患者さん視点で院のレベルを決める重要なポイント

  • LINEで送る

整骨院経営において、整骨院は常に患者さんから厳しい目でチェックされています。

それは治療技術のこともあるでしょうし、先生の人柄かもしれませんし、トイレの清掃具合であるかも知れません。

ただ、一つ知っておいて欲しいのは患者さんが見ているのはその院の「エース」ではないということです。

整骨院のレベルを決める1番レベルの低いスタッフ

整骨院も提供するものが医療というだけで、大きな括りで言うとサービス業に他なりません。

そして、サービス業とは顧客とスタッフの触れ合いがメインになる以上、レベルの高いスタッフから新人までいろんなレベルのスタッフが顧客と触れ合うことになります。

そして、サービス業では常に1番レベルの低いスタッフのレベルが、その会社の基準となることを覚えておいてください。

 

残念な飲食店

例えばすごく美味しい飲食店に行ったとしましょう。

料理は文句なしに美味しい、テーブルから見える厨房では腕の良さそうなシェフさんが真剣に料理を作っている姿を見ることができます。

そんな中、どうしても気になるところがあるのです。

ホールで料理を運ぶスタッフが思いっきり聞こえる声で私語をしている。。。

これってどうでしょうか?

どんなに技術があって、料理は美味しくても、テーブルの目の前でそんなことをされたらちょっと気持ちも冷めてしまいますよね。

しかも出来上がった料理をそのホールスタッフが運んできたと思ったら、さっと戻りまたスタッフ同士で話始める・・・

 

もちろんトップはきっと厨房にいるシェフさんのうちのどなたかでしょう。

しかし、帰ったあとに評価として残るのはずっと私語をしていたホールスタッフなのです。

 

患者さんは常に見ている

整骨院でも同じです。

院長が高い技術を持って、常に真剣に患者さんと向き合っていたとしましょう。

ただしそれだけでは足りません。

1人でやっているならいいですが、スタッフさんを抱えているのであれば患者さんは常にスタッフさんの態度、レベルも見ているのです。

院長が治療をしている時に受付スタッフと私語をしていないか?

院長が治療をしている時にただボーッと突っ立っていないか?

患者さんから見た時に本当にレベルの高い院を目指すのであれば、何でもできる1人のエースに頼りきるのはやめましょう

それよりも、一定水準以上のことを全員が徹底できるチームを育てること、それが患者さんから見た時に本当にレベルの高い院だと思われる1番の近道です。

 

 

まとめ.整骨院内のスタッフのレベルの差を無くす

一番危険なのは1番できるスタッフと、1番できないスタッフとの差が開きすぎることです。

その差が開けば開きすぎるほど、できないスタッフというのは目立ってしまいます。

そうすると、どれだけ出来るスタッフが頑張ってもダメなのです。

余計できないスタッフを際立たせてしまう悪循環にすらなりかねません。

 

外部から見た時に、会社の基準はその場で1番レベルの低いスタッフが基準になります。

院そのもののレベルを上げていきたいのであれば、上を伸ばすのではなく下を引っ張り上げましょう。

そして、院にいるスタッフ全員が一定以上のレベルで近づいたときに初めて、患者さんからあなたの院はとても質の高い院だと思われるようになるでしょう!

 

 

それでは!

なぜ、ほとんどすべての整骨院経営者が、集客や経営、売上をあげるための方法を間違えてしまうのか?

今後、整骨院業界はますます厳しくなっていく・・・・・・というのは何となく分かっているのに、具体的にどうしたらいいのか良く分からないと悩んでいたりしませんか?


多くの整骨院経営者は悩み続けた挙句、情報が足りないばかりに、整骨院経営においていくつかの大きな失敗をしてしまう方が多いようです。もしあなたが、この『院長の通信講座』に登録すれば、



  • 新患さんが毎月どんどん集まる広告チラシ戦術

  • 保険依存から脱却して、高単価を可能にする自費移行法

  • 右肩上がりの売上を達成するための整骨院経営戦略

  • これからの時代で勝ち残るための最新ネット集客法

  • 予約がガンガン入る魅力的なホームページ作成術


など、経営者として失敗しないために必要な、整骨院の売上を爆発的にあげるための情報を惜しみなく配信させて頂きます。それも全て『無料』で。


リスクはありません。私の秘密の告白を、あなた自身の目でお確かめください。


『院長の通信講座』を無料購読する

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)