治療院ホームぺージの成約率を上げていく構成要素

  • LINEで送る

治療院のHPをSEOからの流入先としてしか考えていないのであれば、今回の話はあまり気にしなくて大丈夫です。

(いや、やっぱりちょっとは気にした方が良いです。汗)

しかし、PPC広告や各種ポータルサイトのリンク先、あるいはチラシや看板を見た人が検索した際のアクセス先といったような「全ての検索の受け皿」として治療院のHPを捉えているのであれば、今回のお話はしっかりと意識することをオススメします。

HPというのは残念ながら「アクセス数」だけを稼げれば良いというわけでなく(もちろんアクセス数も重要ですが)、「成約率」を高めることも重点的に考えていかなければならないですからね。

このバランスは常に考えていかなければならないとはいえ・・・

今回は治療院のHPを受け皿としてしっかりと機能させるために、「成約率」を上げられるHP構成についてお話していきます。

治療院ホームぺージの成約率を上げていく構成要素

過去の記事(魅力あるページでSEO上位を獲得するのが大変になっている)でも紹介しましたが、現状はSEOと成約率を両立させていくのが非常に難しくなってきています。(不可能ではないですが、以前よりはるかに難易度が上がっています。といっても、グーグルのアップデートがあるたびに影響を受けるので、あまり深刻に考えすぎても右往左往してしまうだけなので、一定のラインの割り切りも必要です)

「とにかくSEOをあげてくれーーー」って業者さんに指示を出すと、パッと見では少し微妙なページが出来上がりかねない状況だったりもするんですね。

SEOだけが上がればそれでいいっていうなら、それもアリかも知れませんが・・・

見てくれても予約してくれないというのでは、ちょっとHPの目的としてはどうなの??って感じですよね。汗(もちろん、アクセスの増加により成約率が下がっても成約数は伸びる可能性だってあるので一概にいえませんが。)

しかし、チラシや各種ポータルサイト、MEOなんかのように、SEOとは別の経路を辿ってHPにたどり着いた人なら、なおさらページの中身が薄くなっているものを見せるのは微妙ですよね。汗

そこで今回はSEOは一旦無視した上で(笑)、単純に見た人が来院を決めやすくなるために治療院HPに必要な要素についてお伝えしていきます。

 

 

通院したくなるような構成要素はある程度決まっている

全部この通りにしなくちゃいけない!ってこともありませんが、人間の購買心理を考えた時に「あ、ここなら行ってもいいかな?」と思ってもらうために必要なおおよその要素というのは実はある程度決まっているものです。

では、出来る限りHPに取り入れていってもらいたい要素を見ていきましょう。

 

魅力的なヘッダー

これに関しては本当に重要です。

トップページはもちろん、可能であれば各種症状ページにも別途用意してもらいたいくらいです!

基本まず最初にHPを見た人が離脱するかどうかを分けるのがファーストビュー(ページを開いた時に最初に表示される画面範囲)の出来栄えです。

ここでググっと惹きつけることができればとりあえずHPを下の方まで読んでくれる確率は高まりますし、逆に最初から「ここはちょっと違うかも・・・」と思われてしまえば、その先どんなに良いことを書いていても見られなかったりしますからね。汗

まずは魅力的なヘッダーを用意して、最初から見た人が離脱してしまうような事態を減らす努力をしましょう。

特に最近ではスマホで見た際のファーストビューがすべて綺麗なヘッド画像になっている院さんも少なくありませんし、実際かなり見栄えのインパクトは変わってきます。

昔のHPほどヘッド画像が小さかったり、インパクトに欠けていたりするので、このあたりは出来れば修正してでも見栄えのよいものに変えていきたいですね!

 

ちなみに最近では、ページのかなり上のほうに「漫画」を用意することでページの内容に入っていきやすくするような、ヘッダーと同等の効果を狙っているページも結構あったりします。(実際ぺージの導入要素として漫画はかなり優秀です。)

漫画を使っているクライアントさんも居ますが、実際反応が良いのでオススメですよ。

作成に費用はかかるでしょうが、漫画の導入というのも検討しても良いかも知れませんね^^

 

ターゲティング

どんなページであれ「あ!これ自分のことだ!」と見ている人に感じてもらうのは非常に重要になります。

ページ全体にそのための工夫を凝らすことも大事ですが、そのための手っ取り早い方法として考えられるのが実際に起きやすい問題を記載しておくことです。(ターゲティング自体は別にこの方法に限らずいくらでもあります。)

こんな感じで問題点をあげることによって実際にその悩みを抱えている人は「あ、これ自分のことだ!」と感じやすくなるわけですね^^

このあたりに関して、適当にそれっぽいことを書くのではなく、実際に自分の院に来ている患者さんの中で多い症状や、多いニーズをヒアリングしていくと、自然と自分の院のカラーに合いやすい患者さんをターゲティングしやすくなるので、絶対にヒアリングは欠かさないようにしてくだいさね!

 

施術内容や他院との違い

魅力的なヘッダーや漫画でページに引き込み、ターゲティングで見ている人に「自分に取って必要な情報」と認識してもらった後は、実際に「選んでもらえる」だけの魅力を提示していかなくてはいけません。

こんな感じのイラストに続けて、実際に自分の院の施術方法(もちろん、施術内容に限らず、サービスの違いなど他との違いがあればそれを記載する形でも構いません)がいかに他と違うのか?というのポイントをまとめて伝えていくことによって、他院との差別化をはかっていくわけですね。

そして見た人が「この部分が他と違うのか」と納得すれば、それがそのまま他の院ではなくあなたの院を選ぶ決定打になっていくわけです。

 

残念ながら現在では「整骨院や整体院がただそこにあるだけ」では、わざわざ患者さんがあなたの院に訪れる理由にならなくなっているのです。

理由はもちろん、他にいくらでも似たような(少なくともそう見える)ライバル院があるからです。

だからこそ、あなたはあなたの院にわざわざ来てもらえるための「差別化」を集客の段階から行っていかなければならないのですね!

 

証拠の提示

HPに欠かすことのできない要素が「証拠」です。

どれだけ他の院と違いそうでも、やはり一番大事なのは「求めている結果が得られるの?」ということを信じてもらえるかどうかが重要ですからね。

ここで証拠として活躍するのが喜びの声だったり、権威付けの内容だったりするわけです。

ぶっちゃけた話、他の部分でどれだけ良いことを書いていたって証拠がなければ信じられないんですよね。(ネット慣れしてきたというべきか、今ではなかなか読み手はHPに書いていることを鵜呑みにはしなくなっています。)

だからこそ、本当に成約率を上げようと思えば喜びの声や、権威付け(新聞に載った、テレビに出演した、本を出版したなどなど)を出来る限り記載しなくてはならないのです!

 

オファー

絶対になくてはいけないということもありませんが、オファーがあったほうが少しは反応しやすくなるのも事実です。

初回割引だとか、人数限定だとかそういったものですね。

オファーの力に過信するのではなく、他の部分をしっかりと構成した上で患者さんが安心感を得られるページになっているのであれば、結果としてオファーは有効に機能するってことです^^

なので、もし先生の方針としてオファーを付けることが可能であれば、オファーの記載もぜひ検討されてみてくださいね^^

 

 

この他にも、初回来院時の流れやQ&A、施術技術に対してのさわり、サービス面でのポイントなども追加する要素としてはあっても良いですが、最低限成果を出していくためにはまず上記の項目をしっかりと入れることを意識されてみてくださいね^^

 

 

 

まとめ.作り込みが成果を増やす

今回の話はあくまでもページを見た人の反応を上げるための施策です。

SEOを上げるという観点から見れば、場合によってはちょっとマイナスに働いてしまうことも書いてあるので、そこは院の方針によってバランスを見ながら取り入れていくとよいでしょう^^

新型コロナが第二波とも呼べる流行を見せて来ており、きつい時期かも知れませんが、周りも苦労しています。

ということは、この状況から少しでも早く抜け出すことができれば、地域の集客状況から一歩有利になることも可能なわけです。

ちょうどもうすぐお盆も迎え、区切りとしては良いタイミングとも言えますので、ぜひホームぺージ修正なども視野に入れて集客行動をされてみてくださいね!

 

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)