整骨院・整体院において一番よくない状態の「自費メニュー」

  • LINEで送る

あなたの整骨院や整体院には何種類の自費メニューがあるでしょうか?

実は自費メニューを導入して、単価を上げていきたいとは言っても商品が「ある状態」になってしまっているなら、導入しない、あるいは撤退したほうがマシという「最悪の状態」があるのです。

では、その最悪の状態とはどんな状態なのかというと・・・

整骨院・整体院において一番良くないのは自費メニューが少しだけ売れ続けている状態

結論からいうと、毎月少しずつだけ出ている自費メニューというのは、もっとも状態としては良くないです。(ほとんどの患者さんは受けないけど、毎月2~3人だけは受けてくれるような自費メニューとかね。)

この状態に比べるのであれば、商品・サービスを誰一人買ってくれていない、という状況のほうがはるかにマシなのです!

 

「え??あれ??逆なんじゃないの??まったく出ないよりは少しでも出たほうが良くない??」と思ったかも知れませんね。

しかし、それは違います。この理由は何故なのかというと・・・

 

 

少しの売上でも導入している以上リソースはかなり割かれる

最大の理由はこれです。

どれだけ毎月受けている患者さんの数が少ないメニューであれ、導入している以上はそこにあなたの院の貴重なリソースを割かなくてはいけないのですね。

 

例えば機械。

仮に月に3人しか受けなかったとしても、残しているだけで院のスペースを占領し続けるわけです。撤去すれば他のものに回せるスペースが確保できるにも関わらず・・・

 

例えば手技による自費メニュー。

毎月400回施術しているうちの、20回程度しか受けてもらえない自費メニューだったとしても、数が少ないからと言って技術練習を怠るわけにはいきませんよね?むしろこういう状況のメニューは高額自費の手技だったりするので、むしろこっちのほうがエネルギーを割いて技術練習しなくてはいけなかったりするくらいです。

 

例えば教育時間。

メニューとして導入している以上、スタッフを雇っているならスタッフもそのメニューに使う技術や手技を身に付けてもらわなくては困りますよね?

メニューが増えた分、教育にかかる時間はかなり増えるにも関わらず、ぶっちゃけ教えたことのリターンを得られるほどそもそも自費メニューが出ていかなかったり、最悪全部のメニューを覚える前に退職したりね。手技やメニューの種類が増えれば増えるほどこの現象も起こりやすくなりますが、これはつらいですよ・・・・・・

 

他にも沢山割かれてしまうリソースはありますが、、、

このように、提供する瞬間の手間だけ考えれば「ちょっと自費で売上があがってラッキー」くらいに思うかも知れませんが、深く考えていくとまったく費やしたリソースに対するリターンと釣り合っていない場合がほとんどなんですね。汗

というか、ほとんどの場合その自費メニューが無いほうが、よっぽど他のもっと売上が伸びることにリソースを使える分マシ、という状況に陥るのです。

 

 

大事なのは8割の成果を上げるポイントに集中すること

結局これって何が起こっているかというと、いわゆる「8対2の法則」や「パレートの法則」で言われるところの、重要でない部分に労力を割こうとしていないか??ってことなんですね。

今後大きく成長させていくつもりで、今だけまだスタートアップの段階だから売上が低い、というなら別ですが、もうずーーーっとメニューとしては存在しているけど全く成長せずに低空飛行を続けているようなメニューはすぐに撤退させてください。きっと今後も成長することなく、あなたの大切なリソースを食いつぶし続けるだけです。

 

「え?でも数人とはいえ使っている患者さんがいるんですけど・・・」という声が聞こえてきそうですね。

気持ちはわかりますが、だったらそういった患者さんには、もっと別の形で価値提供できるような提案をしてあげてください。

何も今ある自費メニューや機械などに拘る必要はないのです。大事なのは価値提供できるかどうか、なのですから。

 

極端な話ですが、その患者さん1人のためだけのオリジナルメニューを毎回作成して提供するわけにはいかないでしょう??

たった1人の患者さん(あるいは2~3人程度)が酸素カプセルを受けたいからと言って、酸素カプセルを導入しますか?間違いなくしないですよね?笑

であれば、もともと院に酸素カプセルなんかがあったとして、すでに2~3人程度の患者さんしか受けていない酸素カプセルは何故院から撤去しないのでしょう?

せっかく買ったから使わないともったいない、と考えているのかも知れませんが、その状況を維持するために今後使われ続けるリソースのほうがよっぽど勿体ないですよ!

それよりも、もっとあなたの院で売上を伸ばしているメインの部分があるはずです。

そういった部分の売上をもっと伸ばしていくことに全力を傾けたほうが、精神的にも楽ですし、実際そっちのほうがよっぽど売上も伸びていくんですよ^^

 

 

 

まとめ.わずかしか出ていないメニューは整理する

不思議なもので、自費の売上が低い院ほど、自費メニューの種類自体は多かったりします。笑

そういった沢山の自費メニューのそれぞれにリソースを割かれてしまい、結局根本的な売上増加に結び付いていないのですね。

ですので、まずは自身の院のメニューを一旦整理してみてください。

ほとんど受けていない・売れていないのに、ずっと残っている商品やサービスはありませんか?そして、売れていないからもっと出していくためにはどうしたらいいだろうか、、、と頭を悩ませていたりはしませんか?

その発想を持っていいのは、これからその商品を売上の柱にしていきたい場合だけです。

それ以外に今後伸ばす予定のないメニューは思い切って撤退させましょう!そして、残ったメインの商品の提供、サービスの向上に全力を傾けるのです!

普段からリソースを食われているという実感がない人はピンと来にくいかも知れませんが、これは想像以上に大事なことですので、ぜひ意識されてメニューの整理整頓を行ってみてくださいね^^

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに!

 

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)