整骨院や整体院に継続通院してもらいたいなら「最初」が肝心

  • LINEで送る

多くの整骨院や整体院の先生が陥りやすい罠として「初回の問診で痛みに対しての話しかしない」ということがあります。

確かに患者さんは「痛み」を抱えて来ているわけなのですから、その話をするのはいいんですけど・・・・・・

その話ばかりしていては、患者さんは決して2カ月とか3カ月とかしっかり継続通院してくれる優良患者さんにはならないんですよ?

整骨院や整体院の継続通院は初回問診の伝え方で決まる!

僕自身、実際に現場でいろいろと実践していたこともありますし、今現在いろんな地域のクライアントさんに試してもらってもそうなのですが、まず間違いなく患者さんが2カ月とか3カ月とか、ある程度まとまった継続通院をしてくれるかどうかは「初回の問診をどんな風に伝えたか?」が大きな影響を与えます

例えば、(仮に)最初に5回の回数券を販売していたとして、5回の回数券が切れた時に継続して別の商品を買ってくれるかどうかは、5回目のその時になって必死にプレゼンをしても遅いってことなんですね!

あくまでも最初の段階で伝えるべきことを伝えておかなくては、その時を迎えての成約率が上がっていかないのです。

 

 

継続して通ってもらいたいなら最初から素直に話す

では、初回の問診で何を伝えておかなくてはいけないかというと・・・

素直に「うちに3カ月間(ここは先生が実際に通って欲しい期間・回数)は通ってくださいね!」と伝えなくてはいけないんです!

こんなこというと、

 

「え?最初から3カ月も通え、なんて言ったら患者さんはリピートしてくれなくなるんじゃないんですか?」

「ええっ?まだ痛みも取れてないのに、そんな先のことまで伝えられませんよ!」

 

なんて言われたりもします。

でもね・・・・・・

そんなこと言ってるから患者さんが最初の4回とか5回の治療で満足して離脱しちゃうんですよ!!!

 

 

「順番に伝える」では、患者さんは不信感を感じる

こういった先生たちがどういう風に考えているかというと、「まずは患者さんが痛みを感じている部分をある程度治して、それから予防の必要性なんかを話して予防通院してもらおう」っていう風に考えているんですね。

確かに、そういう風に考える気持ちもわかります。

「患者さんは痛みを取りに来ているんだから、まず痛みを取ってあげないと予防の話なんて聞いてもらえるわけない、と。」

だからこそ、多くの先生はまず「最初に4回、5回くらいしっかりと通ってくださいね!それくらいしっかり通って頂けると、今ある痛みはだいぶ取れていきますよ~^^」と初回の問診で伝えてしまうわけです。

しかし、これが最大の勘違いなんですね!

 

実際に患者さんの立場に立って考えてみてください。

最初に先生から「4、5回通えばよくなる」と言われて患者さん自身も「それくらい通えばよくなるんだー」って思っているわけですよ?

そして実際に患者さんが4回とか5回通って「先生が言ったとおり、だいぶ痛みも取れてきたな。よかった。そろそろ終了かな?」って考えが頭をよぎることもあるわけです。

それなのにそのタイミングで初めて

 

先生
〇〇さん、今お身体の痛みに関してはずいぶん落ち着いて来てると思います。ですので、これからは今の良い状態をお身体に定着させていくために、週に1回くらいのペースで3カ月間くらい治療を続けていきましょう。そうすれば今回のような痛みがぶりかえさないしっかりとした体になっていきますよ!

 

なんて伝えると、患者さんとしては、

 

患者さん
そ、そうなんですね。。。(ええ。。。終わるかと思ってたのに、あと3カ月間も通わせるの?痛みはだいぶ良くなってるのに・・・。これただお金稼ぎのためにそう言ってるんじゃないかなぁ。。。)

 

 なんていう風に思ってしまうんですよ。(全員がこうでないにせよ、痛みが取れた人が離脱してしまうんです、、、っていう先生はこのパターンが多いはずですよ?)

結局、たとえ先生としては患者さんのことを考えて情報を小出しに伝えようとしたとしても、患者さんとしてはただの「後出し」のように聞こえてしまい、ひどくなると疑われるようにさえなってしまうのです。汗

 

 

 

まとめ.継続が必要なら最初から伝えておく

最初からそのつもりだったとしても、後から伝えようとすれば、患者さんに勘違いさせてしまうこともあるのです。

だからこそ、初めから継続通院を患者さんに勧めるつもりがあるのであれば、最初の問診の段階でそう伝えなくてはいけないのですね。

 

先生
〇〇さん、今お身体の痛みに関しては、〇〇さんの状態を見る限り4、5回ほど通って頂ければ十分に痛みは落ち着いてくるでしょう。ただ、〇〇さんとしては痛みが取れるのがゴールなのでしょうか?それとも、痛みが取れた後にその痛みがぶり返さないような状態を作るのがゴールなのでしょうか?
患者さん
うーん。。。そういわれると、痛みが出ない状態にまでしたいですね。
先生
ですよね^^でしたら、痛みは4、5回で取れるかも知れませんが、そのあとに良い状態をしっかりと体になじませるために3カ月間くらいは週1のペースで通えそうですか?
患者さん
わかりました。がんばります。
先生
いいですね!では私も全力を尽くさせて頂きますね^^
患者さん
よろしくお願いします。

 

ここまでスムーズにいかなくても、このような流れで最初から患者さんの合意を得られれば、かなり継続通院する確率は高まってきますよ^^

もし、あなたが現在「痛みが取れたら患者さんが通ってくれなくなる・・・」とお悩みなら、ぜひ最初の問診の際に勇気をもって患者さんに伝えるべきことを伝えられるように頑張ってみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)