強いチームを作っていくためにやって欲しい2つのこと

  • LINEで送る

このブログを読んでいる先生の中には、1人院長で現場を回している先生もいれば、スタッフを複数名雇ってチームとして頑張っている先生もいると思います。

また、現場で治療する先生は1人だとしても、受付さんだけはパートで雇ったりしている先生も少なくないでしょう^^

そういった「自分以外の人を含めてチームで治療院を経営する」時に大事になっていくことは、いかにチームとしての力を高めていけるか?ということです。

スポーツでも何でも、たった1人だけ個の力が優れている選手がいるチームよりも、チームプレーや団結力などで総合力の高いチームが勝ちますからね^^

そういった「チーム力」を高めていきたいときにやって欲しいアクションはこれです!

強いチームを作っていくときにやってほしい2つのこと

「やる気はあるみたいだけど、なかなかこっちのイメージ通りに動いてもらえない・・・・・・」

「優先順位はこっちのほうが高いのに、いつまでも別の作業をしていてもどかしい・・・・・・」

などなど。

人を雇えばこそ生まれる葛藤は沢山あります。

これを、雇ったスタッフの能力のせいにしてしまうのか、あくまでも自分の教育の未熟さのせいだと受け取ることが出来るのかで、院自体の成長が変わってくるわけですが、、、

実際のところ多くの場合では自分がスタッフに対して行動方針や優先順位を伝えきれていない場合がほとんどだったりします。汗

そこで、スタッフ自身がある程度自分で考えて行動し、かつ、その行動が自分のやって欲しいことにリンクしてくるようになるためには必ず2つのことを行う必要があるのです!(これだけでは無いですが、まずはこれからです。)

 

理想のイメージを共有する

まずやらなければいけないことは、「自分の院で理想とする〇〇とは?」のイメージを院長とそれ以外のスタッフで共有出来るようにならなければいけません。

「この院で理想とする治療スタッフとは?」

「この院で理想とする受付スタッフってどんな感じ?」

など、チームで目指していく姿をしっかりと全員で描けるようにするのですね。

これはあなたの中で明確に「こういうスタッフがいい」とイメージがあるのであればトップダウンでイメージを伝えるのも手ですが、、、、、、出来ればスタッフ自身が自分で「そういうスタッフを目指したくなる」ようにボトムアップ形式で意見を吸い上げていくほうが望ましいです。

出来れば今自分の院にいるスタッフ全員に「どんな〇〇(受付、治療家、補助)だったら、患者さんは喜んでくれるかな?そのときの仕事の優先順位ってどんな感じになると思う?」といった風に、スタッフ自身に聞いてみるのです。

そうすると、スタッフそれぞれが思っている理想像も違えば、仕事に対する理解度、優先順位もわりと違っていることに気づけると思います。

当然あなたがスタッフに抱いている「こんな風になってほしい!」というイメージとも違う答えが返ってくるでしょう。だからこそ、院長のイメージとスタッフの動きがリンクしないのは当然のことなのです!

ここでスタッフ自身の意見、イメージを吸い上げることで始めてスタッフの価値観を知ることが出来ます。

あとは、全員(もちろんあなたの意見も含めて)の意見をまとめた上で「じゃあ、僕らの院では理想の〇〇といえば、これこれこうだね!」というイメージを作り上げるのです!

これで始めてスタッフ全員が目指すべきイメージ像が明確化されることになっていきます^^

 

チームに共通言語を作る

理想のイメージを共有することが出来たら、次にやることはチーム内に共通の言語を作ることに是非トライしてみてもらいたいです。

これは強いチームを見たりすると分かるのですが、「自分達しかわからないけど、自分達の中ではその一言で伝わるような独自の言語」を持っていることが非常に多いです!

意味がわかりにくいですか?笑

 

例えば、これは僕が当時居た院の共通言語になるのですが、僕らのチームでは

「それって、上げり目と下がり目どっち?」

「大事なのは、利益と可能性を描かせることだよ」

「これが丸太目標で!」

というような会話が普通に行われていました。

これ、知らない人が聞いたら意味が分かりにくいですよね?笑

でも、僕らはこう言えば短い会話でも、全員がちゃんと意図と意味を把握して行動が出来たのです。

何故ならその「共通言語の意味と意図をチーム全員がちゃんと知っていたから」なんですね。

 

何故こういった「共通言語」がチーム内に必要かと言うと、言葉の定義というのは曖昧で、人それぞれによって解釈が異なるからなのです。

例えば、同じ「頑張ろう!」ということがでも、人によっては「120%(限界を超えて)やること」を頑張る!と捉えている人もいれば、「100%(限界まで)やること」を頑張る!と捉えている人だっていますし、「70%(いつもよりは)やること」を頑張る!と捉える人だっているからなのです。

こんな状態で院長が「今月は頑張ろう!」と言ったって、そりゃあチーム内で動きが統一される訳がないんですね。

しかしそんな時に、意思伝達する際に一言で正確に意図と意味が伝わる「共通言語」があればチームがまとまって同じレベルで意思疎通できて動けるようになるのです!

だからこそチーム内に「共通言語」が必要になってくるのですね^^

 

「えー?ほんとかなー?」って思うかも知れませんが、勢いのある治療院ほど間違いなく、周りが聞いても何言っているかわからない「共通言語」があるものですよ^^

 

 

 

まとめ.共通のイメージと言語がチームを強くする

今回のことをまとめると院長とスタッフ間でイメージや言語に対する捉え方の違いの「差」が縮まれば縮まるほど、チームとしての力は強くなっていく、ということなんですね。

こういった共有作業は結構時間と手間がかかるので、どうしても後回しにしがちになりますが、一度チーム内で文化が出来てしまえば、それからは驚くほど自然にチームに共通認識が広がります。

しかも、その効果はおそらくあなたが思っている以上に絶大です^^

強いチームを作り、院の売上を拡大していくためには必須の作業だと僕は思っているので、ぜひあなたの院でも試してみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)