまうのです。汗)

 

だからこそ、治療院では離脱率の適正値が20%なんて言われたりするんですね!

離脱率が20%であればカルテ枚数が80枚であれば16人、100枚なら20人、120枚でも24人と、規模感を維持するために必要な新患さんの数がぐっと抑えられるのです!

実際これくらいの人数であればあなたの院でも集客出来ている水準に近付いてきたのではないでしょうか?

ただ漠然と「月に新患がこれくらい欲しい」というレベルではなく、このカルテ枚数と離脱率の関係によって、あなたが毎月必要な新患さんの人数が明確になるのです!

 

 

まとめ.離脱率をもっと真剣に意識する

今回の話では、院の規模を「維持」するために必要な人数でしたが、もしあながた院の規模を、売上を、来院数を、もっともっと伸ばしていきたいというのであれば、このカルテ枚数と離脱率で出た数字よりも多い人数を常に毎月集客していけばいいのです!(あるいは、現状の集客人数よりも小さい数字が出るように離脱率を下げるか。)

そうすれば自然と院の規模は大きくなっていくのですね^^

意外と出してない先生が多いこの離脱率という数字ですが、これがわからなければ毎月何人の新患さんが実際に必要なのか分からないまま治療院経営を行わなくてはならないのです。

今の時期は、新型コロナなどの影響で離脱率は多くなりがちな癖に、新患さんの獲得もなかなか難しいタイミングとなってしまっていますが、だからこそコロナの影響が終わった後にどれくらいの人数の新患さんを獲得していかなければならないかをしっかりと把握しておかなければならないですからね!

厳しい時期を乗り越えて、しっかりと数字を復活させるためにも、ぜひこの離脱率は毎月しっかりと出し、そしてその数字から得られる情報までしっかりと受け取って治療院経営を行ってみてくださいね^^

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)