1人治療院が目指すべき月の総カルテ枚数

  • LINEで送る

あなたの院では毎月何枚の総カルテ枚数を維持できているでしょうか?

月の合計の施術回数ではありませんよ?笑

いろんな1人治療院を見てきましたが、ある程度安定して月商200万~300万くらいを作れる1人治療院さんの総カルテ枚数って似通ってくるんですよね。

だからこそ僕自身コンサルに入る時には、そのカルテ枚数に届いていない院に対してはまずはしっかりと目安となるカルテ枚数に手が届くよう改善の提案を行っていきます。

院によって単価が違うので、あくまでも目安でしかありませんが・・・

もし、目指すべきカルテ枚数が不明確で定まっていないのであれば、ぜひ今回の数字を一つの参考にしてみてください^^

1人治療院が目指すべき月の総カルテ枚数

まず結論から言ってしまうと、(9割方自費移行が完了している)1人治療院で安定して200万~300万くらいの月商を上げられる院のカルテ枚数は、だいたい月120枚~150枚で安定しています。

これくらいのカルテ枚数だと、1回の施術単価もおおよそ5000円前後ってところの院が多いですね。

 

もっと単価の高い院になると、月のカルテ枚数は80枚~100枚くらいでも月商200万~300万には届く院もありますし、逆にもっと単価が低い院になると、月のカルテ枚数が170枚~190枚くらいないと月商200万~300万を維持しづらい院もあったりはします。

ですが、前者の院は売上に対する1人あたりの比重が高いので、うっかり来院頻度が下がったり、新患さんのリピートでスランプに陥ってしまうとガタっと売上が下がったりすることもありますし・・・逆に後者は売上に対する1人あたりの比重は低いので売上自体はブレにくいのですが、1人の施術回数がけっこうな(というかかなり?汗)数になってしまうので、先生の疲労感とか体調が気になったりしますね。汗

実際、1人治療院だとどうしても施術時間の被りなんかが起こったりして、入れたい時間に入れたいように予約が取れるわけではありませんので、カルテ枚数180枚前後をずっと維持し続けるのは予約枠数的にもかなり厳しかったりします。

そういった意味で、安定感があるのは施術単価5000円くらいで、カルテ枚数が120枚~150枚くらいのところで推移している院かな、という感じです^^(まぁ、これはあくまでも僕のクライアントさんの数字見てるとって話ですが。汗。単価1万越えてても、カルテ枚数200枚とかあれば安定するでしょうし、世の中にはそんな院もあるでしょうからね。)

 

 

あなたの院の月の総カルテ枚数は何枚?

上記でも述べたように単価の問題もあるので一概にいうことはできませんが、あなたが1人で治療院をやっていて、そのうえで月の総カルテ枚数が120枚を超えていないのであれば、まずは徹底してその部分を届かせることをオススメします。

カルテ枚数120枚っていうと、仮に平均の来院頻度が月4回くらいだったとすれば、

 

120枚 × 4回 = 480回

 

で、月の施術回数は480回となるので、仮に月の稼働日数が24日くらいだとすると、だいたい1日あたりの来院数は20人ちょっとってところになりますかね。

平均の来院頻度がもう少し低い院であれば、日の来院数は少し減りますが、そういった院でもカルテ枚数がもう少し(130枚とか140枚とか)あれば、やっぱり日の来院数は20人ちょっとって所になるでしょう。

平均施術単価5000円で、月に480回施術すれば

 

5000円 × 480回 = 240万

 

くらいの売上になりますしね。

僕のクライアントさんの中でも、売上構成は全て施術のみって先生は月に500回くらいの施術を行っています。

あるいは、美容などのバックエンドメニューを導入しているクライアントさんの場合では、そっちの売上もあるので、実際の施術回数はもっと少ないことのほうが多いですね^^(施術回数自体は月に400回くらいです。これくらいの数なら、1人の来院数は16人~17人ってところですから、ずいぶん時間に余裕も生まれますね。)

 

今回の本題とは違う話にはなりますが、最近では新型コロナなどの影響によって施術回数を確保するのが難しくなったりするケースもあったりしますので、こういった別の売上の柱を用意して売上を補填するという考え方も、今後より重要になってくることでしょう。

 

 

 

まとめ.単価よりはカルテ枚数で売上をコントロールしたい

1人治療院だと、カルテ枚数を増やしすぎるのも(施術時間的な意味で)大変ですが・・・

それでも基本は治療院経営の安定化のためには単価よりもカルテ枚数をコントロールすることで売上を調整するほうが良いと考えています。(だからといって施術単価低くして、カルテ枚数をたくさん抱える保険体制を1人治療院でやれって言うわけじゃないですからね!?笑)

増やしすぎて休めずに体調を壊すのは論外ですが、ある程度のカルテ枚数を抱えることで、1人の高単価の患者さんに頼りすぎない経営状態を作るほうが安定感は得られるでしょう。

増やしすぎる、減らしすぎず、ある程度の目安を持って自分でコントロールする。

その感覚が経営に安定感をもたらすのです!

実際、カルテ枚数を自分のマーケティング能力である程度コントロールできるようになった時の精神的な安心感は素晴らしいものですよ^^

そのための目安(の一つ)として、今回は月商200万~300万規模の院が目指してもらいたいカルテ枚数をお伝えさせてもらいました。

単価とのバランスを考えながら、ぜひカルテ枚数120枚~150枚くらいを目指して治療院経営を安定させてみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。