ブランディングを勘違いしてない?

  • LINEで送る

地域でビジネスを行なっていく場合、自院のブランディングがある程度出来ているとかなり多くの場面で良い影響が受けられます。

例えば、集客ひとつとっても、ブランディング出来ている院と、まったくブランディング出来ていない院では、まったく同じ内容のチラシや広告を行なったとしても、確実に反応は違った数字が出ると言えるでしょう。

しかしいろんな先生とお話していると、どーーーもこのブランディングというものを捉え違えている先生が多くいらっしゃるので、今回はちょっとその辺りのお話をしていこうと思います。

ブランディングは「院」ではなく「人」で行う

多くの先生が勘違いしていること、それはブランディングは「院」に対して行うものだと考えていることです。どういうことかと言うと、

先生
自分が抜けても現場のスタッフだけで上手くいくように、院をブランド化したいんですけど、どうすればいいでしょうか?
そうですね。ちなみに、今の時点で「あなた」のブランド化出来ていると感じていますか?
先生
いえ、まだそれも不十分だと思います。しかし、自分をブランド化しても現場を抜けられなくなるから、院をブランド化したいんです。
わかりました。では、まずは徹底的にあなたのキャラクターや信念を全面に押し出してみてください。まずはそこからです。
先生
ええっ!?それじゃあ私のブランディングになっちゃうじゃないですか!
それでいいんですよ。(ニッコリ)

 

ということです。

意味がわかりましたか?どういう事かと言うと、「あなた自身をブランド化すること」イコール「院のブランド化にちゃんと繋がっている」ということなんですよ。

 

有名ブランドだって「人」の名前だぞ?

考えてもみてください。

世界でも有名な「シャネル」はココ・シャネルという女性の強烈なキャラクターとセンスに惹かれた女性達がどんどん集まってきて有名になったブランドです。

「バーバリー」だって、トーマス・バーバリーという人のセンスに共感してくれた人が、服をどんどん買ってくれるようになって売上をあげていきました。

強烈な個性で未だに世界中にファンを持つハーレーというバイクは、「ハーレーダビッドソン」という会社を立ち上げたビル・ハーレーと、アーサー・ダビッドソンの個性と夢をまさに形にしたものと言えます。

 

当然ですが、すでにこれらの会社を立ち上げた人たちはいません。しかしそれでも経営者の「エゴ」や「センス」、あるいは「信条」に感化された人たちが、その会社の「永遠のファン」になっているのです。そして、これからも増え続けるでしょう。つまり、経営者が例え現場を離れたとしても、あなたが残した「イメージ」というものは、「ブランド」としてちゃんと会社に残り続けるのです。

あなたも自分の治療院に自分の名前を付けてるんじゃないですか?(もちろん地名の人もいれば、関係名前の人もいるでしょうけど。)だったら、「あなた」の個性や信条を発信して、ブランディング化しないでどうするんですか!

 

まとめ.結局、人は人が好き

どこまでいっても、人は人が好きなんです。

人を前面に出して、ブランド化に成功したところならいくらでもあります。というより、ブランド化を「もっとも早く」かつ「もっとも効果的」に行うには、「人」を前面に押し出す以外にありません。

ソフトバンクだって「孫正義」のイメージが定着してますし、アップルだって「スティーブジョブズ」のイメージでしょ?そして、そのイメージを通して商品を購入しているファンも相当数いるのです。

 

あなたの院だって、結局あなたの「キャラクター」に惹かれた「患者さん」や「スタッフ」が、あなたのもとに集まってくるのです。そして、あなたが現場を仮に離れたとしても、あなたの「キャラクター」に惹かれた「スタッフ」が、あなたの「理念」や「考え」を現場で引き継いで体現してくれます。(というか、そういう風にスタッフも教育するんです。)

もちろん、あなたの「理念」と同時に、引き継いだスタッフ自身のキャラクターや魅力も出てくるでしょうし、それはそれでOKなんです。そうやって、また新しいブランディングにも繋がります。

「院」という無機質なものにファンを付けるのではなく、「人」というキャラクターにしっかりとファンを付けてください。現場を抜けられないとかそんなことを考えて、なんとかして「院」にファンを付けようなんて思うこと自体が遠回りです。

あなたのことが好きで、あなたの「理念」を引き継いでくれた後継者は、あなたが思う以上にうまくやってくれます。そうやって、次の世代にあなたが作ったブランドを手渡していってあげてくださいね!

 

 

追伸

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思います。売上とは「治療技術」と「経営スキル」の掛け算です。あなたの友人にも整骨院経営の本物のノウハウを知ってもらうために最後に、下の「いいね」ボタンを押してもらえると嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)