整骨院の自費移行とは店のコンセプトを明確にすることこ

  • LINEで送る

整骨院経営において、保険診療のままでもいける人はいけると思いますが、個人的には多くの整骨院にとって自費移行、あるいは自費導入していくことは非常に急務だと思っています。

近頃で行ってしまえば、かなり自費移行して整体院化した整骨院も多いですし、そこまでいかなくても自費導入くらいは行っている整骨院がほとんどになってきていますからね。

そして、この決定は院長である、あなたしか行えない以上、遅かれ早かれどこかで決断しなければいけない問題とも言えるでしょう。

そこで今回は自費移行に対する技術的なものではなく、自費移行とは本質的になんなのか?ということについてお伝えしていきたいと思います。

自費移行とは、自身の院を明確にしていくこと

マーケティング的に言ってしまえば「差別化」などの言葉で括られてしまうのでしょうが、自費移行の本質はあなたの院のイメージを転換させることにあります。

その結果として、差別化が生まれ、集客力が上がったり、単価が上がったりするだけなのです。(いや、まぁ勝手にはなりませんけどね?そのキッカケになるってことです。笑)

 

同じ現象でも料金はこんなにも違う

例えば、僕のブログでも何度も何度も言っていますが、全ての顧客はお店を料金だけで選んでいる訳では無いのです。

例えば治療院業界と比較的似たような業界として、美容室と1000円カットが挙げられます。

イメージで言うと、美容室が自費の整体院で、1000円カットが保険のみの整骨院ってところでしょうか?(これはただの例えですからね。)

美容室だと、カットだけでもだいたい4000円くらい掛かりますよね?お店によってはもっと掛かるところもあると思います。

では、4000円でカットしてくれる美容室と、1000円カットのお店、何か現象として違いはあるのでしょうか?

どちらも同じ「髪を切る」という現象ですよね?

4000円だからそっちのほうが技術がある?そうとは限りませんよね?その理屈が通るのであれば、保険のみでやっている全ての整骨院は、自費でやっている整体院よりも技術が低いということになりますが、、、それはあまりに乱暴な考えですよね?

あるいは車のベンツとタント。

現象としては、どちらも同じ乗り物ですし、おそらく制作のための原価が倍違うとは思えませんが、販売価格は倍ところか、もっとそれ以上の開きがあります。

しかし、それでも車を買うならベンツのほうが欲しい!という方は沢山いますし、ベンツのほうが高いからといって満足度が低いということだってありませんよね?

 

違いは「付加価値」

では、美容室やベンツは、1000円カットやタントと何が違うかと言われれば、それはまさに商品だけでなく商品イメージに付随する「付加価値」と呼ぶものに価値を見出していることに他ならないのです!

例えば美容室でカットしている、といえば床屋や1000円カットで髪を切っているだけよりも「オシャレに気を使っている人」というイメージが思い浮かびますよね?

あるいはベンツに乗っていればそれだけで「成功者」とか「金持ち」みたいなステータスを感じることが出来ます。

これが仮に事実で無くても構わないんです。

借金をして何とかベンツを手に入れる人もいるでしょう。

あるいは、オシャレなんてほとんどわからないけど、とりあえず気を使ってる風にだけ見せたくて美容室に言っている人もいるでしょう。

要はその人たちは「そう見られたい」のです。

そして「そう見られる」という欲求を叶えるように、それらの商品やお店は常に自分の扱っているもののイメージを壊さないように非常に大切にしているのです。

 

例えば女性をデートに連れていくのであれば、「吉野家」よりは「フレンチレストラン」のほうが、男として「できる」ような気がするでしょう?笑

料理を食べる、という現象に関しては同じなのに、価格なんて10倍は違うはずですよ?

でも、「そう見られたいから」高くてもフレンチレストランを選ぶことに意味が出てきますし、フランチレストランもそのニーズがわかっているからこそ、内装なんかにちゃんとこだわっているのです。

 

あなたの院はどんなイメージを付加価値として提供できる?

つまり、自費移行の本質とは自費の部分に「あなたの院はどういうイメージか?」ということを付加することだと言えます。

  • 「料金はそこそこするけど、あなたの院だと間違いないクオリティの治療が受けられる」というイメージ
  • 「料金はそこそこするけど、他よりも圧倒的に居心地の良い空間で治療が受けられる」というイメージ
  • 「料金はそこそこするけど、対応やサービスがホテル並みにすごい」というイメージ

これらの付加価値のイメージが差別化に繋がり、そのイメージを気に入ってくれた人があなたの院に通うようになるのです。

このイメージ転換が出来なければ、仮に自費導入したからといっても、結局集客に困ることになるでしょう。

ただ料金を上げて、戴ける料金が増えることが自費移行だ!なんて気持ちで自費移行して、自分自身の整骨院の「コンセプト」となる見え方の部分を一切変える努力をしていないようでは、きっと痛い目を見ますからね!

 

どちらも存在意義がある

ちなみに低価格帯の店舗だろうが、高価格帯の店舗だろうがそれぞれどちらも存在意義はあります

ベンツもタントもどちらも、それぞれのニーズにあった需要が必ずあります。

美容室と床屋だって、どっちに通うかは人それぞれでしょう。

女性をフレンチに誘う男性だって、1人の時は吉野家に行くことだってあると思います。

つまり、どちらにも需要はあるし、どちらが欠けてもいけないのです。

どちらのやり方が「偉い」とか、そういったことではないのでそこは勘違いしないでくださいね^^

あくまでも「あなた自身」が、「どんなコンセプト」でやっていきたいかを決められるということです!

 

 

まとめ.大事なのはあなたが選ぶこと

保険だけでやっていれば「保険で安く治療したい」という患者さんがこれまで通り来るでしょう。

しかし、仮に自費だけでやったのであれば、それはそれで「自費を払ってでもしっかりとしたクオリティの治療を受けたい」という患者さんが必ず来るようになるのです。(もちろん集客は必要ですが。)

ニーズは必ずあります。自費移行すると患者さんが来なくなるんじゃないか、、、治療は安いほうがいいんじゃないか、、、と思っているのは、あなたの勝手な思い込みに過ぎません

1000円カットと美容室が同時に存在しているように、どちらにも存在意義があるのです。

大事なのは、じゃああなたはどっちの立場でいたいの?って決めることなのです。

自費を選んで、自費移行の本質である付加価値のイメージを身に付けていくことを選ぶのか、保険でやっていくことを選んで、低単価で最低限の治療を受けたい人たちを見ていきたいのか、、、選ぶのはあなた自身です。

ぜひ、しっかりと決めたうえで、今後の治療院経営を頑張ってみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)