治療院の現場でリピート率を上げていくために必要なトーク

  • LINEで送る

治療院経営において集客と同じくらい大きな悩みになりやすい「リピート率」。

正直に言えばこのリピート率を他のどの院よりも高くすることができるだけで、間違いなく治療院経営がうまくいくと断言できますが・・・

分かっていても難しいのがリピート率を伸ばしていくことですよね。汗

多くの先生が常に現状に満足せず、常に意識続けている永遠の課題とも言えるでしょう。

そういった意味でこのブログでも何度も取り上げてきている題目ではありますが、今回は特に初回から3回目とか4回目くらいで患者さんの痛みが徐々に取れ始めてきた頃に通院が途切れてしまう先生がやってしまいがちな失敗と、そうならいために必要な考え方をお伝えします。

治療院の現場でリピート率を伸ばすために必要なトーク

最初に断っておきますが、今回のこと「だけ」がリピート率を伸ばすために必要なことではありません。

極端な例をあげれば「内装の綺麗さ」や「先生の清潔感」、「回数券やプリカの導入」なんかだってリピート率にかかわってくるため、すべてをあげることは今回の記事ではしません。

あくまでも今回話ことはリピート率を伸ばしていくために必要なことの中で、現場で意識してできることの中でも重要度の高い「一つ」だと捉えてください。

それは何かというと・・・

 

患者さんの視野を「今」でなく「最終地点」に向けさせる

患者さんの思考を「今ある痛みを治す」ことから「最終的にどんな状態になっていたいか」にシフトチェンジさせていくということが大事なんですね!

どういうことかというと・・・

基本的に患者さんは新患さんとして来院された段階では「今どこどこが痛くて困ってる、、、とりあえずこの痛みだけでもどうにかしてよ・・・」といったような「感情」の状態で来院されるわけです。

「痛い、どうにかしたい」という感情に支配されてしまったからこそ、治療院に行くという行動を取ったわけですね。

 

このときに治療院の先生は大きくわけて2つのパターン

  • 1つ目は困っている患者さんの痛みをとにかくにでも早く取ってあげようと、それこそが自分使命で、患者さんが最も喜ぶことだと信じて、自分の持てる技術を駆使して、初回とか2回目くらいで痛みを取ってしまってあげる先生のパターン
  • もう1つは早い段階で痛み「だけ」を取ってあげることよりも、ある程度の期間を設けて(仮に最初のうちは痛みが取れなかったとしても)最終的には痛みがぶり返さないような根本改善を行い、患者さんのクオリティオブライフの向上に目を向けて患者さんを導いてあげる先生のパターン

で対応をしようとします。

そしてリピート率が伸びない先生というのは前者のパターンで患者さんに対応していることがほとんどなのですね。

現場で患者さんにかけている言葉も「今日でしっかり痛みを取っていきますね」とか「ちゃんとすぐに良くなりますよ」とか痛みを取ることに着目した会話や、短い期間で治してあげるといったような発言を自らしてしまっている場合がほとんどです

こういった先生の多くは「痛みを取ってあげなければ患者さんはリピートしてくれないんじゃないか?」という恐怖心があるようです。

痛み「だけ」を早く取ってしまうことが悪いことだとは僕も思っていませんが、そのスタイルでやっていくうちはリピート率はなかなか高くならないと思ったほうがよいです。

 

それに対して「今ある痛みを取り除く」ことよりも「最終的な良い状態を患者さんに提供する」ことを心がけている先生は、現場でのトークも「痛みは原因が形として現れてるだけ。大事なのは原因をしっかり取り除くこと」とか「○○さんは痛みが取れれば満足ですか?それとも痛みが今後起きない身体になることが大事ですか?」なんていう風に、「痛みを取る」よりも大事なことがあることを患者さんに気づかせようとする(ある意味では導いてあげる)トークを多くしているんですね。

こういった先生はリピートに大事なのは今ある痛みを取ることではなく、患者さん自身に心から「痛みだけじゃなく、自分の身体そのものを良い状態にしていきたい」と思ってもらうことが重要だと考えているのです。

痛みの「ある・なし」がリピートの基準ではなく、あくまでも患者さん自身の意志がリピートの決め手だと分かってるのですね。

 

もちろん、初回の治療で「変化を出し、その変化を患者さんにもちゃんとわかってもらう」ことはリピートをしてもらうために大事なパフォーマンスの一環ですが、その変化とは必ずしも「痛みが取れること」でなくても構わないのです。

「痛み」だけにフォーカスしている先生は「そんなわけない!痛みが取れてないのに患者さんがまた来てくれるわけないだろう!」と思われるかも知れませんが、動きでも可動域でも、患者さんはちゃんと治療が自分の身体にポジティブな変化を及ぼしてる、と感じてくれればリピートしてくれるキッカケになるんですよ^^

 

 

まとめ.痛みではなく未来にフォーカスを向ける

患者さんの意識の中で「痛みがあることがリピートの条件」のままなら、そりゃ痛みが取れれば通院をやめちゃいます。

だとすれば、腕の良い先生ほどリピート率が悪くなってしまいかねないんですね。汗(その証拠に、腕に自信のある先生でリピート率の悪い先生は口をそろえて「痛みはすぐ取れるんですよ!だから患者さんがすぐに通院しなくなっちゃうんです」と言います。)

もちろん、新規を毎月死ぬほど集めてこのスタイルでやっていくと決めてやっているなら、それはそれで意味のあるやり方だと思います。

しかし、そういうつもりでなく患者さんにちゃんとリピートしてもらって、できれば根本改善まで持って行きたいと思っているのであれば・・・

まずは「痛みだけ」にフォーカスすることを手放してください。

そうすれば現場でのトークも自然と「すぐに治す」とか「痛みを取る」と言ったトークから、「原因は治りつつあるから、痛みもあとから消えてくるよ」とか「痛みが取れた後が大事、そこを頑張れる○○さんは素敵ですよ」と言った風に、未来志向のトークに必ず変わっていきます。

そうすれば患者さんも早い段階で「痛みが取れたから」といった理由で離脱することなく、継続してゴール地点を目指し、自然とリピート率も伸びてくるようになりますよ^^

これはお金を一切かけずに、現場のトークを変えていく(というか先生自身の視野を変える)だけでできることなので、ぜひ試してみてくださいね^^

 

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)