単価が作り出す限界値を把握しておく

  • LINEで送る

治療院経営では、集客が上手くいって、リピートもしっかりと取れた上で、どうしても最後には単価が作り出す売上の上限というものにぶち当たることになります。

もちろん人を雇ってキャパを広げるという選択肢は常にあるわけですが、現在の治療院業界の流れを考えるとおいそれと人を雇うという判断もしづらかったりしますしね。汗

そのうえで一人でやっていく覚悟を決めて、自費売上目標100万!200万!300万!と目標を掲げることは良いことですが、あなたは自分自身の院の単価から推測できるおおよその限界値というものをしっかりと把握した上で目標を描けているでしょうか?

今回はそんな単価が決定づける上限のお話を少ししていこうと思います。

1人治療院の単価から導かれる限界値

スタッフの人数によって計算は当然違ってきますが、今回はあくまでも1人治療院(施術スタッフが1名)の場合を例にしていきます。

よく見る公式かも知れませんが、基本的に治療院の売上は

 

総来院数 × 平均来院頻度 × 平均単価

 

で導き出されることができます。

総来院数と平均来院頻度をかけあわせたものが、その月ののべ施術回数と言っても良いでしょう。

ということは、治療院の売上は(保健請求や交通事故、あるいは物販などその他の売上を除いて)

 

その月の施術回数 × 単価

 

でざっくりとあらわされるわけですね。

何を当たり前のことを・・・と思われるかもしれませんが、簡単に行ってしまえば月の施術回数に単価をかければ、おおよその売上が出てしまうわけです。

 

施術回数の限界値はほぼ決まっている

そのうえで、ぶっちゃけ1カ月でできる施術回数っておおよそ決まってしまっているわけですね。

仮に集客も上手くいって、そしてリピートもしっかりと取れたとしても、1日に無限に患者さんを見れるわけではないわけです。

仮に1枠20分くらいで施術を行っているのであれば、1時間で3枠。さらに仮に9時間診療だったとすると1日でどれだけ頑張っても27人しか患者さんを見れないわけです。

ここに新患さんの枠や、あとは空き時間などを考えると、まぁざっくりと1日20人~23人くらいが1人治療院の先生が1日に見れる患者さんの人数ってことですね!(枠が20分の場合)

ということは、1カ月の施術回数も稼働日数がおおよそ23日稼働だとすると、460回~529回くらいがマーケティング活動が万全にうまくいった上での限界値になってくるわけです。(529回なんてのは20分予約枠で考えるとかなり、、、いや体感的にはほぼ休み無しくらいな水準)

 

ということはここにあなたの院の施術単価を掛け合わせることで理論上あなたの院が到達できる自費売上のおおよその目安も分かってしまうわけです。

 

単価当たりの売上上限

例えば自費の単価が2000円の院であれば、そこに460回から529回の施術回数をかけると

2000円 × 460回~529回 = 92万 ~ 105万8千

 

単価が3000円の院であれば

3000 × 460回~529回 = 138万 ~ 158万7千

 

単価が4000円の院であれば

4000 × 460回~529回 = 184万 ~ 211万6千

 

単価が5000円の院であれば

5000 × 460回~529回 = 230万 ~ 264万5千

 

単価が6500円の院であれば

6500 × 460回~529回 = 299万 ~343万8千

 

というように、ざっくりとした単価当たりの到達可能売上が出てくるわけです。

もちろん、ここに保険請求をかけている整骨院の先生もいらっしゃるでしょうし、交通事故の売上なんかもあるかも知れません。

あるいは整体院であれば美容商品だったり物販などで別の売上の柱を持っている院もあるでしょう。

なので必ずしもこれが売上の限界とは言いませんが、あくまでも自費治療のみにしぼった売上であればおおよそこのあたりが自費売上になってくるのです。

ということは、自費のみで200万をあげようと思えば単価は4000円くらいにはしておかなければいけませんし、300万を目指しているのであれば6500円くらいの単価を視野に入れていかなければならないというわけなんですね^^(さらにいえば、回数券やプリカでの割引を行っている先生なんかは、単発の単価でいえばさらに今あげた例よりも少し高くしておかなければなりませんね!)

 

 

 

まとめ.あなたの単価であなたの目標にたどり着く?

今回設定した施術回数はわりと集客やリピートが上手くいって初めて達成できる数字です。(15分枠だったり、10分枠ならまた前提は変わりますが)

つまり、マーケティングが上手くいった上ではじきだされる数字というわけです。

いかがでしょうか?

あなたの院の単価がいくらなのは自分にはわかりませんが、あなたの院で現在設定している単価で、果たしてあなたが思い描いていた売上目標にちゃんと理論上だけでも届いていたでしょうか?

いろんな先生からコンサルを受ける際に、意外とそもそも設定価格が目標イメージにまったく届いていなかった・・・という例は多いです。

なので、ぜひ今回の数字を頭の片隅に入れて、あなたが思い描く目標に届くような単価設定を目指せるように頑張ってみてくださいね^^

 

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)