整骨院・整体院の集客は投資額に目を奪われてはならない!

  • LINEで送る

あなたはこれまでに資金を投資して、なんらかの集客を行ってきたことがあるでしょうか?

おそらく少なくともホームぺージくらいは持っているのではないかと思います^^

その他にもチラシを撒いてみたり、PPC広告をかけてみたり、いくつかの手段を用いたこともあるかも知れませんね。

その際に「うわー、、、やっぱり結構お金がかかるなぁ。。。ちょっとしんどいかも。。。」なんて思ったり考えたりしたことはないでしょうか?

確かに気持ちはわかるのですが、、、整骨院や整体院での集客を続けていきたいのであれば、投資額に目を奪われてはならないんですよ!

整骨院・整体院の集客は投資額ではなくROIに目を向けろ!

集客を行っていく際に、自分が支払った金額を「消費」と捉えてしまう先生は非常に多いです。

しかし、患者さんが放っておいても来るならまだしも、そうでなく集客活動によって患者さんが集まっているというのであれば、そこにかかるコストは「投資」なはずですよね?

つまり、目を向けなければいけないのは、「いくらかかったか??」ではなく、「ROIはどれくらいだったか??」ということなのです!

 

ROIってなによ?

あまり聞きなれない言葉かも知れませんが、マーケティングの世界では一般的な用語になります。

return on investment(リターン・オン・インベストメント)の略で、「投資利益率」「投資収益率」などと訳されます。 投下した資本に対して得られる利益の割合を示し、企業の収益性や事業における投下資本の運用効率を評価する際に用いられる基本的な指標です。

分かりやすく言うと、「いくらのコストをかけて、どれくらいリターンが得られたか?」くらいで捉えておけば大丈夫です^^

 

たとえば、1人の新患さんを獲得するために仮に6000円くらいかかってしまったとしましょう。

このままだと「あー、6000円もかけたのか。結構かかったな、、、」で終わってしまいますが、仮にROIに目を向けて、この新患さんからの最終的な売上(LTV)が24000円になっていたとしたら、ROIは(24000-6000)÷6000×100=300%になります。

こう考えると、仮に6000円コストがかかったとしても、かなり十分な回収ができていることが分かってくると思います^^

 

 

費用回収のタイミングを焦りすぎない

次に重要なことは、費用対効果を期待するタイミングを焦りすぎない、ということです。

というのも、上記のROIを計算する際もLTVで計算したから、十分な回収ができていることが分かったわけですよね?

これがもし、「初診料」の段階で収益率を出そうとしたらどうなるでしょう??

 

あなたの院の初診料っていくらくらいですか?3000円?4000円?まぁ、ある程度するところでも初診料として窓口でいただく金額は6000円ってところでしょう。

そうすると、計算が変なことになってきます。

(6000-6000)÷6000×100=0%で、まったく資金が回収できてないことになってしまうんですね。

少しわかりにくかったですか?

 

例えばチラシ集客を考えてみましょう。

チラシを20000枚刷って、折込みをお願いしたとします。そして仮に初診料は4000円だったとしましょうか。

地域によって差も出ますが、とりあえずデザイン料+印刷代で50000円、20000部の折込みで70000円としておきましょうか。すると、合計で120000円かかっていることになります。

これを今回の折込みでペイしようと考えると、12万÷4千円=30人集客しないとペイ出来ないわけです。

不可能とは言いませんが、広告の勉強をしたことのない人がただ作ったチラシが20000部で30人集客できることは「ほぼ」ないと思ってもらっていいです。

そして、折込みをした先生はこう考えるわけです。「新聞折込みは元が取れないんだな・・・」と。

これが集客のコスト回収を焦りすぎた結果の、最大の間違いなわけです!

 

 

イメージは不動産投資と一緒

ROIで見る整骨院や整体院の集客は不動産投資と同じようなイメージなわけです。

例えば、あなたが1億円もするようなマンションを買ったとしましょう。

あなたには毎月毎月、家賃による収入が発生するわけですが・・・

まさかこの時に投資した1億円が1カ月、あるいは1年で全て回収できるなんてことは、、、あり得ませんよね?笑

もっと長いスパン、10年とか12年とかで投資した分を回収して、いよいよそこからは不労収益だ!というような感じで夢を膨らませるのではないでしょうか?^^

このように、かけた費用がすぐペイ出来るわけが無いのが不動産投資です。(転売はまた話が違いますよ?笑)

整骨院や整体院の集客の場合なら、そこまで長い期間で見なくても大丈夫ですが、それでも初回にかけた費用が初回の来院だけでペイすることを考えるのではなく、リピートも含めた通算で考えるという視野は必要になってくるのです!

 

 

 

まとめ.集客の成果はコストではなく費用対効果で考える

今回お話したように、整骨院や整体院の集客で大事になってくるのは、「ROIに目を向ける」ことと、「投資回収を焦りすぎない」ということです。

もちろん、投資したコストを素早く回収する努力は必要ですが、焦りすぎるとどんな集客でも「費用対効果が出ない・・・」となりがちになってしまいます。

長い目で集客を考えた時には、そこそこのコストがかかっていたとしても意外としっかりとした利益を上げているものです。

ぜひあなたがしっかりと集客を継続させて院を発展させていきたいのであれば、このあたりの視野はがっつりと持たれてみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)