目標達成したいならこのメニュー以外を用意してはいけない!

  • LINEで送る

あなたの院の目標は月商いくらくらいでしょう?

整体院で月商100万を上げたい人もいれば、整骨院で月商200万を超えたい先生もいるでしょう。

スタッフさんを雇って、月商500万円は超えていきたい先生もいると思います。

このときにご自身のプレゼン力やスタッフさんの能力はもちろん売上に関わりますが・・・

もし目標達成をしていきたいのであれば、もっとも重要なことは最初から「このメニュー以外を用意しない」ということなんですよ!

目標にたどり着かない分単価のメニューを用意してはダメ

結論から言えば、そもそも目標設定している売上に届かない料金設定をしていてはダメだよってことです。

「え?そんなことするわけないじゃん??」って思う人もいるかも知れませんが、回数券やプリカを導入した時にうっかりと分単価が目標を達成できなくなってしまう先生も少なく無いのです。

というよりも、もしかしたらそもそも目標を達成するために必要な分単価を出していないのかも知れませが・・・汗

 

 

まずは目標達成できる分単価を計算する

例えば窓口での売上目標が100万円だったとしましょう。(整体院ならこれが売上のすべてですし、整骨院であればここに保険請求分の売上もさらに加算されますが、いったん窓口のみで考えます。)

仮に1分単価が100円だったとします。1時間で考えるとMAX6000円の売上ですね。

1日の診療時間が9時間。月の稼働日数が22日だったと仮定すると・・・

 

6000円 × 9時間 × 22日 = 118万8000円

 

おめでとうございます!

無事窓口で目標の100万を達成しました!!!!!!

 

とはならないんですよねぇ。。。汗

 

確かに理論上は100万を超える計算ですが、現実的に考えて毎日1分も休まずに、22日稼働し続けるなんてありえません。汗

実際の稼働時間はだいたい6割、7割もいってたらそこそこ忙しさを感じ始めるくらいです。(もちろん稼働率が8割、9割行っている先生もいますが、10割はさすがにありえません。身体壊します。)

ということは、実際の計算では

 

118万8000 × 6~7割 = 71万2800円~831600円

 

がいいとこってくらいなんですね。汗

ということは、どうやら分単価100円では、窓口のみで100万円を達成するのは厳しそうです。

では、分単価150円ならどうでしょう?1時間で考えると9000円の売上ですね。

 

9000円 × 9時間 × 22日 = 178万2000円

 

これに、稼働率を6割~7割でかけていくと

 

178万2000円 × 6割~7割 = 106万9200円~124万7400円

 

となります。

どうやら窓口で100万を現実的に超えられるラインは分単価150円以上の設定からですね!(もちろん、院の稼働率によって計算は変わりますが再現性のある数字という意味ではこのライン)

 

 

一番メインで出していく回数券やプリカでも分単価を意識する

時々いらっしゃるのが、この分単価150円を「単発の一番ベースの料金」に設定してしまうというミスをする先生がいます。

どういうことかと言うと「自分の院は施術枠は20分だから、分単価150円で考えると1回3000円に設定しておけばいいな!」ということで単発の料金を窓口3000円に設定するのです。

このメニューしかないならいいのですが、この後に回数券なんかを用意してしまうと・・・

 

  • 1回    3000円
  • 5回券  13000円
  • 10回券 25000円

 

といったような料金体系になってしまったりします。

でも、よくよく考えればこれってまずいですよね?

5回券をメインでオススメしていくのか、10回券をメインでオススメしていくのかはわかりませんが、回数券を出すつもりだから作ってるわけでしょう?

なのにこれだと、仮にどっちの回数券が出たとしても気づけば分単価が150円をクリアできなくなってしまっているのです。汗

あくまでも分単価をクリアしているのが単発の施術だけになってしまっているのですね。

 

もしこの状態で回数券を作ろうと思ったら

 

  • 1回    4000円
  • 5回券  17500円
  • 10回券 30000円

 

という風に、10回券が出た場合でも分単価150円を超える設定にしておかなければならないのです!(あるいは、明確に5回券をメインで出していく!という方針であれば、5回券が分単価をクリアしていればどうにかなったりします。)

つまり、いろいろなプレゼン方法はあれど、目標を達成していくために大事なのは「目標に届かなくなる分単価で設定してしまっているメニューをはじめから用意しない」ことがまず大事なのですね!

 

 

 

まとめ.目標達成のためにメニューを見直してみる

あなたの院のメニューはどうでしょうか?

契約率が下がるのが嫌だからと、単価の低いメニューも残したままにしていたりしませんか

気持ちはわかりますが、そのために分単価を割ってしまうメニューが出てしまっている状態ではどうしても目標達成は厳しくなります。

もし本格的に目標達成を目指すのであれば、プレゼンを磨いたりするのと併せて、ぜひそもそもメニューから目標達成できなくなってしまう単価のメニューを外すということを試してみてくださいね^^

そうすればリピート率次第で必ず目標に届くようになっていきますよ!

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)