治療院HPの写真はプロに撮影してもらったほうが良いのか?

  • LINEで送る

あなたは自分の治療院のホームページ用写真をどのように準備しているでしょうか?

近頃ではiphoneのようなスマホも性能がかなり上がってきて、綺麗な写真が取れるようになってきているので、サクッとスマホで撮影してホームページ写真として利用している先生も多いのではないかと思います。

確かに、ブログの更新や定期的に更新する患者さんの喜びの声の写真くらいならそれでも良いのですが・・・

しかし、安く済ませようと思って全部が全部スマホで撮影した写真を使ってもよいかというと・・・

確実にHP集客に対してネガティブな影響を与えてしまうので気をつけてくださいね!

ホームページは最初の接触点

治療院を探している患者さんからすれば、あなたの治療院のホームページを見た瞬間というのは、まさにあなたの院との「ファーストコンタクト」になるわけです。

人間同士のファーストコンタクトといえば、重視されるのはいったいどこでしょうか?性格?裕福さ?

いえいえ。ファーストコンタクトでわかるのは(時間にもよりますが)せいぜいパッと見の印象とか、見た目くらいのものですよね。笑

いわゆる第一印象ってやつです。

 

ホームページを見た患者さんもそうです。

中身も大事ですが、とはいえまず第一に重要になってくるのはパッと見の第一印象だったりするわけです。

特に女性患者さんは、よりその傾向が大きいですが、ライティングスキルを使って、たくさん書かれた文章よりも、全体のイメージだったり、写真から伝わってくる雰囲気のほうをよっぽど重視したりします

つまり、どれだけ良いことを書かれていても、パッと見の写真やデザインのイメージが良くなければ、テキストまで読んでもらえない可能性が高いってことなんですね。

逆に写真やデザインから伝わってくる雰囲気が良ければ、その先にテキストを読み込んでもらえる可能性はぐっと高まります。

だからこそ、本来ホームページで使う写真というのはテキスト以上に大事にしなければならないポイントなのです。

 

集客力のあるホームページと集客力のないホームページの違いは・・・

正直なところ、集客力のあるホームページとないホームページの大きな違いは使っている写真にあると言っても過言ではありません。

ぶっちゃけ集客力のないホームページは全体的に写真そのものが、そもそも少ない傾向にありますね。

トップページに使われている写真も、スタッフがまったく写ってなかったり、喜びの声の写真が一切なかったりしますが・・・これではやはり集客力の低下は否めません。

誤解を恐れずに言えば、ホームページ作成はまず良い写真をしっかりと用意して配置することなのです。(アイキャッチが第一)

そこにさらに魅力的で説得力のある文章が続くからこそ、患者さんはあなたの院が気になり、予約を入れてくれるのです。

ライティングスキルを軽視するわけでは決してありませんが、同様に写真の力を侮ってはいけないのです。

 

全部の写真をプロに撮影してもらうのは大変

とはいえ、ホームページ上の写真を修正したり追加するたびにプロを呼んで撮影するのも大変ですね。

理想を言ってしまえば当然すべての写真をプロに撮ってもらうのが理想ですが、現実的にそれは厳しいですし、実際そこまでする必要もありません。

例えばブログの更新レベルの写真をいちいちプロに撮影してもらう必要も一切ありませんね。

適宜追加していく喜びの声の写真なんかも、さすがに毎回プロにお願いする必要もないでしょう。

 

言ってしまえば、特に第一印象を左右しやすいところに配置されている写真だけでもプロにちゃんと撮ってもらっておいたほうが良いのです!

では、どういった部分の写真をプロに撮影してもらえばよいかというと・・・

「トップページの写真」や「押していきたいメイン商品」のページ写真くらいは、一通りプロにお願いして撮影してもらいたいところですね!

この2点は性質上、特にファーストコンタクトで患者さんに見られやすい部分ですので、印象をできる限りよくしたいのです。笑

もしあなたが自身のホームページを自分で撮影しているのであれば、せめてこの2点に使われている写真だけでもプロに撮影してもらった写真を使えるようにしましょう。

 

自分でホームページを作成している先生は

このブログを読んでくれている先生の中には、そもそもホームページを自作している先生もいらっしゃると思います。

そうなれば当然写真も全部自分での撮影になりますよね?

そういった場合でもプロに数枚の写真だけ撮影してもらうように外注することはできますが、、、

それが厳しいというのであれば、ぜひ写真の加工スキルを高めてみてください!

有名なところでいえばphotoshopなどのソフトですね。

正直な話、素人が撮影した写真だとしても、写真の加工技術レベルが高ければ、かなり見栄えする写真になります。

某業界では、フォトショ詐欺といわれるくらい、加工された写真と実物に差があるのは、もはや常識ですよね?笑

それくらい自分で撮影した写真でもクオリティの高いものが出来上がるので、ホームページを自作できるレベルまで勉強したあなたでしたら、ぜひ写真加工の技術まで習得することをお勧めします。(とはいえ、やはりその習得にも時間がかかりますし、その部分だけは外注でプロに任せても良いかな、とは思いますけどね。汗)

 

 

まとめ.治療院HPの写真は絶対におろそかにしてはいけない

ライティングスキルなんかを勉強すると、ついつい軽視しがちになる写真ですが。。。

あくまでも最初に好印象を相手に与えられるかどうかは写真の出来栄えが大きな影響を与えます。

長すぎるテキストだけのHPよりも、最近では要点だけはしっかりテキスト化して、あとは写真を上手に使って作成したHPのほうが反応が高いこともザラですからね。

ぶっちゃけそういったページのほうがサラッと読みやすく、印象が良いことも多いです。

パッと見のあなたのホームページの印象は自信を持って良いといえるでしょうか?

その後に集客に与える影響を考えれば、撮影にかかる手間や費用なんて安いものです。

集客力のあるホームページを作りたいのであれば、ぜひそこは惜しまずに労力をかけてみてくださいね^^

 

 

この記事を通して、できる限りたくさんの整骨院業界に関わる人に、整骨院の経営のノウハウを届けていきたいと思っています。もし、記事が面白いと思ったのであれば、

  • 「いいね」ボタンを押す

ことをしてもらえると、とても嬉しいです。今後もガンガン情報を公開していくのでお楽しみに

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)