勉強会やセミナーに参加するのに「一番勿体ない」人の思考

  • LINEで送る

普段からいろんな先生に様々な手法をお伝えする立場に立つことが多い自分ですが、それと同じくらいセミナーや教材などを購入して、学ぶ立場に立つことも多いです。

その時に、僕には少しでも多くのものを吸収できるようにするために意識している「大事な考え方」があるのですが・・・おかげでいつもどんなセミナーに出てもすぐに成果として回収できる価値を得ることが出来ています^^

しかし、中にはこれとは真逆の考え方をして、せっかくセミナーに参加しているのに、時間を無駄にしてしまっている先生も少なくはないのです。

このようにセミナーから吸収できる成果そのものを分けてしまう「ある思考」とはなんなのでしょうか?

セミナーの明暗をわける「思考」の違い

結論から言うと「使えるか使えないか思考」でセミナーを受けている人は、必ずセミナーからの吸収値が最低限になります。汗

では、この「使えるか使えないか思考」とはどんな思考なのかと言うと・・・・・・

 

「使えるか使えないか思考」とは

これはセミナーや勉強会などで聞く内容に対して、「これってウチで使えるかな?それともウチにはちょっと合わないかな?」と言う風に考えながら内容を聞くことです。

一見すると、「え?それって普通なんじゃないの??」と思うかも知れませんね。

しかし、この思考では残念ながら勉強の吸収力は最大化しないのです。汗

何故なら、他の院や他の業界でうまくいったことというのは、多くの場合「そのまま自分の院で使うことはできない」状態だからです。

成果が出ているということは、まさに「その院で上手くいくように(あるいはその状況下で上手くいくように)カスタマイズされている」ものです。

ということは、当然そのまま」使おうとすれば、自分の院にはピッタリとマッチしないのは当たり前のことなんですね。汗

それなのにセミナーや勉強会を「使えるか使えないか思考」で聞いていると、「これはウチには合わないな。。。うーーん、これもウチではそのまま使えないな。。。これも、、、やっぱり無理か。」なんていう風になり、何も使えなくなってしまうのです。笑

 

 

必要なのは「どうやったら使えるか思考」

では、じゃあセミナーや勉強会に参加する時に必要なのはどんな思考なのかと言うと「これってウチに使えるかな?」という思考ではなく、「これってどうやったらウチでも使えるかな?」という思考なのです。

どういうことかと言うと内容を聞いている時は常に「これってどうやったらウチでも使えるかな?」と言う風に考えながら聞くということなんですね。

こうやってセミナーや勉強会を聞くと、途端に視野が広がります。

何故なら、大前提として「自分の院で使えるようにカスタマイズしていく」という思考で内容を聞くわけですから、全部が「自分の院でも使える可能性があるもの」として聞くことができるようになるのですね!

そうすると、「これはウチで使えるかな?」という思考では使うことができないと思ったいた施策が、「あっ、これはこの部分とこの部分だけ少し変更したらウチでも使えそうかな?」という発想に変わっていくのです。

極端な話、こういった発想で勉強を行えば、あらゆる施策を院に取り入れ、成果に繋げ、売上を伸ばしていくことが可能になります。(もちろん、全部の施策を実際にやる必要はなく、自分の院で取り入れていきたいものだけを取り入れていけば良いと思いますが。笑)

 

 

 

まとめ.セミナーは答えを聞くものではない

よくある考えとして、セミナーで説明してくれていることは、それがそのまま「答え」だと勘違いしている人が多いです。

が、あくまでもセミナーで聞ける内容は「ある状況下、あるいは別の院では上手くいった方法」であり、それがそのまま自分の院で使えるとは限らないのですね。

とはいえ、それじゃあセミナーは意味ないのか?というと決してそんなことは無く、「どうやったら使えるか?」を考えることで自分の院でもしっかりと成果が上がるように使っていくことができるようになるのです。

セミナーで聞く話は「他院にとってのゴールであり、自院にとっての初期仮説」。

ここからどうPDCAサイクルを回して、自分の院にマッチしていくか?を考える最初の地点を教えてくれる場なのですね!

そのように捉えれば、きっとセミナーで聞いた内容がどんどん自分の院にマッチできるようになり、今以上に成果がでやすくなっていきますよ!

ぜひ、これからの学びに役立ててみてくださいね^^

 

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)