戦略は戦術をたくさん持っていないと成り立たない

  • LINEで送る

治療院経営を行っていく上で、戦略的に行動を起こしていくことは非常に大切です。

「離脱率を長期的に下げて行って、母数を増やした経営基盤安定を図ろう」「1人治療院で診れる人数に限界もあるから、可能な限りの高単価施策を取って行こう」「地域でウェブ戦略を強く行っている院が少ないからウェブ集客をガッツリ展開していこう」なんていう戦略的な方向性を定めたりですね^^

とはいえ・・・

残念ながら、そもそも具体的な戦術をあなたがたくさん持っていないのであれば、戦略的に経営を行っていくなんて逆立ちしたって出来やしません。(あるいは、自分が出来なくてもチームの誰かができる、とかなら別ですが。)

戦術(具体的なアプローチ)なき戦略(構想)は机上の空論で終わりますからね。汗

あなたはしっかりと戦略を実現するための、沢山の戦術を持っているでしょうか?

治療院経営の戦略は、具体的な戦術の上になりたつ

実は、ご自身で治療院を経営してらっしゃる先生たちの多くは、自分の院に何が起こっているか全くわかっていないってことはなく、わりと戦略面から自分の院をちゃんと見れていたりします。

保険診療のみでやっている院であれば「平均顧客単価が低すぎるせいで、どれだけ時間をかけても売上が伸びないから、平均顧客単価を上げなければいけない」とか。

近くに大手治療院がある先生なんかは「うちの規模で大手と同じ土俵で戦ったら資金面で勝てないから、専門院にしてニッチを攻めよう」とか。

リピート率が低い院であれば「毎月の離脱率が高いから、新規をどれだけ集めてもカルテ枚数が増えないんだ・・・、離脱率をなんとかしないと・・・」とか。

新規数がまったく足りない院であれば単純に「新規が少なすぎるからもっと新規が欲しい」とか。

こういったことを考えるには考えているわけです。

実際、あなたも普段から自身の院の問題点自体はなんとなく見えてらっしゃるでしょう?

 

しかし・・・。

じゃあ、具体的にどうやって「顧客単価を上げる?」「どう専門性を打ち出す?」「離脱率を下げる?」「新規を増やす?」なんて聞かれたりすると、急に答えに困ってしまうんですね。

まさに立てるべき戦略はなんとなく見えてるはずなのに、それを実現する戦術は欠けている状態と言えるでしょう。汗

 

 

具体的な戦術のストックが少なすぎる!

上に書いたように、戦略面から見た時に自分の院に不足を感じているにも関わらず、何をやっていいかわからないという先生は、具体的な手段・戦術の持ち手が少なすぎることが非常に大きな問題になるのです。(ちなみに、自分の院のどこが問題かもわかっていない場合の多くは、数字の計測不足が原因です。院の現状を最低限把握できるくらいの数字は毎月しっかりと計測できるようにしましょう。経営に必要な数字を毎月計測していれば絶対にどこに問題があるのかは見えてきます。)

だからこそ、普段技術系のセミナーにばかり参加している先生は今すぐにでもご自身の戦術のストックを増やせるセミナーや勉強会に参加してください。(こんなブログを読んでくれている先生なら、技術系のセミナーにしか参加しない、ってことはないと思いますが^^)

何故なら、どれだけ技術系のセミナーに参加してもそれは一つの戦術でしかなく、それ一つですべての問題を解決することなんてできないからなのです。

技術が良ければ集客はいらない?技術があれば単価が勝手に上がる?技術があれば大手を気にせずにやっていける??

すべて幻想です。

技術力はあくまでも経営における一つの要素でしかなく(もちろん大切な要素ですが)、それ一つで全てを解決できる力なんてないんです。

だからこそ、今マーケティングなどを取り入れた治療院さんがどんどん売上を伸ばしたりなんかしているんですね。

ぶっちゃけ、技術系のセミナーを受けるのは楽しいんですよ。

そして、マーケティングとかそういったセミナーは(正直そこに興味のなかった人にとっては)あんまり面白くないんですね。頭使うし。汗

しかし、このことを受け入れてどこかのタイミングでご自身の戦術の幅を増やし、技術とマーケティングスキルの両立を目指していかないと・・・間違いなくこれからどんどん治療院経営を行っていくのが厳しくなりますよ。。。

 

 

 

まとめ.自身が取れる戦術を増やして初めて治療院「経営」にアプローチできる

集客一つとっても、PPC広告、チラシ作成、POP作成、SEO対策、コピーライティング、MEO対策、LPO対策、Facebook広告などなど沢山の戦術があります。

単価アップだって、自費移行、アップセル販売、クロスセル販売、物販導入などいろいろ取れる戦術はあります。

離脱率の低下だって、問診技術、サンキューレター、ステップレター、ニュースレター、LINE@導入、通院指導教育、プリカ導入など数多くの手段があります。

まだまだこんなものではなりませんが・・・

全ての経営的な問題に対して、対応策として取れる戦術は無数に存在しているのです。

僕自身それらを現場で多くの問題に直面したからこそ、自身で学び、活用し、問題を解決してきたのです。

もしあなたが「問題が起きる」→「対応する戦術がわからない」のであれば、そこで技術力だけに頼るのを辞め、ぜひ多くの戦術を学ぶようにしていってくださいね^^

とても大事なこととは言え、技術力も戦術の1つに過ぎないのです。

技術力を磨くことは大切ですが、そのことが他の戦術を学ばなくて良い理由にはなりませんよ!

数多くの戦術を学ぶからこそ、そこで初めて、経営における問題に対する戦略を具体的に組むことができるようになります。

僕のブログにも、きっとあなたの院が現在抱えている問題を解決できる(少なくともヒントになる)戦術が掲載されてると思うので、ぜひ参考にされてみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)