整骨院で交通事故患者を見れるのはもう限界が近づいている

  • LINEで送る

あなたがもし整骨院の経営をしているのであれば、交通事故に遭われた患者さんが来院された時には少しうれしい気持ちになっているかも知れません。

特に保険診療の度合いが高い院であれば、事故患者さんの1回の施術料金というのは他の患者さんと比べてかなり高くなることもめずらしくないので、なおさら事故患者さんには来院してもらいたいことでしょう。

確かに整骨院で事故患者さんを見れることは権利ではあります。

ですが・・・いよいよそれも限界が近くなってきているかも知れませんよ?

整骨院で事故患者さんを見るのは限界に近付いている

これはあくまでも僕自身の考えですが、近い将来には事故患者さんを一定数抱えている整骨院の数は激減すると考えています。(1人か2人くらいのランニングならこれからも見れるとは思いますが。)

あなたも薄々「もう事故は厳しいよなー」と感じているのではないでしょうか?

でも、やっぱりうまみを感じるからついつい事故に頼ろうとしてしまう・・・

でもやっぱりもう事故に力を入れるのはやめた方がいいのだろうか・・・

と堂々巡りになってしまうのですね。汗

 

しかし、僕としてはそろそろ事故に頼るのは終わりにして、しっかりとメインの部分を強くしていくべきだと考えています。何故なら・・・

 

事故件数自体が年々減っているという事実

ニュースなんかを見ると、いつもひどい事故を取り上げていたりするため意識はしていないかも知れませんが、厳然たる事実として日本国内でおこる交通事故の件数自体が減ってきているのです。

直近の数字だけを並べると

  • 平成16年 952,709件(ここが平成移行でのピーク。昭和の頃はもっと多かった)
  • 平成25年 629,021件
  • 平成26年 573,842件
  • 平成27年 536,899件
  • 平成28年 499,201件
  • 平成29年 472,165件

と、こういった感じで推移しているのです。

どうですか?平成以降でのピークであった16年度をピークに、去年の段階で交通事故の発生件数自体が半分以下にまで減少しているのです。

 

 

何故ここまで急激に事故が減ったのか?

ここまで事故が急激に減った要因には、「法律の強化」と「技術の進歩」が大きく貢献しているのです。

例えば「法律の強化」でいくと、「飲酒運転の厳罰化」が施行されたのは平静14年と平成19年になります。

以前は飲酒運転自体にそこまで重たい罰則がかけられてはいませんでした。(今では5年以下の懲役か100万以下の罰金ですからね。時代が違いますよ。)

それが平成14年と平成19年の厳罰化を経て、現在のような「飲酒運転とかほんとありえんだろ!」みたいな風潮を作ることに成功してきているのですね!

 

またこの頃から自動車自体の安全性にも注目が高まり、平成15年度以降から自動ブレーキシステムの開発が本格的に活発化していたみたいですね。(調べて初めて知りました。もっと最近の技術だったと思ってましたね。笑)

実際ここ数年は自動ブレーキ搭載の車がどんどん販売され始めているのは、コマーシャルをご覧になっていればご存じだと思います。

今はまだ新車での販売ですから、全世帯に自動ブレーキが搭載された車が行きわたっているとはいいづらいですが、、、あと4~5年も経てば現在新車で販売されている自動ブレーキ搭載車が中古車として市場に出回るようになってくるでしょうし、その頃からさらに普及率が高まり、事故件数もさらに減ってくるでしょうね!

 

こういった法律強化と技術革新を背景に、事故件数を減らすことに実際大きく成功しているのです^^

 

 

整形や病院、損保が整骨院をオススメしてくれない

さらに言えば、最近では整形や損保会社さんも事故に遭った患者さんが整骨院に通うことに良い顔をしてくれなくなってきていますね。汗

実際「整骨院に行くならウチはもう見ない」という整形の先生も少なくないようです。(自分が現場に出ている時にもそういう患者さんがいましたが、僕のクライアントさんもそういう風に整形で言われた患者さんがいると聞いて、全国的にもそうなってるんだなと思いましたね。笑)

さらに、せっかく整骨院に来てくれたとしても損保会社が以前みたいに3部位を許可してくれなかったり、通院期間をかなり短めに渋られたりと、こういった部分でも事故患者さんを見ていた環境が以前と大きく変わってしまっているのです。

 

 

まとめ.いつまで交通事故に頼る?

今回お伝えしたように、事実として交通事故の発生件数はどんどん減少しているのです。(おそらくあなたの印象以上に減っていたのでは?)

そしてこの傾向は、さらなら技術革新に支えられこれからも続くと考えていいでしょう。

もしかしたらあと5年後にはピーク時の3分の1程度かあるいはもっと事故件数も減っているかも知れませんね。

そして事故患者さんが減れば減るほど、整形も整骨院に流れる事故患者さんを減らそうとするでしょうから、ここでも整骨院への事故患者さんの流入が厳しくなるでしょう。

もちろん損保会社としても今後も整骨院に対する事故患者さんの取り扱いをどんどん締め付けてくると考えられます。

こうなってくると、いよいよ「事故の患者さんより自費の患者さんをしっかり見たほうが良くないか?」という風に思っても仕方ありませんよね。汗

今はまだギリギリ事故患者さんに対する施策に力を入れるのもアリかも知れません。

が、数年後にはそれすらも費用対が合わない時代がやってくるかも知れません。

本当に時代が変わってしまうまで今のまま続けていくのか、、、

それとも、そうなる前に事前に手を打って交通事故に頼らなくても問題ない経営体質を作り上げておくのか?

ぜひ、今のうちにしっかりと考えられてみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)