治療院集客は栄養ドリンクのような使い方ではいけない!

  • LINEで送る

院長兼経営者さんというのは、現場に出ている分、非常に自分の時間が少ないです。

その忙しさのせいか、本当は集客を行うべきタイミングなのに、集客を行うことなく現場で頑張りすぎ、結果的に最高のタイミングを逃してしまう、という勿体ないパターンに陥りがちになる先生が非常に多いのです。

例えば集客を行う場合、、、「最近来院数が下がってきたから、ちょっとそろそろチラシでも撒こうかな?」なんていう風に考えたりとかね。

あるいは逆に「最近ネットの集客がかなりうまく行ってるから、ちょっとPPC広告は止めておくか」とかね。

この発想は全くおかしくないように見えて、実は1番陥ってはいけないパターンなのです!

いったいどういうことなのでしょうか?

あなたのマーケティング、ただの栄養ドリンクになってない?

リポビタンDとか、ユンケルとか、レッドブルとか、ああいった栄養剤は多分あなたもご存知でしょう。

もしかしたらあなたも疲れが溜まってきた頃には、1度と言わずお世話になったことがあるかも知れませんね。

僕自身、どうしても休みが取れない時は、たまに飲んで無理やり頑張ることもあります。笑

ですので、栄養ドリンクに頼ってはダメ!とまでは言いませんが、でも本来は出来ることなのであれば体調なんてものは、しっかりとした睡眠時間の確保、そして、十分な栄養素を含んだ3食の食事をとって、身体をバリバリ働ける状態にキープ出来ることが望ましいですよね?

つまり、身体の状態は無視して、とりあえず頑張るだけ頑張って、限界が来たら栄養ドリンクで誤魔化せばいいや、的な発想は本来は望ましくはないということです。

 

治療院における集客が栄養ドリンク的な発想になっている

しかし、自分の身体の栄養などでは定期的にしっかりと栄養補給することが大事だとわかっているのに、治療院経営となるとその視点が抜けがちになってしまうのです。

つまり、普段は全然集客もせずに、ただホームページを作って置いておくだけなのに、現場で治療をしていて「んー、なんだか最近だんだん患者さんの来院数が下がってきてるな?」と感じた時には、ちょっとチラシでも撒いてみようか?とか、何か現状を打破できる集客法って無いかな?なんて探してみたりするのです。

そして、1度集客をかけて患者さんの来院数が元に戻ると、その現場の状況に満足して、改めて患者さんの人数が少なくなってくる頃まで集客をかけるのを怠ってしまうようになるのです。

まさに、普段は現場でずっと頑張って(とりあえずずっと頑張って)、来院数が下がった時だけ(疲れたら)、集客をかける(栄養ドリンクを飲んで誤魔化す)、という状況なのです。

 

3食の食事のように当たり前に治療院の集客を行う

このように、「これ以上は限界だから対応しよう」というような考えでは、いつまで経っても治療院経営が本当の意味で改善していくことは無いのです!

そうではなく、しっかりと身体をベストな状態に保てるような3食しっかりとした食事を食べるように、定期的な集客を行えるように事前に決めておくのです!

食事を、「とりあえず限界まで動いて、お腹が空いたら食べよう」、なんて思いませんよね?

ときどき抜くことはあるかも知れませんが、基本は自分を動かすエネルギーを作るために、ある程度決まった時間に食事を取ると思います。

だから、あなたは永続的に活力に満ちあふれた状態で動くことが出来るのです。

集客も同じで、初めから〇月と〇月と〇月と〇月はこのチラシを撒こう!とか、〇月と〇月はミニコミ誌を使おう!とか、〇月からはいよいよ新しい集客の導線をスタートさせよう!というように、初めから決めて行うものなのです。

そうすることで初めて、来院数などが減り出す前に、次の患者さんがあなたの院に訪れるようになり、来院数が伸び、結果的に売上が上がるという経営体質の強化が達成できるのです!

数字が下がった時にだけ行う集客では、ただただ一時的に身体が動くようになる栄養ドリンクと何も変わりません。その瞬間をやり過ごすだけで、次に続かないのです。

 

 

まとめ.治療院マーケティングは、後手に回るのではなく先手に回る

今回の話をざっくりと言ってしまえば、治療院マーケティングは後手後手に回りすぎている人が多いし、しかもそれに気づいてないから、気をつけようって話です。

人数が下がったら集客する、という考え方そのものがすでに後手の発想です。

そうではなく、今年はこの数字を達成したいから、だったら〇月と〇月と、、、あと〇月くらいには仕掛ける必要がありそうかな?という発想が、経営を強化していく先手の発想なのです。

こうやってあらかじめ数字を右肩上がりにしていく「攻め」の集客スケジュールを立てることが大事なのです!

現状で良い、というのであれば今回の話はあまり必要無いかも知れませんけどね。汗

しかし、もしあなたがこれからももっと自分の院を強くしていきたい、というのであれば是非一度しっかりと自分の院を強化するマーケティングプランを先に立てて、それに従って行動を起こしてみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)