治療院集客でもAISASの法則を意識する

  • LINEで送る

あなたはAISASの法則という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

消費者の購買行動プロセスの1つとして有名なフレームワークなので1度くらいは聞いたことがあるかもしれませんね^^

このAISASの法則という考え方を治療院経営にも組み込むことで、集客の流れをスムーズに行えるようになったり、既存のビジネスモデルの改善を行うことができます。

もし全然意識したことがない、っていう先生はぜひこの考えをあなたの治療院経営にも組み込んでみてくださいね!

治療院集客でもAISASの法則を意識する

ちなみに、AISASの法則とはネット時代の消費者行動プロセスの各ステップの英単語の頭文字を取った造語になります。それぞれの英単語は

  • Attention(注目・認知)
  • Interest(興味・関心)
  • Search(検索)
  • Action(行動)
  • Share(共有)

の5つの単語となります。

この流れは上から下に流れて終わり、というわけではなく「Share(共有)」から新たな「Attention(注目・認知)」「Search(検索)」へと派生し、多くの患者さんを呼び込む流れを作れたりすることもあるのです!

では、それぞれの要素がどういったものなのかを説明していきます。

 

Attention(注目・認知)

このプロセスはチラシや看板、のぼりやタペストリーなどでとにかくまずはあなたの治療院の存在を地域に住む人々に知ってもらうステップとなります。

いわゆる認知活動的な部分ですね。

例えば

  • 「最近腰が痛いなー」と思いながら車を運転していた人が、店の前を通った時に看板やのぼりを見て「あ、こんなところに治療院があったんだ?」と治療院の存在を知る
  • 出産して「骨盤矯正とかしておいたほうがいいのかなー?」と思っていた女性の家に、たまたまそのタイミングでチラシを入れていて「あ、こんな治療院あるんだ?」と知ってもらう

など、まずこの段階では、あなたの治療院の存在を認知してもらうことが重要なので、質よりも量を重視して、地域の患者さん(候補)にどれだけ認知してもらえるか??ということを念頭に施策を打っていく必要があります。

 

Interest(興味・関心)

このプロセスではあなたの院やサービスを認知した地域の人々に、より興味を持ってもらうためのステップです。

あなたの院やサービスが地域の(身体に不調を抱えている)人々のニーズに一致し「自分がまさに探していたものだ!」と感じてもらえれば、強い興味を惹き次のステップへと進んでもらうことができます。

このプロセスでは

  • チラシのキャッチフレーズ
  • HPのヘッドライン
  • PPC広告の広告文

など、最初に目に付く部分の役割と言えるでしょう!

このあたりはまさにコピーライティングの力量が試される部分になってきます。

 

Search(検索)

このプロセスではあなたの院やサービスに興味を持ってくれた方が、さらに情報を集め、来院するに値するかどうかを検討するステップとなります。

ここで大事になってくるのは、患者さんがより魅力を感じるような情報の数々となります。

例えば

  • 数多くの患者さんの喜びの声
  • テレビや新聞に取り上げられたメディア実績
  • 効果のありそうな施術内容
  • グーグルマップなどでの口コミ点数
  • エキテンやホットペッパーなどによる他院との比較

などなど。

いろんなサービスを利用して、地域の方はあなたの院(とその他の院のことも)を調べたうえで、来院するか検討します。

だからこそ、来院を決定してもらえるだけの十分な(患者さんが欲しがる)情報をしっかりとHPやチラシに用意しておきましょう!

 

Action(行動)

このプロセスでは、情報を得た結果あなたの院に価値があると感じた方が、実際に院への問い合わせや来院予約をするステップとなります。

ここまでの全部のステップをしっかりと行っても、このAction(行動)をしてもらえなければ意味がありません。

そういう意味ではここがもっとも重要なステップとも言えますね。だからこそ

  • 店舗への道案内はわかりやすいものを用意しておく
  • HP上の問い合わせや予約バナーはわかりやすくする
  • 予約に必要な情報を多くしすぎて途中で離脱されてしまわないよう気を付ける
  • 電話対応をしっかりと練習しておく

などなど、患者さんがスムーズに行動できるようにサポート周りもしっかりと整えておくことが大切となります!

集客ばかりに意識がいってしまって、気配りを怠ると、こういった部分で脱落してしまうこともあるので、最後まで気を抜かないように頑張りましょう!

 

Share(共有)

あなたの院に訪れた患者さんに最後に取ってもらいたいステップがShare(共有)となります。

あなたの院の施術内容や、サービス対応を知人に口頭で紹介したり、FacebookやInstagramなどのSNSサービスで発信してくれたり、エキテンやグーグルマイビジネスなどにレビューを書き込んでくれたりしてもらうことですね。

とはいえ、これを勝手に患者さんがやってもらうことを期待するのではなく、そういったことをしやすくなる仕組みを用意しておくことが重要になります。

あらかじて

  • 院内でエキテンやグーグルマイビジネスの口コミを書いてもらう流れを用意しておく
  • 紹介カードを用意する
  • HPに紹介用のタブを用意しておく(下記画像参考)

などなど。

こういった仕組みなんかをあらかじめ用意しておくからこそ、患者さんもその仕組みに乗ってあなたの院のShare(共有)を行ってくれるのです。

 

 

 

まとめ.AISASの法則で購買行動を活発化させる

これら5つのステップであるAISASの法則をしっかりと意識し、仕組みを用意することで、こちらから患者さんを追いかけなくても自然と新患さんが集まるようになってきます。

そこまでいかなくとも、こういった消費者行動プロセスを学ぶことは確実にあなたの治療院経営の「幅」を広げることに繋がりますので、ぜひ一度こういった手法を調べることをオススメします^^

現在は新型コロナの影響でなかなか集客が上手くいかない日が続いているかも知れません。

しかし、必ず新型コロナの影響が弱まり、人々が外へ出始める時期は来ます。

その時のためにしっかりと準備を行い、集客のクオリティを上げておけば、必ず新たに新患さんの獲得数は増えていくでしょう!

その時までに、大きな壁を乗り越えられるよう、ぜひ今回の法則をあなたの治療院集客に役立ててみてくださいね!

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)