1人治療院の経営を安定させるために突破すべき4つの壁

  • LINEで送る

最近では、スタッフを雇って治療院経営をチームで行う院も増えてきましたね。

僕自身も、人を雇うか雇わないかは別としても、チームで治療院経営を行なっていくことをオススメしています。

とはいえ、、、

実際に現在治療院を経営している人の多くは未だに1人院長1人治療家の治療院が大半です。

そこで今回は、1人治療院が売上を伸ばして、治療院経営を安定させていくために突破する必要がある4つの壁を紹介します。

この壁さえ突破できるようになれれば、確実に治療院経営は安定していきますよ!

1人治療院の経営を安定させるために突破すべき4つの壁

今回の話は、患者さんをしっかりと治すことができる「治療技術」はすでに持っているという前提でお話します。

大前提として治せる技術を持っている上で、「マーケティング」という側面から治療院経営に必要な要素のお話をさせて頂きます。

まずはしなくてはいけないこと:商品の再設定

1番最初にやらなくてはいけないことは、現状あなたが提供しているサービスそのものの見直しです。

フロントエンドの設定、価格設定、提供にかかる時間の設定、回数券・プリペイドカードの導入、など「売れればちゃんと利益が残る商品」にあなたの商品を作り直さなくてはいけません

びっくりするかも知れませんが、多くの治療院ではそもそも商品自体が「新患さんが来院したとしても、売上にそれほど影響を及ぼさない」レベルで放置されていることがメチャクチャ多いのです。汗

これではどれだけ頑張って働いても、あなたの治療院経営が安定することはないのです。

そのステージを抜け出すためにも、まずは商品の再設定を行わなければならないのです!

ここは壁を突破するというよりは、進んでいく前段階の準備といったところですね^^

第1の壁:セールスの壁を突破する

治療家の多くの先生が苦手としていること、それが「セールス」です。

その気持ちはひじょーーーに良くわかるのですが、、、

あなたの治療院経営を安定させていくためには、「患者さんに受けてもらうサービス」をしっかりと受けてもらえるだけの「セールス力」は絶対に必要になってきます。

「上記で料金を再設定した商品を、患者さんに受けてもらえるようにする」

この時点で、どうしても単価が3000円とか回数券が2万円だとかになってしまうのですが、(ちなみに、これは1番最初の試運転段階の価格ですよ)意外と、最初からここでつまずいてしまう先生も少なくないのです。

もしあなたが現在単価3000円前後でも自分の手技・サービスを提供できていない、回数券やプリペイドカードで1万〜3万前後のまとまった金額を頂くことができていないのであれば、まずはこれらの商品を出せるだけの「セールス力」を身につけることが必須になります!

この壁を突破するためには、問診のやり方を見直したり、トークスクリプトを作り直すことが必要になってくると言えるでしょう。

ここを突破できないと、そもそも新患さんの集客をはじめることもできないので、しっかりと強化していきましょう!

第2の壁:集客の壁を突破する

ここはイメージしやすいと思います。

やはり、治療院経営を安定させるためには、新患さんが来ないとどうしようもありません。

売れれば利益が出る商品を作成し、それをしっかりと患者さんに受けてもらえるだけのセールス力を身に付けたのであれば、次はどんどん新患さんをあなたの院に呼び込むステージです。(上記までの2つを先にクリアしておかないと、新患さんが来ても、結局忙しくなるだけで、利益は変わらなかったりするので気を付けましょう。)

今まで一切ここには手を付けてこなかった、という先生も多いです。

ここでは、HPの作り直しを検討したり、HPを見てもらうための導線をどんどん増やしたり、 チラシを巻いてみたりと、オンライン・オフラインの両面から、あなたの院の商圏へアプローチする量を増やしていくことがもっとも重要になります^^

第3の壁:リピートの壁を突破する

売るべき商品も決まった、新患さんもある程度来てくれるようになった。

そして次に来る壁が「リピートの壁」です。

商品の価格が高くなると、やはりリピートのハードルが上がってしまいます。

今までと同じような問診、同じような患者さん対応をしているようでは、患者さんは以前のようにリピートしてくれません。

もし、「あれ?以前よりリピート率が下がってる気がする、、、いや、確実に下がってるよな?」と感じているのであれば、サンキューレターの見直しや、ニュースレターの発行、ステップレターの導入など、これまで以上にリピートに対して導入できる施策を検討していく必要があるでしょう^^

第4の壁:値上げの壁を突破する

1人院長でずっと経営していくのであれば、究極は単価をどこまで上げることができるか?が勝負になってきます。(もちろん、リピートしてもらえる上での単価です。)

ある程度セールス力が身につき、新患さんが集客でき、リピートもされるようになってくると、必ず稼働率が上昇し、院がパンパンになってきます。

そのときは改めて商品の価格を再設定しなおして、第1の壁に戻るのです。

ここで再び単価を上げることができれば、院の稼働率が一旦下がったとしても、また稼働率を元に戻すことができれば、同じ稼働率で院の売上を伸ばすことが可能になるのです。

極端に言ってしまえば、1人治療院でやっていくのであれば、この第4の壁を何度超えることができるか?が院の最終的な売上を決定すると言っても過言ではありませんよ。

 

 

まとめ.1人治療院は4つの壁を永遠とループし続ける 

4つ目の壁で単価を上げることに成功したら、また1つ目のセールス力の壁に戻ります。

上がった単価の商品を出せるだけのセールス力を求められ、そしてその商品を売る事ができれば、今度は集客をして、リピートをしてもらえるように頑張るのです。

つまり1つ目の壁→2つ目の壁→3つ目の壁→4つ目の壁→1つ目の壁・・・・・・

と永遠とループし、単価を上げていきながらスキルのレベルをあげていくのです。

これが1人治療院の経営を安定させるプラスのループと言えるでしょう!(スタッフを雇うのであれば、4つ目の壁以降に、求人や教育の問題が入ってくるわけです。)

あなたの治療院経営は現在いったい何番目の壁を突破できずに停滞しているでしょうか?

あるいは、そもそもの商品設定をまだ間違えている段階でしょうか?

ステージの段階によって、あなたが取るべきアクションは変わっていきます。

ぜひ、自分の院に本当に必要な課題を見極めて、アクションをとってみてくださいね^^

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押して記事をシェア
  • 記事を友人に「ラインで送る」

のどちらかでもして頂き、あなたの友人にもノウハウを共有してもらえると嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)