あなたが居なければ自律型スタッフが育つ理由

  • LINEで送る

あなたは現場で働いていて、スタッフが「自分で考えて行動できるスタッフ」に成長してくれればどんなに良いことか・・・と思ったり、考えたりしたことはありませんか?

しかし、現実ではすぐにスタッフが「これはどうすればいいですか?」とか「これで大丈夫ですかね?」と判断を仰いできて、全然自分で考えて行動をしてくれない・・・という場合が一般的です。

でも実は・・・”こういうこと”を辞めることが出来れば、自然とスタッフは自分の判断に従って行動するものなんですよ?

現場からトップが消えれば、スタッフは自然と成長する

あえて極端に言いますが、院の経営責任者であるトップが現場から消えれば、それだけで現場を任されているスタッフの自律度はどんどん高まっていくのです。

逆に言えば、経営者がいつまでもずっと現場で治療を行なっている状態では、なかなか他のスタッフの自律度は上がっていきにくいと思って頂いて構いません。(やり方によっては不可能ではありませんが、成長しにくいのは間違いないです)

何故そうなるのか?を、あるストーリーをまじえてご紹介していきたいと思います。

 

電話に出なかったら・・・

クライアントさんの1人に、スタッフがいつも何でもかんでもすぐに自分に判断を聞きに来て困っている、とおっしゃった先生がいました。

現場にいるときはもちろん、少し往診に行ったり、セミナーに行っているときにですら、わからないことがあったら電話をかけて来て、判断を仰いでくるから困っている、と。

それに対して僕は「だったら、電話がかかってきても無視すればいいですよ。現場に居たらスタッフの話を聞かないのは難しいかも知れませんが、とりあえず現場の外にいるときの電話は全部無視しちゃいましょう」と提案しました。

当然クライアントさんはビックリしていましたね。笑

「いやいや!そんなことしたら現場が止まっちゃって大事になりますよ!無理です無理!」なんてお返事を頂きました。笑

そこで10分ほどかけてなんとか先生を説得して、とりあえず騙されたと思って試してみてください、という形でしぶしぶ納得してもらいました。

 

後日。

 

突然かかって来たクライアントさんからの電話の第一声は「先生!すごいですよ!スタッフが自分で行動して動いてくれていたんです!!」という喜びの声でした。

詳しく話を聞くと、どうやらセミナーを受けている最中に何度も院から電話がかかってきたらしいが、僕との約束を思いだして、死ぬほどソワソワしながら電話を取るのを我慢していたそうです。笑

セミナーが終わると着信が6件。

我慢の限界が来て、診療が終わった直後くらいに電話をかけてスタッフに「ごめん、どうしても電話に出れなかったけど、何かあったの??」と質問したそうです。

するとスタッフから「ああ。ちょっとどうしようか伺おうと思ったことがあったんですけど、解決したんで大丈夫です!」と返事がかえってきたのです。

このとき先生はメチャクチャ驚いたと言ってます。笑

 

僕に掛かってきた電話は、こんな感じの内容でした。

そう。結局スタッフは、答えが聞けなかったら聞けなかったなりに、自分で行動できたってことなんですね。

 

 

結局スタッフの成長を阻害しているのは自分

上のような話は別に珍しいことでも何でもありません。

後輩や、部下なんかは、先輩や上司がいない時こそ、成長するものなんです。

自分で考えて行動できるだけの能力は持っているけど、でもどうせ上司や先輩がいるんなら「念の為に」あるいは「メンドクサイから」意見を伺ってしまうんですよね。汗

そう、、、。分かってるけど「念の為」確認しているのです。

あるいは考えたら分かることでも「メンドクサイ」から聞いているのです。

考えてもわからないし、自分でまったく判断がつかないから来ているわけじゃないんですね。

しかし、もともと能力はあるわけですから、他に確認できる人がいなければ、自分でそれなりの答えを出して行動出来るんですね。

聞いてくることは全部わからない、あるいは出来ないこと、と思うのは勘違いです。

それなのに、全部片っ端から対応して、答えを出しているから、スタッフがどんどん楽をしてしまうのです。

 

 

まとめ.トップがいるとスタッフは凡人に、トップがいないとスタッフはエキスパートになる

もちろん例外だってありますが、実際スタッフからの質問に「その場で対応」しないと経営がやばくなる、なんてことはほとんど有り得ません。

であれば、今回の話のように、スタッフを成長させるために、あえてスタッフからの質問にすぐに答えないような環境を作る、というのも有効な手段なわけです。

すると、思った以上に「あ、あれは大丈夫です!解決しました!」という返事が聞けることに驚くと思いますよ^^

スタッフはトップがいると凡人になりますが、トップが消えた瞬間にエキスパートになるのです。笑

もちろん、ただ連絡を受けないだけでなく、本当にスタッフが伸び伸びと自律型に成長していくためには、他にもやらなくてはいけないことも沢山あります。

今回の「電話を受けない」ということだけが全てではありません。笑

ただ、今回の話からまずは「スタッフは決して無能でもなく、ちゃんと自分で考えて動ける能力は持っているもの」ということを知ってあげてくださいね^^

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押して記事をシェア
  • 記事を友人に「ラインで送る」

のどちらかでもして頂き、あなたの友人にもノウハウを共有してもらえると嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)