現場に必須の患者教育とは?

  • LINEで送る

自費施術の割合が増えてくると、必ずと言っていいほど、保険診療だった時よりも患者さんの離脱が増えたり、あるいは来院のペースが間延びしていったりします。

もちろん、しっかりと準備をして対応した院さんは問題ないですが、、、

多くの治療院が自費移行しても保険でやっていた時とほとんど同じような対応を現場でやってしまっているからこんなことが起こってしまうのですね。汗

では、自費施術の割合が増えていったとしても、しっかりと患者さんに通ってもらって、離脱しないようにしていくためには現場で何が必要かと言うと・・・・・・それは患者教育なのです!

現場に必須の患者教育という考え方

患者さんが来院しなくなることのすべてが自分たちの責任というわけではありませんが、それでも自分たちのアクション次第で患者さんの離脱が防げることも事実です。

では、何故患者さんが離脱したり来院ペースが遅くなったりするかといえば、一言でいうと患者さんに対する教育不足なわけです。

ここでいう教育不足とは、何も患者さんにアレコレ教えるとかいうことではなく、患者さんは知らなくて当然のことを治療院側が責任を持って伝えきれていない、ということを指します。

では、どういったことを患者さんに伝えていかなくてはいけないのでしょうか?

 

 

まずは「慰安」と「治療」の違いをしっかりと認識してもらう

自費施術を行っていく上で絶対に必要なのは自分の院は「治療」を行っていると患者さんに認識しっかりと認識してもらうことです。

うっかり「慰安」と思われようものなら、「ちょっと高いかな?」と料金に疑問を持たれた時点でスーーーっと足が遠のいてしまうのです。笑

というのも、お金が厳しいときにまずどこから出費を削るかと言われれば当然「娯楽・慰安費」ですよね?(税金の支払いからやめる?なるほど。自己責任でお願いします。笑)

 

極端な話、お医者さんから「毎月このお薬を飲まないと死にますよ?」なんて言われたら絶対にその費用を削ったりしませんよね?

むしろそのお金稼ぐために働くレベルですよね?笑

 

ですので、まずはしっかりと来ている患者さんに対して「うちは慰安系ではなくあくまでも治療をしてますよ」と伝えていかなければならないのです。

これが自費施術で多少金額が高くなったとしても、患者さんが離れていかないようにするための絶対条件なわけです。

そのためにできることとして

  • 初回問診の段階で「うちはマッサージだけの慰安などではありません。」「痛みを取るための施術をしていきます」と伝える
  • 患者さんに信頼される必要はあるけれど、人間関係を近くしすぎず、あくまでも先生という立場で接する
  • 治療計画をしっかりと立て、毎回の来院ごとにはしっかりと変化を体感させ、患者さん自身に「この先生はすごい!」ということを覚え込ませる

といったような作業が大事になってきます。

ぜひ、こういったところを現場で意識してやっていきましょう。

 

通院指導はしっかりと行う

それと大事なことが次回通院の指導をしっかりとすることです。

「なに言ってるの?そんなの当たり前じゃなん」

と思われるかも知れませんが、保険診療で予約無しで見ていた院なんかは、自費施術になってもそのままの流れで次回通院をザックリと取ってしまう癖が抜けないままの院が多いです。

例えば

 

先生
〇〇さん、また来週は来れそうですか?
患者さん
はい。来週大丈夫です。
先生
わかりました。ではまた来週中には1度いらしてくださいね。

 

と、こんな感じの会話ですね。

いやいやいや!笑

雑すぎるでしょう?笑

こんな会話をしてるから、患者さん自身にしっかりと通院しようという意識がだんだん欠けていって、そして通院のペースが空き始めてそして離脱していくのです。

 

本当に治療というのであれば、主導権は常に先生側が持っていなくてはなりません。

そのうえで必要なことをしっかりと患者さんに伝えなければならないのです。

ですので、目指すべき会話はこんな感じです。

 

先生
〇〇さん、次は・・・・・・といった治療を行います。あまり期間が開きすぎると今回の治療効果も下がってしまうので、そうならないために来週の月曜日か、あるいは火曜日までには来ていただきたいのですが、どちらだったら来れそうですか?
患者さん
んー。。。それなら火曜日だったら頑張って来れます!
先生
いいですね。では、〇〇さんが早く良くなるために(目的を達成するために)必要なことですから、来週の火曜日にいらしてくださいね。
先生
ちなみに時間としては今日と同じ17時からが通いやすいでしょうか?
患者さん
はい。17時で予約できると助かります。
先生
大丈夫ですよ^^では、来週火曜日の17時にお待ちしておりますね!

 

と、あくまでも患者さんのために必要なペースを念頭に、具体的に曜日や時間を絞り込んでいくのです。(もちろん、予約制でやっているところは当たり前にやっていることですが。)

通院指導というのは、その必要性さえしっかりと患者さんに教育出来れば、ちゃんと指定した通りに通うようになります。

通院指導が緩くなってしまうと、一気に離脱率が増え、来院数が減ってしまうのでまだ予約制を導入できていない治療院さんはしっかりと意識して行なっていきましょう。

 

 

 

まとめ.まずは現場内での患者教育を徹底する

今回は現場で意識すべき患者教育の内容でしたが、現場外に視野を広げるのであればニュースレターの発行や、ステップレターの発行など、まだまだたくさんできることはあります!

治療院経営において大事な要素として施術単価、カルテ枚数、来院頻度などがありますが、患者教育は特に来院頻度やカルテ枚数に大きく影響します。

特に来院頻度などは劇的に変わりますので、ぜひ頑張って取り組んで頂きたいです^^

治療という意識付け、通院ペースの指導、そういった患者教育が上手であれば上手であるほど来院頻度は安定し、しっかりとコントロール出来るようになってきます。

この部分を重点的に力を入れるだけで、整骨院の売上というものを一気に上げることも可能になるほどパワフルな力を持っているので、是非現場のスタッフと協力して、最高の状態を作り出してみてください^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)