集客に踏み出せない先生は「これ」を計算していないだけ

  • LINEで送る

あなたも普段からなんとなく「集客って何かやったほうがいいんだろうな・・・」というようなことは考えていると思います。

しかし、実際に集客をかける段階になって、例えば5万かかりますとか、10万かかりますってなった時に「わかりました、すぐやります!」となれないことのほうが、もしかしたら多いのではないでしょうか?

そして結局いくらぐらい広告費にかければ良いかもわからず行動ができないまま時間が過ぎていく。

それは行う集客が成功するのか失敗するのかがわからないというよりも・・・

そもそもどのくらいで成功なのか?どれくらいだと失敗なのかという基準自体が曖昧だからこそ、行動に移せないのではないでしょうか?

今回はそんな広告費に対する基準についてのお話をしていきますね!

集客の成否の基準をしっかりと持つ

集客を行うのであれば、当たり前ですが1人でも多くの患者さんに新患さんとして来てもらえるのが一番うれしいですよね^^

とはいえ、先生の中には集客というものにかなり過度な期待を持つ先生もいたりします。

例えば3~4万円をかけて集客を行った時にどれくらい新患さんが来て欲しいか?と確認すると上乗せで30人とか40人来るようになって欲しい、なんて言われたりすることもあります。

いやいやいや!さすがにそんなに急に来るわけないじゃないですか!って言いたくなりますね。笑(日本全国を探せば、それくらいのコストで集客出来ている治療院もあるでしょうけど、少なくとも日本全国どこでも再現性がある、とは言えないでしょう。)

 

しかし、自分の中で集客に対する基準がないと「お金をかけたんならそれくらい来るんじゃないの??」なんて思ってしまったりするわけです。

そして逆に「最低何人くれば元は取れる計算ですか?」と聞くと、ほぼほぼ答えが返ってくることはありません。

このような状況では集客を思い切ってかけられるわけがないんですね。

期待値が高いせいで、結果がそれをほぼ下回る形になり、そして最低何人の集客ができればOKというラインも分かってないから、期待値に届かなかったイコール集客失敗、お金をかけて損した、なんて発想になってしまうからなのです。汗

だからこそ、集客に対して思い切って行動できるようになるためには、費用対効果の土台ともなるべき基準を知っておくことが絶対に必要になるのです!

 

 

集客の成否をはかる基準

では、何をもって基準にするかというと、それはこのブログでも何度も伝えているようにあなたの院の患者さん1人あたりのLTVが基準になってくるのです。

LTVが6万円の治療院が患者さん1人を5000円で集客するのと、LTVが2万円の治療院が患者さん1人を5000円で集客するのとでは、まったく意味が違ってくるのはわかりますよね?

あなたの院が前者であれば、それくらいコストをかけたって全然OK!って思えるでしょうけど、もしあなたの院が後者であれば、とてもではないですけど予算を抑えようとすることでしょう。

つまり、集客のコストというのは絶対の基準があるのではなく、あなたの院の状況によっていくらでも変わってしまうので、常に「あなた自身」がちゃんと計算して出しておかなければならないのです。

 

極端な話をすれば、LTVが6万円ある治療院であれば1人の患者さんを獲得するのに6万円をかけたとしても赤字にはならないのです!(まぁ利益も出ないですし、時間だけはかかってるわけですから、さすがにこれは論外ですが。)

しかし、こう考えてしまえば1つの集客としてのアクションで3万とか5万というお金を使う事に対する恐怖感はだいぶ薄れると思わないでしょうか?なんと言ったって、6万で1人の患者さんが来れば赤字になっていないのですから。笑

 

適正なコストは媒体によって多少変わる

上記にも書いたように6万円のLTVを持つ治療院なら、6万円で患者さんを集客しても赤字にはならないとは言いましたが、現実的に考えてそれではダメですよね。

あくまでも自分たちが治療院経営を安定させるためには利益をしっかりと残さなくてはなりません。

その上でLTVのうちどれくらいを集客のコストに使ってもよいかと言うと、例えばPPCなどのネット広告であればLTVを10%~15%くらいまでを目安にすると良いでしょう。(実際はそこまでかからない場合も多いので安心してください^^)

6万のLTVであれば6000円~9000円というところですね。

2万円のLTVであれば2000円~3000円程度になります。

逆にチラシなどの紙媒体ではもう少し費用がかかるケースが多いため、集客に使っても良いコストは20%~25%くらいを目安に考えると良いでしょう。

6万円のLTVであれば1万2000円くらいで獲得できれば良い計算ですが、2万円のLTVであれば4000円程度で1人の患者さんを獲得できなければならない計算となります。

 

この数字さえ知っておけば、あなたがネット広告で10万使った時に何名の集客が獲得できれば一旦成功と言えるのか?あるいはそれを下回ると失敗と言えるのかの基準が出来ることになりますね^^

これで基準が明確になるからこそ、ようやく初めて何らかのアクションを行動に移せることになるのです!

 

 

 

まとめ.行動するために数字を知る

成功と失敗の基準が分からないというのは、灯台の火が見えない海にあてずっぽうで航海に出るようなものです。

そんな状態では、いくら「やってやろう」と思ったとしても恐怖で行動が鈍るものです。

人は進むべき道、目指すべき目的地、正確な基準などが分かって初めてしっかりと行動が起こせるのです。

もしあなたが現在、自分の院の平均のLTVも知らず、いくらのコストをかけたときに何人の患者さんを獲得できれば良いのかも分かっていない状態なのであれば・・・

ぜひ、この数字は1度計算して出しておくことをオススメしますよ^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)